「電撃文庫」カテゴリーアーカイブ

錆喰いビスコ7 瞬火剣・猫の爪 /瘤久保慎司


錆喰いビスコ7 瞬火剣・猫の爪 (電撃文庫)【Amazon】【BOOK⭐︎WALKER】

評価:★★★★☆
2021年3月刊。
キノコ守りの少年コンビの冒険活劇第7弾。
ぶっ飛んだ世界観をぶっ飛んだキャラクターが走り回る楽しい本作。今回は輪をかけて狂ってました。もちろん褒め言葉です。
これはまさにネコチャン時代劇。猫による猫の世界に猫なりかけのビスコたちが迷い込み、切った張ったの大立ち回り。
そんな戦いの中で、ビスコは自分の心と向き合うのです。ハチャメチャな話だったけどラブロマンスだったなぁ。
もうね、最後の見開き挿絵が素晴らしすぎるのよ!!

☆あらすじ☆
半猫ビスコとミロ! いざ、猫世に潜む悪を討つ!
忌浜の街では人間が次々と猫化する事件が発生。どうやら、ビスコとミロが黒革へ放った超信弓で、異世界との扉が開いてしまったことが原因らしい。
「猫病」を止めるべく、扉をくぐり抜けた彼らがたどり着いたのは、猫侍たちが治める猫摩國!
猫摩の将軍・八ツ橋羊羹とともに、この国を苦しめ、猫病を蔓延させる元凶の邪仙猫・甘草月餅に挑む。しかし、月餅の肉球には輝く超信矢が握られていた! しかも半猫になってしまったビスコは得意の弓術も封じられ……
かくなる上は唸れ尻尾、牙と爪! それから肉球! 最強キノコ守りコンビ、にゃんとも不思議な世界でも大暴れ!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 錆喰いビスコ7 瞬火剣・猫の爪 /瘤久保慎司

春夏秋冬代行者 春の舞 上・下 /暁佳奈


春夏秋冬代行者 春の舞 上 (電撃文庫)【Amazon】【BOOK⭐︎WALKER】

評価:★★★★★
2021年4月刊。
神の力を宿した4人の現人神によって春夏秋冬が巡る世界で、四季の代行者と彼らを守る護衛官の絆と切ない感情を描く和風ファンタジー。

いやぁ……凄まじい作品でした……
各人が抱える感情の重さと大きさが途方もない。

かつて世界に見捨てられ、地獄に落とされた二人の少女。
かつて大事な人を奪われ、後悔の中で苦しむ二人の青年。

二組の主従を中心に描かれる物語は、美しくも残酷な世界観をバックに情緒でぶん殴る系でした。

ボロボロに傷ついた心を共依存の中で癒し合い、再起を目指す少女たちの絆がめちゃめちゃよかった。
迂闊に触れたら壊れてしまいそうな儚さがあるのに、彼女たちは懸命に前へ進むのです。戦う意思を携えて。
美しきリベンジャー。可憐にして果敢な少女主従なんです。最高すぎ。

本作には春夏秋冬の4組の主従が登場するのだけど、そのどれもが粒揃い。
主従関係や恋愛関係をはじめとする、様々な形の人間ドラマが読み応えたっぷりに詰まっていました。
友情も愛情も憎悪も苦悩も、あらゆる感情が割り切れずに混沌として描かれるのがとても面白かった。
どんよりと暗い感情で散々殴ってくるのに、最後は晴れやかな気持ちで読み終われるところも素敵です。

主従関係を強く推したい作品ですが、恋愛パートもかなり好み。
初恋が絶望に染められ、苦しみながら春に焦がれる冬の恋が特に好き。。。

ていうか、どこを切り取っても好きだわ。最高のファンタジーがきたよ、これは。
続きも出るらしいです。とても楽しみ!

☆あらすじ☆
『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の暁 佳奈が贈る、四季の物語。
「春は――無事、此処に、います」
世界には冬しか季節がなく、冬は孤独に耐えかねて生命を削り春を創った。やがて大地の願いにより夏と秋も誕生し、四季が完成した。この季節の巡り変わりを人の子が担うことになり、役目を果たす者は“四季の代行者”と呼ばれた――。
いま一人の少女神が胸に使命感を抱き、立ち上がろうとしている。四季の神より賜った季節は『春』。母より授かりし名は「雛菊」。十年前消えたこの国の春だ。雛菊は苦難を乗り越え現人神として復帰した。我が身を拐かし長きに亘り屈辱を与えた者達と戦うべく従者の少女と共に歩き出す。彼女の心の奥底には、神話の如く、冬への恋慕が存在していた。
暁 佳奈が贈る、季節を世に顕現する役割を持つ現人神達の物語。此処に開幕。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 春夏秋冬代行者 春の舞 上・下 /暁佳奈

AHEADシリーズ 終わりのクロニクル 全7巻(全14冊) /川上稔


終わりのクロニクル 1(上) 電撃文庫 AHEADシリーズ

総評:★★★★★
2003年6月刊 〜 2005年12月刊。
おッッッッッッッッッもしろかったーー!!!

かつて存亡をかけて10の異世界と戦い、その全てに勝利した世界。
しかし世界は再び滅びに向かっており、滅亡を防ぐためには「戦争が残したもの」を清算をしなければならない。
そうして戦後処理を任された少年少女は、異世界の生き残りたちと戦い、交渉し、その過程で戦争の真実と世界の謎に迫るのです。

各異世界の人々が持つ様々な「概念」、様々な戦闘スタイル、様々な事情、様々な信念。
新たな異世界と対峙するたびに物語の雰囲気が変わり、章ごとに新鮮な楽しさを感じるシリーズでした。
生身の肉弾戦、巨大ロボット、戦闘機による高速空中戦・・・・・・バトルパートだけでも多種多様な趣向が用意されていて、途中で飽きる暇もなかった。ずーーっと楽しくて夢中になって読みました。

4組の男女を中心に置く、群像劇的なストーリーも最高。
カプ厨に大変美味しい構造なんですよね。みんな魅力的だから全てのカップルが推せる。
変態彼氏とツッコミ彼女とか、変態彼氏と暴力彼女とか、変態彼氏と天然彼女とか、変態天然彼女と巻き込まれ彼氏とか・・・・・・・・・・・・変態多くない?多かったなぁ。
でも決めるべきところでは鳥肌たつくらい格好良いのがずるいんだ・・・!

☆あらすじ☆
かつて世界は、平行して存在する10個の異世界と戦闘を繰り広げていた。概念戦争と呼ばれるその戦争に勝利してから60年。全てが隠蔽され、一般の人々に知られることなく時が過ぎた現在…。高校生の佐山御言は祖父の死後、突然巨大企業IAIより呼び出しを受ける。そして、この世界がマイナス概念の加速により滅びの方向へ進みつつあること。それを防ぐには、各異世界の生き残り達と交渉し、彼らが持つ10個の概念を解放しなければならないことを伝えられる。かくして、佐山は多くの遺恨を残した概念戦争の戦後処理として、最後の闘いに巻き込まれていくが…。川上稔が放つ新シリーズ、遂に始動。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む AHEADシリーズ 終わりのクロニクル 全7巻(全14冊) /川上稔

川上稔短編集 パワーワードのラブコメが、ハッピーエンドで五本入り(2) /川上稔


川上稔 短編集 パワーワードのラブコメが、ハッピーエンドで五本入り(2) (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから

評価:★★★★★
2020年9月刊。
電子書籍限定の川上稔先生のラブコメ短編集第2巻(1巻と同時発売)

1巻が最高すぎて短編1本読むごとに撃ち抜かれて召されていたのですが、なんとびっくり2巻の方が面白いという!!

短編1本1本が年間ベスト級に好きなのに、それが×10
やばいです。こんなのってないよ。どうしたらいいか分からない。
ここに収められた全ての恋が尊すぎて死ねる。全ての恋が美しくて可愛くて甘酸っぱくて素晴らしい。

まだ9月なのに2020年の新作ラブコメ私的ナンバーワンが決まったような気がします。
全人類、パワコメを読んでくれ・・・・・・頼む・・・・・・
だって私は3巻以降も続いてほしいのです。たくさん摂取したいんだ・・・!

☆あらすじ☆
WEB限定!! 『境界線上のホライゾン』の川上稔が贈る珠玉のラブコメ短編集!
・『幸せの基準』
「意地汚い豚です私……!」弁当を、つまらなく食うヤツがいるんだなあ、と、そう思った。そんな“ウマメシ”少女と“マズメシ”少年の弁当交換会。
・『星祭りの夜』
「女のプライド一本勝負です」彼は気付いていない。いやホント、困っちゃうくらい気付いてなくて困る。想い人に別の女性との恋愛相談をされてしまった家業が神社の私。得意の占いで彼の恋愛成就を手助けしようとするが……?
・『鍵の行き先』
「……うわあ生々しい……」本を読んでいる間は、他を気にしなくていい。自分のことも気にせず、心に鍵を掛ける。そんな少年“俺”は、入部した文芸部で、風変わりな先輩に出会うが、彼女もまた心に鍵を掛けていた。
・『自由の置き場』
「弟! 今、エロ本落ちてた!」自由ってあるじゃん。まあノーパン未満の自由ってのに、不意に気づいたんだ。元秀才女子と才覚男子の勉強攻略。
・書き下ろし短編『再会の夜』
「お前はモブの自覚あんの?」夜の町で会ったら告白しようと決めた。何の話だっけ。ああ、ゴリラ女子の私と、オスの人類のちょっと恥ずかしい昔話をしようか。
川上稔が贈る、最高にハッピーでキュンとくる珠玉のラブコメ短編集、第二弾!

以下、ネタバレありの感想です。

 

続きを読む 川上稔短編集 パワーワードのラブコメが、ハッピーエンドで五本入り(2) /川上稔

川上稔短編集 パワーワードのラブコメが、ハッピーエンドで五本入り(1) /川上稔


川上稔 短編集 パワーワードのラブコメが、ハッピーエンドで五本入り(1) (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★★
2020年9月刊。
実は初めての川上稔作品です。
いつか読んでみたいと思いつつ鈍器に怯んでました。でも新作は短編集ということで挑戦してみたんですが・・・・・・

もうさぁ、大変だよこれは!!

最高すぎた。
短編の1本1本が最高にキマるので、毎話読むたびに長いクールタイムで息を整える必要がありました。
煽り文の「珠玉」という言葉にこれほど同意することって中々ないと思うんだ。

てかこれ電子書籍限定の本なの、勿体なさすぎない??
これを電子書籍派だけで独占するのは惜しいというか、こういうの大好きなラブコメ民の一部に届かない可能性があるってだけでも気が気じゃなくなるんだけど!
電子書籍オンリーの実験的な取り組みらしいので、紙派も電子書籍導入して読んで頼む・・・!

まじで全ハピエンラブコメ好きは読もう???動揺するくらい最高だったよ????

☆あらすじ☆
WEB限定!! 『境界線上のホライゾン』の川上稔が贈る珠玉のラブコメ短編集!
・『恋知る人々』
「ホント、バッドステータス」私は人の心が読めると、そう自惚れた事はないだろうか。人の心が読める。そんな私に訪れた一つの変化――好き? 色恋? 私が? 無口系少女の不器用な初恋の物語。
・『素敵の距離÷2』
「マー頑張って下さいよ少年」恋愛成就の「告白の木」が三本もある町。その一本をお気に入りスポットにしている私と、ある日、対岸の丘にあるもう一本の木の下に現れた黒のジャージ少年。300メートルの、安全な、卑怯な思い。
・『地獄の片隅で笑う』
「笑ってよ。そうして欲しいんだ」地獄広場って、知ってる? 開かずの踏切とその周辺の喫茶店に集まる作家と編集者たちの奇妙な恋愛物語。
・『嘘で叶える約束』
「こんにちは、虫です」よう、幽霊です。まあこの学校の学生みたいなことやってんだけどね、俺。そんなある日。俺のことが“見える”後輩が現れて……?
・『未来の正直』
「巨乳、解りやすいよな」漫画家を目指していた少女の初めての挫折と、解決する感情。美術部の彼に「通じないと」そう言われたときから全てが始まる。
川上稔が贈る、最高にハッピーでグラッとくる珠玉のラブコメ短編集、第一弾!

以下、ネタバレありの感想です。

 

続きを読む 川上稔短編集 パワーワードのラブコメが、ハッピーエンドで五本入り(1) /川上稔

シャドウテイカー 黒の彼方 /三上延


シャドウテイカー 黒の彼方 (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2004年6月刊。
「両片思いの幼馴染が怪異に引き裂かれながらも苦難を乗り越える物語」が読みたいです、と呟いたら本作をオススメされたので読みました。
これ!読みたかったやつ、まさにこういうの!
ゼロ年代学園伝奇の空気も楽しい。
都市伝説と現実がリンクしていくお話、良いよね・・・・・・

☆あらすじ☆
わたし、多分もう人間じゃないんです。
人の影に潜み、人の心を、欲望を、やがて肉体までをも喰らいつくすという怪物『カゲヌシ』の噂―新たな都市伝説に呼応するかのように、奇妙な事件が続発してゆく。高校生の裕生は、連続焼死事件の現場で「黒い虫」の死骸を見つける。時を同じくして、裕生の幼馴染みの少女・葉の身に、恐るべき変化が…。謎のメッセージ「ヒトリムシ」とは? そして『カゲヌシ』に取り憑かれた孤独な少女・葉の運命は!? 異次元の生物に寄生された少年、少女達の闘いを描く、三上延新ホラーシリーズ、ここに開幕。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む シャドウテイカー 黒の彼方 /三上延

『バッカーノ!』(成田良悟 著)1〜3巻まで読みました


バッカーノ! The Rolling Bootlegs (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★★
『バッカーノ! The Rolling Bootlegs』2003年1月刊。
『バッカーノ! 1931鈍行編 The Grand Punk Railroad 』2003年8月刊。
『バッカーノ! 1931特急編 The Grand Punk Railroad』2003年9月刊。

面白かったー!!
成田良悟作品は『Fate/strange Fake』しか読んでいないので、正真正銘はじめましての『バッカーノ!』。
こんなトチ狂ったカップルてんこ盛りのラノベだと知っていればもっと早く読んだのに!笑
明確な主人公が存在しない群像劇なので、逆に言えばみんな主人公なんですね。3巻を読み終わったあとに「みんな好き!!」って叫んだくらい魅力的なキャラばかりでした。

禁酒法時代のアメリカを舞台にした、不死者とアウトローの馬鹿騒ぎ。
特に鈍行編と特急編が大好きです。めっちゃ楽しかった!

☆あらすじ☆
第9回電撃ゲーム小説大賞<金賞>受賞の異色作、その名は『バッカーノ!』
禁酒法時代、ニューヨーク。 裏組織“カモッラ”は重要な儀式を数日後に控えていた。 泥棒カップルはグランド・セントラル・ステーションに着いたばかりだった。 マフィアの三兄弟はちょっとした問題を抱えていた。 チンピラの少年は思い通りにならない現実にムカついていた。 職務に忠実な警部補はそんな彼らを疎ましく思っていた。 そして、錬金術師の野望は200年を経て、未だついえる事はなかった。 彼らはまだ互いに関わりの無い者同士であった。このマンハッタンに“不死の酒”が蘇るまでは――。

以下、ネタバレありの感想です。

 

続きを読む 『バッカーノ!』(成田良悟 著)1〜3巻まで読みました

錆喰いビスコ6 奇跡のファイナルカット / 瘤久保慎司


錆喰いビスコ6 奇跡のファイナルカット (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2020年6月刊。
錆喰いビスコ、話がカオスになればなるほどテンション上がる私がいます。
む、無茶苦茶だ〜〜〜!と笑っちゃうんだけど、それが楽しくてたまらない。
今回もめっちゃ面白かったです。
映画を撮りたい黒革との再対決、クライマックスシーンが特にお気に入り。
あと今回ラブコメ度が高くなかった!?高かったよね!?!?

☆あらすじ☆
オレは、この地球で最高の映画を撮りたいだけさ……お前を主役にしてな。
〈主演 赤星ビスコ役 赤星ビスコ〉
復活した邪悪の県知事・黒革による圧政下におかれた忌浜県。潜伏していたビスコ達一行がTV越しに目にしたのは、ビスコを主役にした映画の制作発表記者会見……そう、日本全域を占領、国民を苦しめた黒革の悪政のすべては、映画制作のためだったのだ!
操られた仲間達、そして迎えた師弟対決。果たしてビスコ達は、無事仲間を救い出し、黒革の野望を打ち砕くことができるのか――!?
因縁の対決ふたたび! 最強キノコ守りコンビが日本各地を暴れ回る!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 錆喰いビスコ6 奇跡のファイナルカット / 瘤久保慎司

日和ちゃんのお願いは絶対 /岬鷺宮


日和ちゃんのお願いは絶対 (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2020年5月刊。
普通な彼氏と普通じゃない彼女の恋を描く、セカイ系ラブストーリー。
大枠のストーリーはとても好みでした。日常と非日常が交錯するなかで恋が動いていくお話大好き。
世相のリアタイ感もすごい。これは、まさに今この時に読むべき小説ですね。
個人的には消化不良な部分もあったんだけど、そのへんは続刊があれば掘り下げに期待したいところ。

☆あらすじ☆
まるで、世界が終わりたがっているみたい——それは。最後の恋物語。
「——わたしのお願いは、絶対なの」
どんな「お願い」でも叶えられる葉群日和。始まるはずじゃなかった彼女との恋は、俺の人生を、世界すべてを、決定的に変えていく——。
ほんわかしていて、かわいくて、どこかちょっと流されがちで。
それなのに、聞いてしまえば誰も逆らう気になどなれない「お願い」の力を持つ日和と、ただの一般人なのにその運命に付き添うことになってしまった俺。
「——でも、もう忘れてください」
世界なんて案外簡単に壊れてしまうのに、俺たちの恋だけが、どうしても終わってくれない——。
これは終われないセカイの、もしかして、最後の恋物語。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 日和ちゃんのお願いは絶対 /岬鷺宮

86―エイティシックス― Ep.8 ガンスモーク・オン・ザ・ウォーター /安里アサト


86―エイティシックス―Ep.8 ―ガンスモーク・オン・ザ・ウォーター― (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2020年5月刊。
今回は海上戦。
意外と早く辿り着いてしまった海で、迷子のような顔するエイティシックスたちに切なくなってしまったり・・・・・・

☆あらすじ☆
そして再び、戦いは残酷に全てを奪い——アニメ化決定の人気作、新章開幕!
〈レギオン〉完全停止の可能性。
終わらぬはずの、戦争の終わり。
それは人類の悲願。明日への希望。
しかし、戦士たちは——戦いが終わった先、戦場で死ぬ定めだった「エイティシックス」は、どこへゆくのか。
〈シリン〉との出会いで、死を恐れぬことの不気味を知った彼らは、閉じていた未来への眼を、無理矢理に開かされた。
ある者は、愛する人を見つけた。
ある者は、世界を見て夢を描いた。
だが……、それが出来ぬ者は。
温かい希望の光が、彼らの鉄の意志と結束を歪め、そして。
ついに、過去最悪の犠牲を生む。
平穏を許さぬ、新章開幕のEp.8!
“辿り着いた海は、彼らに血を求めた。”

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 86―エイティシックス― Ep.8 ガンスモーク・オン・ザ・ウォーター /安里アサト