「電撃文庫」カテゴリーアーカイブ

豚のレバーは加熱しろ /逆井卓馬


豚のレバーは加熱しろ (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2020年3月刊。
第26回電撃小説大賞《金賞》受賞作。
公式PVにめちゃめちゃ笑ったので買いました。癖が強い!

豚になったオタクと底抜けに優しい少女の出会いから始まる異世界ファンタジー。
予想外にしんどくて、思った以上に面白い作品でした。

オタクの思考をもつ以外は正真正銘ただの豚。
そんな主人公は一人の少女のために何ができるのか。

終わり方が終わり方だから絶対にシリーズ化してほしい。続きを待ってます!

☆あらすじ☆
転生したら豚だった!美少女にお世話されるなら、こんな冒険も悪くない?
豚のレバーを生で食べて意識を失った、冴えないオタクの俺。異世界に転生したと思ったら、ただの豚になっていた!
豚小屋で転がる俺を助けてくれたのは、人の心を読み取れるという少女ジェス。
ブヒッ! かわいい! 豚の目線なら、スカートの裾からチラリと純白の……。
「あの、心の声が聞こえていますが……」
まずい! 欲望がだだ漏れだ!
「もしお望みでしたら、ちょっとだけなら」
え、ちょっ……!?
まるで獣のような俺の欲望も(ちょっぴり引き気味ながら)受け入れてくれる、純真な少女にお世話される生活。う〜ん、豚でいるのも悪くないな?
これはそんな俺たちのブヒブヒな大冒険……のはずだったんだが、なあジェス、なんでお前、命を狙われているんだ?
さあ魔法もスキルも持たぬブタよ、過酷な運命に囚われた少女を、知恵と機転と嗅覚で救い出せ!
第26回電撃小説大賞《金賞》受賞作、豚転生ファンタジー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 豚のレバーは加熱しろ /逆井卓馬

シノゴノ言わずに私に甘えていればいーの!2 /旭蓑雄


シノゴノ言わずに私に甘えていればいーの!(2) (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2020年2月刊。
怠惰に誘う悪魔と勤労に燃える社畜のラブコメ第2弾。
1巻の表紙が膝枕においでおいでされているやつで、2巻の表紙が膝枕状態からのぞきこまれているやつですね。なるほど。順調に落とされている!

☆あらすじ☆
怠惰の悪魔と社畜リーマンのイチャイチャ問答。押しかけ甘々コメディ第二弾
相変わらず勤労への執着が止まらない社畜リーマン拓務は、どうにかして甘やかそうとする怠惰の悪魔・シノと攻防を繰り広げていた。だがとある成り行きから、アパートに引っ越してきた新たなる隣人との浮気を疑われることに!?
「信じられないわ! わ、私がいままでどういう気持ちでいたか知らないで……」
「ご、誤解ですよ! 俺は何も——」
「——シノゴノ言うなあ! この浮気者!」
ドレスをはだけさせ豊かな胸を露わに艶然と微笑む謎の美女の前で、痴話げんかを繰り広げる拓務とシノ。さらには惚れ薬という危険なブツまで持ち出され……まさに修羅場で一体どうなる甘々コメディ第二弾

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む シノゴノ言わずに私に甘えていればいーの!2 /旭蓑雄

魔法も奇跡もない、この退屈な世界で /渡風夕


魔法も奇跡もない、この退屈な世界で (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★☆☆☆☆
2020年2月刊。
犯罪者と捜査官がバディを組むクライム・アクションでミステリ要素あり、というあらすじに惹かれて読みました。
でも残念ながら私には合わない作品でした・・・・・・

☆あらすじ☆
改造人間達と超常者達が争う23世紀日本が舞台の痛快SF犯罪アクション!
人体改造による異能者が跋扈(ばっこ)し、犯罪こそが退屈な日々を送る大衆のエンターテインメントとなった23世紀の日本──。
人々を熱狂させる『王』の称号を持つ〈殺人王〉フォルックは、敬愛する師の死体の行方を探し求めていた。
そんな彼の前に、死体の悪用をほのめかす同業者、取引を持ちかける警察組織、そして、冷凍睡眠(コールドスリープ)から目覚めて間もない21世紀人・女捜査官のヒナコが現れる。
同業者を追うべくバディを組む事になったフォルックとヒナコは『人殺し』への理念でぶつかりながらも、巨大な陰謀劇に巻きこまれていることを知るようになる─ ─そして激しい追跡劇を経る内に判明する、二人の悲しい真実とは?
謎解き+どんでん返しが連続する、痛快・近未来クライムバトルファンタジー!

以下、ネガティブな感想です。注意。

続きを読む 魔法も奇跡もない、この退屈な世界で /渡風夕

幼なじみが絶対に負けないラブコメ3 /二丸修一


幼なじみが絶対に負けないラブコメ3 (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2020年2月刊。
三角関係というより、もはやハーレムっぽくなってきましたね。幼なじみがいっぱいだぁ。
白草のターンは嬉しいし、今回は特に心情描写が良かったと思います。もうそのまま突き進んでも良いんじゃないかな??

☆あらすじ☆
海だ! 水着だ! 逆襲の白草だ!! 混迷を極めるヒロインレース第3弾!
沖縄でMV撮影ってマジ!? 女子たちの水着姿を見るチャンス到来か……! ヤバい、ハンパじゃないラブコメの波動を感じるぜ……! って、空港に現れた白草の雰囲気がいつもと違うんだけど!? ダメだって。節操なさすぎるって。私服姿を見ただけでトキメキすぎだろ俺。
でもでも? 黒羽とは喧嘩中だしー? またしても俺に嘘をついた黒羽が悪いんだしー?? いや、分かってるんだ。きっと何か事情があったんだろう。だけど、今回、俺は悪くない! 黒羽から謝ってこない限り、絶対に許さないんだからな!
海で、水着で、白草の逆襲が始まる!? 先の読めないヒロインレース第3弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 幼なじみが絶対に負けないラブコメ3 /二丸修一

幼なじみが絶対に負けないラブコメ2 /二丸修一


幼なじみが絶対に負けないラブコメ2 (電撃文庫)【Amazon】/【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから

評価:★★★☆☆
2019年10月刊。
あ、なんか私が好きな感じの方向に入ってきた気がする??
何らかの目標に向かって皆で団結して走り出す青春ものって良いよね。
読み口も相変わらず軽快で、すごくスラスラと一気に読めました。
しかしこれ「幼なじみが絶対に負けないラブコメ」としては、面白いんだけど、面白いんだけど、「嘘つき・・・!」という気持ちが膨れ上がるばかりだ(面白いんだけど!)(ギリィッ)

☆あらすじ☆
幼なじみはやっぱり負けない!? まだまだ続く予測不能なヒロインレース!
幼なじみの黒羽に告白し、見事玉砕した俺。死にたい。フラれるってこんなに辛かったのか……っていうか、あそこまでいったら普通OKするだろ! 笑顔で「ヤダ!」ってなんだよ! マジで女子の気持ちわかんねー。でもまてよ、白草は俺のことが好きなんだよな……今ならイケる……?のか……いやいやいや、ダメでしょ。もしまたフラれたらと思うと怖すぎるし。
そんなモヤモヤ爆発の俺のもとに、子役時代の後輩にして理想の妹、桃坂真理愛が襲来! 玄関開けたら1秒で「おかえりなさいお兄ちゃん!!」っていったいどこのラブコメだよ!?
末晴に芸能界復帰の話が持ち上がり、ヒロインたちの思惑が交差する、先の読めないヒロインレース第2弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 幼なじみが絶対に負けないラブコメ2 /二丸修一

七つの魔剣が支配する5 /宇野朴人


七つの魔剣が支配するV (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2020年2月刊。
主人公・オリバーはどんな少年なのか。
それが見えてくる第5巻でした。彼の苦しみと憎悪はどこへ落ちていくのだろうか。

☆あらすじ☆
運命の魔剣を巡る魔法バトルファンタジー、待望の第5弾!
勉強と鍛錬を重ねて己を高めつつ、時には後輩たちを相手に頼れる先達としての一面も見せ始めるナナオたち。魔法生物学でグリフォンと格闘するカティに、魔道工学にのめり込むピート。ガイは迷宮で『生還者(サバイバー)』から教えを受けていた。
一方で、次の仇討ちの標的をエンリコに定めたオリバーは同志たちと共に戦いの段取りを詰めていく。しかし、迷宮に消えたピートとエンリコを追いかけ、エンリコの研究所にたどり着いたオリバーとナナオは、そこでエンリコの魔道工学の脅威と、『魔法使い』と『異端(グノーシス)』の対立の一端を垣間見ることになり──。
宿敵の一人に必殺を期すオリバーたち。彼らが戦場に選んだ場所とは——。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 七つの魔剣が支配する5 /宇野朴人

青春ブタ野郎は迷えるシンガーの夢を見ない(青春ブタ野郎シリーズ10) /鴨志田一


青春ブタ野郎は迷えるシンガーの夢を見ない (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2020年2月刊。
思春期症候群をめぐる不思議青春物語、大学生編スタートです。
思春期は続くよ、どこまでも。
舞台は変われど雰囲気は変わらず、しかし物語は動いていきます。
やはりこの物語は面白い。新章も期待しています!

☆あらすじ☆
ちょっと不思議な青春物語——シリーズ待望の第10弾“大学生編”開幕!
忘れられない高校生活も終わり、咲太たちは大学生に。新しくも穏やかな日々を過ごしていた、そんな秋口のある日——。
「さっきの本当に卯月だった?」
アイドルグループ『スイートバレット』のリーダー・卯月の様子がなんだかおかしい。いつも天然なあの卯月が、周りの空気を読んでいる……? 違和感を覚える咲太をよそに、他の学生たちは誰も彼女の変化に気づかない。これは未知なる思春期症候群との遭遇か、それとも——?
新しい場所、新しい人との出会いの中で、咲太たちの思春期はまだ終わらない。新たな物語の始まりを告げる、待望のシリーズ第10弾。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 青春ブタ野郎は迷えるシンガーの夢を見ない(青春ブタ野郎シリーズ10) /鴨志田一

君を失いたくない僕と、僕の幸せを願う君 /神田夏生


君を失いたくない僕と、僕の幸せを願う君 (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2020年1月刊。
幼馴染×タイムリープ&ループの青春ファンタジー。
これは良かった。
ぶっちゃけ青春とループの組み合わせって少し食傷気味だったのだけど、やっぱり設定としては面白いんだなと再認識しました。
ていうかね、ハッピーエンドを手に入れるために血を吐くような執念をみせる主人公とか、大好きに決まってる!
終わらせる方が楽になれると分かっていても、惨めなほど足掻いてしまう愛とか最高じゃん・・・!

☆あらすじ☆
私が、そうちゃんを幸せにする! だから——私を助けにきて。
「私は、そうちゃんに、幸せになってほしいの。だから、私じゃ駄目」
高校一年の夏。ようやく自覚した恋心を告げた日、最愛の幼馴染はそう答えた。自分は3年後には植物状態になる運命だ。だから俺には自分以外の誰かと幸せになってほしいのだと。
運命を変えるため、タイムリープというチャンスを手に入れた俺。けれど、それは失敗の度に彼女にすべての痛みの記憶が蘇るという、あまりに残酷な試練で。
何度も苦い結末を繰り返す中、それでも諦められない切ない恋の行方は——。
ごめんな、一陽。お前が隣にいてくれるなら、俺は何度だってお前を助けるよ。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 君を失いたくない僕と、僕の幸せを願う君 /神田夏生

Fate/strange Fake6 /成田良悟


Fate/strange Fake(6) (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから

評価:★★★★☆
2020年1月刊。
推しがああなってモチベが死にかけていたんですが、わずかな希望が見えてモチベが戻りました。頼む頼む頼む頼む頼む(とか念じてたら予想外の方向から強烈なパンチを食らって死んだ)

☆あらすじ☆
規格外のサーヴァントによる聖杯戦争。戦いは遂に後半戦へ——。
なんだか、街がざわざわしてる。
風が、とってもじめじめしてる。
こわいよう。こわいよう。
何かこわいものがくるよう。
何も変わらぬ街の景色。数時間前には各陣営の勢力が入り交じり、大立回りが繰り広げられたはずの大通り。だが戦禍の跡など微塵もなく、何事もなかったかのような街並みを前に、ただ呆然と立ち尽くす警官隊達とセイバー陣営。
そこは幼きマスター・繰丘椿の夢の中。椿の魔術回路と繋がった『まっくろさん』によって生み出され、椿の願いを叶えるためだけに存在する閉じた世界。脱出方法を模索するセイバー達だったが……。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む Fate/strange Fake6 /成田良悟

吸血鬼に天国はない2 /周藤蓮


吸血鬼に天国はない(2) (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2019年12月刊。
怪物に恋をした男の運命は、滑稽に空回り、必死に走って、一体どこへ向かうのか。
人と、人でないもの。それらが共に生きるために必要なことを確認する第2巻でした。
人外恋愛は種族間の断絶が深ければ深いほど盛り上がる私がいます。
人外とそう簡単に分かりあえると思う?って無邪気に刺してくる話だと更に良い。
その点、今回は最っっっ高でした・・・!
シーモアの苦悩も、ルーミーの絶望も、二人が選んだ結末も、全てが好きです。本当によかった。

☆あらすじ☆
生き延びた先に待つのは、恋と地獄。そして姿を現す『吸血鬼狩り』。
「「ハッピーニューイヤー」」
降りしきる雪とともに訪れた新年。吸血鬼ルーミーを因縁と陰謀の中から救い出し、日常へと回帰したシーモア。騒々しい運び屋仕事の中で、二人はぎこちなくも幸福な日々を送っていた。
だがそんな日常も長くは続かない。
マフィアに追われ、逃げ込んできた双子のバーズアイ姉妹。人を傷つけないと誓ったことによって、徐々に迫り来るルーミーの飢えの限界。
緩やかに、しかし確かに平穏の終わりが近づく中で、シーモアたちの前に姿を表す最悪の敵『吸血鬼狩り』。
選び取った幸福の中で、シーモアは更なる決断を求められることになる。
人と人ならざるものの恋物語、第二弾。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 吸血鬼に天国はない2 /周藤蓮