「電撃文庫」カテゴリーアーカイブ

賭博師は祈らない4/周藤蓮

賭博師は祈らない(4) (電撃文庫)
賭博師は祈らない(4) (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2018年6月刊。
賭博師ラザルス・カインドに大きな転換点が訪れる第4巻。
築いてきたものが足元から崩れていくような喪失感と、その先に生まれる新しい何か。
そこを覆すのか!という驚きと興奮で胸がいっぱいです。今までの全てはこのためにあった・・・!
最高に盛り上がってきた物語は次巻で完結とのこと。
今回の予想外すぎるラストから、一体どんな結末を見せてくれるのか楽しみです。

☆あらすじ☆
バースでの長逗留を終え、ようやくロンドンに帰還したラザルス。リーラは徐々に感情豊かになり、観光がてらついてきたエディス達との交流も続く。賭場の馴染みからは、そんな関係を冷やかされる始末。ラザルスは賭博師として日銭を稼ぐいつもの生活へと回帰していく。
だが幸福そうに見えるラザルスの心を陰らせるひとつの懸念――。リーラという守るべき大切なものを得たが故に、彼の賭博師としての冷徹さには確実に鈍りが生じていた。裏社会の大物や警察組織にも目を付けられつつも、毎日を凌いでいたラザルスだったが……。
そしてかつての恋人である賭博師・フランセスとの因縁が、ラザルスに決定的な破滅をもたらすことになる。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 賭博師は祈らない4/周藤蓮

ネトゲの嫁が女の子じゃないと思った?17/聴猫芝居

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.17 (電撃文庫)
ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.17 (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2度めの文化祭回!
同時に瀬川回です。
最近ルシアコ回が多かったから他のメンバーの話が中心になるのって久しぶりなような?
瀬川はやっぱり良いオトコ・・・豚・・・オンナだなって!

☆あらすじ☆
残念で楽しい日常ほぼ=ネトゲライフ、シューちゃんカラ回りの第17弾!
業の深いオタク、瀬川茜が最も怖れるもの、それは――オタバレ。あれ? シューちゃんがゲームするのなんかみんな知ってるよ? とは言えない残念美少女・アコたちは、彼女のリア充大作戦に協力することに……!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ネトゲの嫁が女の子じゃないと思った?17/聴猫芝居

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?16/聴猫芝居

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.16 (電撃文庫)
ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.16 (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年2月刊。
安心と信頼の糖分保証ラノベ第16弾。
なんとか新刊発売前に読めました。
夫婦の愛が次の次元に入ったような・・・・・・安定のような・・・・・・とりあえず幸せ!

☆あらすじ☆
夏休み、妹が海賊になった―。
…何を言っているかわからないと思いますが、もちろんネトゲの話です。修学旅行中の頑張りもあって、夢の飛行船を手に入れられたネトゲ部一同。この夏は遊びつくすぞ―と思ったところで、真面目な新生徒会長・高石さんからついに新入部員獲得を厳命されてしまう!正しすぎる注意にぐうの音も出ないアコたちは、唯一の希望、双葉みかんを勧誘するが…なぜか彼女は端姫ともども海賊になっていて!?新入部員獲得のために。後輩に先輩の威厳を、義妹に義姉の威厳を見せつけるために。
真夏の艦隊決戦が始まる!残念で楽しい日常≒ネトゲライフ、ネトゲ全振りの第16弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?16/聴猫芝居

賭博師は祈らない3/周藤蓮

賭博師は祈らない(3) (電撃文庫)
賭博師は祈らない(3) (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年1月刊。
不器用な賭博師と奴隷の少女の旅を描いたシリーズの第3弾。
2巻で寄り道してしまったけれど、当初の目的地にようやく到着。
そこで待っていたのはやはりトラブルだったわけだけど、今回もヒリついた駆け引きが読み応え抜群でした。
そして、期待以上にラザルスとリーラの関係の掘り下げ方が素晴らしい・・・!

☆あらすじ☆
ノーマンズランドでの負傷も癒え、ようやく当初の目的地バースにやってきたラザルスとリーラ。
村から付いてきたエディスとフィリーも道連れに、気儘で怠惰な観光を洒落込むつもりだったが、一つ誤算があった。
温泉とギャンブルが名物のこの街で目下勃発しているのは、賭博を司る儀典長と副儀典長による熾烈な権力争い。
バースへの道中で出会った知人からは忠告を受けるも、時既に遅し。
温泉から宿に戻ってみると、部屋には荒らされた形跡。そして一人横たわる血まみれの少女。
面倒事の匂いに辟易としながらもラザルスは彼女を保護する。
それは、陰謀張り巡らされるバースでの長い戦いの幕開けであった。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 賭博師は祈らない3/周藤蓮

スカートのなかのひみつ。/宮入裕昂

スカートのなかのひみつ。 (電撃文庫)
スカートのなかのひみつ。 (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★★
2018年5月刊。
面白かったー!
「風がスカートをめくったあの瞬間、すべてが始まった。」
男の娘と巨漢のコラボレーションから始まるパワフル系青春群像劇です。
男の娘が「世界一の女装アイドル」を目指したり、三人娘が「時価8000万円のタイヤ」を盗み出そうとしたり、巨漢が恋煩いでおいおい泣いたりと、なかなかにカオスな物語。
しかしエネルギッシュで純粋一途な少年少女の青春に圧倒されるばかりでした・・・!

男の娘たちが女装にかける真摯な想いが素敵。
希望を絶たれた少女が再起する姿には胸が熱くなる。
そして何より八坂幸喜真という男の破天荒さが楽しすぎて!

是非、是非、この八坂という男のことを知ってほしい。
彼の言葉を聞いてほしい。
彼の不器用な恋の結末を見届けてほしい。

特に終盤が最高なんです。
爽やかな疾走感に背中を押され、休む間もなく一気読みでした。
彼らの青春にたくさんの元気をもらった気分。大満足です!

☆あらすじ☆
男の娘も、女の子も、そこにはひみつを隠している――。
「面白いものが面白いものを呼ぶんだ。考え方一つで世界が変わる」
高校で同じクラスの八坂幸喜真は、その名の通り“好奇心”に足が生えたような男だ。
謎の棒、植木鉢、そしてボレロ。アイツの行動はいつも何がなんだかサッパリ。
でもそんな“八坂らしさ”が起こすある奇跡のことを、その時の僕らはまだ知らなかった。
「天野、俺たちは飛べるんだ。希望があれば俺たちはどこまでも飛べる!」
世界一の女装アイドル、赤いラインカーの美少女、そして時価八千万円の……タイヤ??
足下を吹き抜ける“蛇の息”が僕(わたし)と私のひみつをさらけ出した時、八坂と“あの子”の愛の物語が幕を開ける――。
第24回電撃小説大賞≪最終選考作≫よりお届けする、初夏薫る疾風青春グラフィティ!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む スカートのなかのひみつ。/宮入裕昂

悪魔の孤独と水銀糖の少女/紅玉いづき

悪魔の孤独と水銀糖の少女 (電撃文庫)
悪魔の孤独と水銀糖の少女 (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年5月刊。
悪魔の島に訪れた死霊術師の孫娘と悪魔を背負った罪人の男の孤独と愛を描いたファンタジー。
物悲しい雰囲気が、静かに心に馴染んでいく。そんな錯覚を覚える作品でした。
「孤独」と「愛」の物語で、ヒロインと死霊術師たちの絆に心が震えます。家族愛がとても良かった・・・・・・
その一方で全体的に読みにくさや展開の唐突さを感じたりもして、設定は好きなのにイマイチ気持ちが乗らない部分もありました。
私のコンディションが良ければもっとハマったのかなぁ。いつか再挑戦したいです。

☆あらすじ☆
『ミミズクと夜の王』紅玉いづきが贈る、極上のファンタジー。
「あなたを愛するために、ここまで来たんだもの」
黒い海を越え、呪われた島にやってきた美しい少女、シュガーリア。今は滅びた死霊術師の忘れ形見である彼女が出会ったのは、大罪人の男、ヨクサルだった。彼は無数の罪をその身に刻み、背負う悪魔は、『孤独を力にかえる』という──。
「あんた、何様のつもりだ」
「わたしはシュガーリア。この世界で最後の……死霊術師の孫娘よ」
愛など知らない男と、愛しか知らない少女が出会った時、末路を迎えたはずの物語が動きはじめる。
水銀糖の少女の、命をかけた最後の恋は、滅びの運命に抗うことが出来るのか。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 悪魔の孤独と水銀糖の少女/紅玉いづき

青春ブタ野郎はおでかけシスターの夢を見ない(青春ブタ野郎シリーズ8)/鴨志田一

青春ブタ野郎はおでかけシスターの夢を見ない (電撃文庫)
青春ブタ野郎はおでかけシスターの夢を見ない (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年4月刊。
新章開幕。
今回はプロローグのような、前章のエピローグのような、そんな感じの花楓回でした。
言われてみれば、彼女の問題は終わっていなかったんだよなぁ・・・・・・

☆あらすじ☆
それぞれの未来に向け、ついに再始動するシリーズ第8弾!
初恋の人・翔子の未来を願った12月が過ぎ、いつの間にか咲太も高校二年生の3学期を迎えていた。
三年生の麻衣と峰ヶ原高校で一緒にいられる学生生活も残り僅かとなったなか、長年おうち大好きだった咲太の妹・花楓が誰にも明かしたことのない胸の内を打ち明ける。
「お兄ちゃんが行ってる高校に行きたい」
それは花楓にとって大きな決意。極めて難しい選択と知りながらも、咲太は優しく花楓の背中を押してあげ――。
『かえで』から託された想いを『花楓』が受け取り、未来へ一歩踏み出すシリーズ第8弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 青春ブタ野郎はおでかけシスターの夢を見ない(青春ブタ野郎シリーズ8)/鴨志田一

世界の果てのランダム・ウォーカー/西条陽

世界の果てのランダム・ウォーカー (電撃文庫)
世界の果てのランダム・ウォーカー (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年3月刊。
第24回電撃小説大賞《金賞》受賞作。
天空国家から調査のために地上に派遣された二人組を通して、様々な世界の不思議を描いていくファンタジーです。
同じ地上とは思えないほど文明レベルの差が激しいこともあって、闇鍋のような趣のある作品でした。そこが面白かったけれどw
規則に縛られない自由な女上司と、彼女をフォローしようとする青年部下の関係も良し。そもそも男女バディものってだけで好みです。
全ての謎を綺麗に解き明かすわけでもない不思議な読後感ですが、人が世界を知ろうとする事自体が無謀なのでしょう。壮大に広がりを持った世界観が魅力的な作品でした。

☆あらすじ☆
世界を知りたいヨキと、世界を愛するシュカ。二人が織りなす、少し不思議な物語。
深く、広い世界。その全てを知ろうと、天空国家セントラルは各地に調査官を派遣していた。調査官であるヨキとシュカは、多大な個人的興味と、小指の先ほどの職務への忠誠心を胸に、様々な調査をする。これは二人が世界を巡り、人々と出会い、(時々)謎を解き明かす物語である。
「――とかいって、なんか凄く良い話みたいだね、ヨキ」
「どうでしょうね。僕はシュカ先輩が真面目に仕事をしてくれるなら何でもいいですけど」
凸凹調査官コンビによる、かけがえのない時間をあなたに。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 世界の果てのランダム・ウォーカー/西条陽

錆喰いビスコ/瘤久保慎司

錆喰いビスコ (電撃文庫)
錆喰いビスコ (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年3月刊。
第24回電撃小説大賞「銀賞」受賞作。
面白かったー!!
錆に覆われて荒廃した未来の日本を舞台に、「キノコ守り」の少年と、彼の相棒となった少年の冒険を描くファンタジーです。
廃墟のような日本の姿にゾクゾク(ワクワク)する一方、もはや万能を疑う多彩なキノコや、超進化をとげた巨大生物が入り乱れるパワフルな世界観が最高。
そして何より相棒の絆に胸が熱くなる物語でした。この作品の真っ直ぐに力強い「愛」の描き方、ものすごく好きです。
「錆ついた世界であっても、人間の心は未だ錆びついていない」というのがね、こうね、痺れるよね・・・・・・
目が滑る部分も結構あって、そのへんは荒削りに感じるのだけど、これだけ面白ければ文句ありません。この方向でどんどん伸びてほしい期待の新作です。

☆あらすじ☆
すべてを錆つかせ、人類を死の脅威に陥れる《錆び風》の中を駆け抜ける、疾風無頼の「キノコ守り」赤星ビスコ。彼は、師匠を救うための霊薬キノコ《錆喰い》を求め旅をしていた。美貌の少年医師・ミロを相棒に、波乱の冒険へ飛び出すビスコ。
行く手に広がる埼玉鉄砂漠、文明を滅ぼした防衛兵器の遺構にできた街、大蛸の巣くう地下鉄の廃線――。
過酷な道中で次々に迫る脅威を、ミロの知恵の閃きと、ビスコ必中のキノコ矢が貫く! しかし、その先には邪悪な県知事の奸計が――。愛する人を救うため、強弓が撃ち抜く冒険ファンタジー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 錆喰いビスコ/瘤久保慎司

Hello,Hello and Hello/葉月文

Hello,Hello and Hello (電撃文庫)
Hello,Hello and Hello (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年3月刊。
第24回電撃小説大賞「金賞」受賞作。
「彼」が失った二百十四回に及ぶ1週間の恋と、「彼女」が手にした4年に及ぶたった一度の恋。
何度も出会いを繰り返す二人の日々と、その意味を描き出す青春小説です。
出会いと別れの季節である「春」のイメージにぴったりの作品だと思います。
儚く散るから桜は美しいように、今この瞬間だけ繋がる二人の想いの鮮烈さに胸が苦しくなりました。
ただ、結末がちょっと・・・・・・なんというか・・・・・・消化できない・・・・・・

☆あらすじ☆
「ねえ、由くん。わたしはあなたが――」
初めて聞いたその声に足を止める。学校からの帰り道。中学のグラウンドや、駅前の本屋。それから白い猫が眠る空き地の中で、なぜだか僕のことを知っている不思議な少女・椎名由希は、いつもそんな風に声をかけてきた。笑って、泣いて、怒って、手を繋いで。僕たちは何度も、消えていく思い出を、どこにも存在しない約束を重ねていく。だから、僕は何も知らなかったんだ。由希が浮かべた笑顔の価値も、零した涙の意味も。たくさんの「初めまして」に込められた、たった一つの想いすら。これは残酷なまでに切なく、心を捉えて離さない、出会いと別れの物語。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む Hello,Hello and Hello/葉月文