「電撃文庫」カテゴリーアーカイブ

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない(青春ブタ野郎シリーズ1)

『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』(鴨志田一著/電撃文庫)★★★★☆

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない (電撃文庫)
青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない (電撃文庫)

面白かった!
最初はタイトル避けし、評判が良いと分かって買ってみたものの積みっぱなしだったのですが・・・・・・もっと早く読めば良かった!
思春期症候群という謎の現象をめぐる、SF(すこし不思議)青春小説です。青春ブタ野郎とバニーガール先輩の爽やかな(?)恋愛小説ともいえるかも。
主人公はかなりイイ性格していてユニークだし、先輩はめちゃくちゃ可愛かったです(o´罒`o)ニヒヒ♡

☆あらすじ☆
図書館にバニーガールは棲息していない。その常識を覆し、梓川咲太は野生のバニーガールに出会った。しかも彼女はただのバニーではない。咲太の高校の上級生にして、活動休止中の人気タレント桜島麻衣先輩だ。数日前から彼女の姿が周囲の人間に見えないという事象が起こり、図書館でその検証をしていたらしい。これはネットで噂の不思議現象“思春期症候群”と関係があるのか。原因を探る名目で麻衣とお近づきになった咲太は、謎の解決に乗り出す。しかし事態は思わぬ方向に進み―?空と海に囲まれた町で、僕と彼女の恋にまつわる物語が始まる。『さくら荘』コンビが贈る、新たな青春ストーリー。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない(青春ブタ野郎シリーズ1)

ザ・ブレイカー1 黒き天才、その名は

『ザ・ブレイカー 黒き天才、その名は』(兎月山羊著/電撃文庫)★★★☆☆

ザ・ブレイカー 黒き天才、その名は (電撃文庫)
ザ・ブレイカー 黒き天才、その名は (電撃文庫)

ダークヒーローがかっこいいサイコなクライムサスペンス。
謎の覆面男が有力者の子女が集う学園を占拠し、交渉役として稀代の殺人鬼を指名する、という物語ですが、主人公はこの殺人鬼。
設定もキャラもとても好みな作品でした。欲を言えばもっとスリルある駆け引きが見たかったかも。
あと、サスペンス作品ですが近未来SF色が強いです。推理小説ではないです(推理はしていくけど、あのオチを導くのは無理があると思う・・・)。

☆あらすじ☆
醜い人面皮をかぶり「恐怖の顔」と名乗る謎の男が、200人以上の学生を人質に高校を占拠する。交渉人として呼ばれたのは、重犯罪特殊刑務所に収監中の、ある少年だった―。少年の名はカナタ。彼は、100万人もの命を奪った毒ガステロに荷担したうえに、64人の刑事を殺害した罪で死刑判決を受けている「悪魔」だった。人質を殺しながら不自然な要求を突きつけてくる凶悪な篭城犯と、他人の命に価値を見出さない冷酷な悪魔が、手に汗握る知能戦を繰り広げる…!緊張感溢れるクライム・サスペンス!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ザ・ブレイカー1 黒き天才、その名は

十三矛盾の魔技使い1

『十三矛盾の魔技使い(ソルヴァナイト)』(十階堂一系著/電撃文庫)★★★★☆

十三矛盾の魔技使い (電撃文庫)
十三矛盾の魔技使い (電撃文庫)

魔技という超能力と魔法を足して2で割ったような異能を扱う少年少女が集う学園。
そこでは、各学年各学期の成績1位に「ソルヴァナイト」という称号が与えられる。しかし、1年生の1学期のテスト結果で13人が同率1位となってしまい、真の「ソルヴァナイト」を選出するために、13人はサバイバルゲームで勝者を決めることになる、という話でした。
仁義なきサバゲー、ということでハラハラしながら読んだのですが熱き青春のスポーツもの的な側面もあり、相手の策を読み、裏をかき、友情あり、涙あり、百合あり、ホモありのなんだかお祭り騒ぎのような1冊でした。超面白かったです!!
13人の少年少女の視点を交錯させつつ物語が進むため、最初は名前とキャラクターを覚えきれずに混乱しましたが、中盤過ぎたあたりからページをめくる手が止まらないほど物語に没頭してしまいました。
一応読み切り的な終わり方はしていますが、世界観や設定的にシリーズ化もできそうです。ぜひ続編を!

☆あらすじ☆
「魔技」―それは世界を変える技術。その最先端を走る学園の首席称号「ソルヴァナイト」こそは、魔技の世界のトップ層であることを、最上の魔技使いであることを、何より雄弁に証明する。しかし、本年の学年最優秀生徒たる順位を得た生徒は―十三人もいた!?さあ、たった一人だけが勝ちぬけられる泥試合が始まる。十三の矛盾が激突する、生き残り競争が始まる。才能が集う驚異の世代「上澄みの集中」。その真のトップを巡って、天才たちの天災的な大乱戦が、今始まる―!魔技と魔技が激突するバトルロイヤル・マギ・アクション登場!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 十三矛盾の魔技使い1

明日、ボクは死ぬ。キミは生き返る。~Sunrise & Sunset Story~

『明日、ボクは死ぬ。キミは生き返る。~Sunrise & Sunset Story~』(藤まる著/電撃文庫)★★★★☆

明日、ボクは死ぬ。キミは生き返る。 ~Sunrise & Sunset Story~ (電撃文庫)
明日、ボクは死ぬ。キミは生き返る。 ~Sunrise & Sunset Story~ (電撃文庫)

前巻の感想はこちらから
明日、ボクは死ぬ。キミは生き返る。3 | 晴れたら読書を

良いエピローグでした。
後日談を含めた5本の短編集。本編よりも笑ったかもしれません。面白かった!そして最後はやっぱりしんみり。

☆あらすじ☆
あの感動から、およそ1年―。史上最強の残念ヒロインが帰ってきた!!死んでしまったはずの美少女・夢前光の人格が、なぜか1日おきにコワモテ男子・坂本秋月を乗っ取るという奇妙な二心同体生活。ハリケーン級の事件を巻き起こす光に振り回されつつも、徐々に惹かれていった秋月。だが出会いから1年後、彼女はこの言葉を残して、世界から永遠にいなくなってしまった…。「笑って。泣かないで、坂本くん。それが、わたしの最後の願いだから」しかし!ただでは死なないハチャメチャ少女の光は、あたたかくも切ないサプライズをみんなに用意していて―。ほんの少し綴られるロスタイムの物語。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 明日、ボクは死ぬ。キミは生き返る。~Sunrise & Sunset Story~

エスケヱプ・スピヰド 七

『エスケヱプ・スピヰド 七』(九岡望著/電撃文庫)★★★★★

エスケヱプ・スピヰド 七 (電撃文庫)
エスケヱプ・スピヰド 七 (電撃文庫)

前巻までの感想はこちらから。
エスケヱプ・スピヰド シリーズ感想一覧: みかこの読書日記

最終巻です。ついに終わってしまいました。
どこまでも熱い鬼虫たちの最後の戦いを、ぽろぽろ泣きながら見届けさせてもらいました。
激戦の果てに迎えたラスト。
これ以上ない、文句のつけようのない、本当に本当に素晴らしい物語の終わりだったと思います。
最高のシリーズに出会えたことに感謝。

☆あらすじ☆
雪解けの始まった落地では、鬼虫と甲虫の最後の戦いが始まった。剣菱の前に立ちふさがるのは、戦闘狂の烏帽子。上空では、竜胆が虎杖と兄弟の因縁の戦いを繰り広げていた。叶葉たちも、神鯨の乗組員の説得に当たろうと艦橋へと赴く。そして、九曜と朧の戦いもまた―。譲れない信念を掲げた鬼虫と甲虫、果たして生き残るのはどちらか。人間から、兵器となった“鬼虫”シリーズたちの、戦中から続く長い戦いがついに終わりを告げる。兵器の少年・九曜と人間の少女・叶葉の向かう未来とは―?最強の兵器たちの神速アクション、本編感動の完結!

以下、ネタバレありの感想です。長いかも。

続きを読む エスケヱプ・スピヰド 七

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン6

『ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンⅥ』(宇野朴人著/電撃文庫)★★★★★

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (6) (電撃文庫)
ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (6) (電撃文庫)

イラストレーター交代の第6巻。
前任者のキャラデザを踏襲しているのでそこまで激しく何かが変わったということはないものの(ジャンはあれ?と思いましたけど)、女性キャラの見た目年齢が少し下がったように感じました(シャミーユ殿下が幼女化。というか元から幼女だったっけ?)。
肝心の本編は軍事クーデター勃発による三つ巴の抗争劇。その中で、ついに彼が目覚める話でした。

☆あらすじ☆
軍事クーデターが起こり、カトヴァーナ帝国内でイグセム派とレミオン派が激突する。それはイクタたちにも影響を及ぼし、イグセム家のヤトリは父のもとに戻るべく、騎士団を離脱。またレミオン家のトルウェイは、父と対峙することを決意。そしてイクタは、父バダ・サンクレイの残した独立部隊「旭日連隊」を率いて、内戦を収めようと立ち上がる。激しく揺れる帝国で、それぞれの想いを胸に戦場を走る少年少女たち。彼らの未来に希望はあるのか…?話題沸騰の本格派ファンタジー戦記、待望の6巻が登場!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン6

放課後のフェアリーテイル ぼくと自転車の魔法使い

『放課後のフェアリーテイル ぼくと自転車の魔法使い』(杉原智則著/電撃文庫)★★★★☆

放課後のフェアリーテイル ぼくと自転車の魔法使い (電撃文庫)
放課後のフェアリーテイル ぼくと自転車の魔法使い (電撃文庫)

現実と幻想が入り乱れる世界観で、児童文学風の作品でした。とても私好み。
主人公「ぼく」はある夢を見たときから、妖精たちが飛び回る不思議な世界「マ・ウアー=コギト」に迷い込むようになってしまいます。
普段過ごしている何気ない場所からふとした瞬間に「扉」をくぐり、そこで出会った懐かしいお姉さんと一緒にマ・ウアーで大冒険を繰り広げる「ぼく」。
「ぼく」はどうしてマ・ウアーに迷い込んでしまったのか?夢なのか幻なのか、それとも・・・・・・?
全ての真相を知ると切なさにたまらない気持ちになる、そんな作品です。

☆あらすじ☆
魔法の国マ・ウアー=コギト。ある日突然にぼくはその国へ迷い込んだ。そこはかつて、クラスメイトの神永くんが語って聞かせてくれた世界そのものだった。悪戯な妖精、巨人な人喰い蜘蛛、ネズミのようなニゼム族、それら全てをつくった、魔法をあやつる女王―。しかし、世界は危機に瀕していた。魔女が黒い炎で世界を消去しているのだ。立ち向かうのは、憧れていた神永くんの姉にそっくりなコノハさん。彼女とともに、ぼくは幾多の冒険を繰り広げる。神永くんの語りと不思議な一致を見せるマ・ウアーの秘密とは?コノハさんの正体とは?いくつもの謎と冒険が織りなす放課後ファンタジー・ストーリー。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 放課後のフェアリーテイル ぼくと自転車の魔法使い

明日、ボクは死ぬ。キミは生き返る。3

『明日、ボクは死ぬ。キミは生き返る。3』(藤まる著/電撃文庫)★★★★☆

明日、ボクは死ぬ。キミは生き返る。3 【電子特別版】 (電撃文庫)
明日、ボクは死ぬ。キミは生き返る。3 【電子特別版】 (電撃文庫)

「明日、ボクは死ぬ。キミは生き返る。」前巻までの感想(みかこの読書日記)

「終わりよければ全てよし」と言いますが、このシリーズはこのラストを見るためだけに読むべきと言っても過言でないほど終わり方が素晴らしかったです。
1巻のあまりのくだらなさに絶対このシリーズで泣くわけないとか思ってたのになぁ。まさか全部読み終わってこんな爽やかな気持ちになるとは思いませんでした。

☆あらすじ☆
『おまえの寿命の残り全てで彼女を生き返らせてやろうか?』
雰囲気ヤンキー・秋月の体を1日おきに乗っ取る美少女・光。彼女とのハチャメチャ二心同体生活に最大の危機が!交換日記以外では会話すらできない光に恋した秋月が迫られる究極の選択―。徐々に寿命が減りつつある光を救うべく、秋月は立ち上がるのだが…。そんなある日、手がかりを探る秋月のもとに、彼らと同じく“2つの心が同居する仲間”と名乗る人物からのメールが舞い込む…。いつでも背中合わせだった2人が下す決断とは―!?
「ぼっちな俺」と「残念な彼女」による人格乗っ取られ青春コメディ、第3弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 明日、ボクは死ぬ。キミは生き返る。3

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン5

『ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンⅤ』(宇野朴人著/電撃文庫)★★★★★

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (5) (電撃文庫)
ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (5) (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2014年3月刊。
どうしてこんなに面白いんだ!
今回は前半は海戦、後半は鉱山攻略戦、そしてラストには・・・・・・っ!という(どう考えても1冊におさままらないのが普通な)怒濤の展開もありつつ、登場人物間の心理描写も着々と埋め、おまけにしっかり感動させてくれるというバケモノ級の1冊でした。
こんなに濃密なのに340頁しかないんですよ。無駄な場面は一切ない証拠ですね。ほんとにすごい。
マシュー大活躍で私大歓喜!だったんですが、物語はそれどころじゃない事態へと・・・・・・

☆あらすじ☆
未知なる戦場「海上」で手痛い敗北を喫したイクタたち、カトヴァーナ海賊軍。驚異的な破壊力を誇る「爆砲」を装備するキオカ海軍に対して、もす戦略的撤退しかないと軍議がまとまりそうになったとき、海戦に関しては門外漢のはずの、ある少年が、爆砲艦への有効な対抗策を提言するのだった―。「肉を切らせて骨を断つ」がごとき、血で血を洗う激烈な海戦が幕を開ける!話題の本格派ファンタジー戦記、待望の5巻が登場。命ギリギリの容赦ない戦いは、激しさを増すばかり…!

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン5

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン4

『ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンⅣ』(宇野朴人著/電撃文庫)★★★★☆

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (4) (電撃文庫)
ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (4) (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2013年9月刊。
中継ぎの巻、というイメージ。
前半は北域戦争の後処理の話、そして後半は新章のプロローグといった感じです。相変わらずイクタと仲間たちのテンポの良い会話は楽しかったのですが、その一方で帝国の末期な感じが暗雲を呼び込んでいますね・・・・・・。
そして我らがマシューの成長に注目です!

☆あらすじ☆
北域での過酷な戦争を生きぬき、多くの犠牲を払いながらも生還したイクタたちを待っていたのは、厳正なる軍事裁判だった。そして裁判のあとに開かれた軍議で、サザルーフは、イグセム元帥やレミオン大将といった高官たちに、ある突飛な要請を提案する。実はそれは、密かにイクタから託されたもので―。やがて帝国騎士の少年少女たちは、複雑な内政問題や激しい海戦に巻き込まれていくことになる…。
話題沸騰の本格ファンタジー戦記、第4巻。これまでとは異なる戦いに立ち向かうイクタたち。その奮闘に注目せよ!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン4