「電撃文庫」カテゴリーアーカイブ

つるぎのかなた /渋谷瑞也

つるぎのかなた (電撃文庫)
つるぎのかなた (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年2月刊。
面白かった!
青春を剣に捧げた少年少女の闘志が交錯する剣道物語。
視点変更が多いため読みにくさはあるものの、熱く盛り上がるときの勢いが素晴らしい。
特に終盤の戦いは主人公達の高揚感に引きずられるように読みふけってしまいました。

たったひとつの頂点を目指して衝突する最強と最強。
あまりにも激しく、それでいて爽やかなライバル関係が最高でした。いやほんと最高だった。

粗いところはたくさんあるけれど、これは良い青春スポ根小説だと思う!
夏に2巻が出るようなので、続きも楽しみです。

☆あらすじ☆
第25回電撃小説大賞《金賞》受賞作!
「好きじゃないんだ、剣道。……俺を斬れる奴、もういないから」
かつて“最強”と呼ばれながら、その座を降りた少年がいた――。
“御剣”の神童・悠。もう二度と剣は握らないと決めた彼はしかし、再び剣の道に舞い戻る。
悠を変えたのは、初めて肩を並べる仲間たち、彼に惹かれる美しき『剣姫』吹雪、そして――孤高の頂でただひたすらに悠を追い続けていた、高校剣道界最強の男・快晴。
二人が剣を交えた先で至るのは、約束の向こう、つるぎのかなた。
「いくぞ悠。お前を斬るのは、この僕だ!」
剣に全てを捧げ、覇を競う高校生たちの青春剣道物語、堂々開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む つるぎのかなた /渋谷瑞也

鏡のむこうの最果て図書館 光の勇者と偽りの魔王 /冬月いろり

鏡のむこうの最果て図書館 光の勇者と偽りの魔王 (電撃文庫)
鏡のむこうの最果て図書館 光の勇者と偽りの魔王 (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年2月刊。
世界を脅かす魔王と、その打倒を目指す勇者。
彼らが紡ぎ出す御伽噺のような物語のなかで、傍観者であるはずの少年は何を思うのか。
これは最果ての地にある図書館を舞台に、館長の少年が自らの役割を知る物語です。
王道RPGを思い出させる小ネタが満載で、思わずニヤりとしてしまいました。
話も1冊で綺麗にまとまっています。
ただ個人的に時系列や設定が分かりにくいかなぁ。私の読解力の問題だろうか・・・

☆あらすじ☆
第25回電撃小説大賞《銀賞》受賞作!
空間が意思と魔力を持ち、様々な魔物が息づく世界・パライナの北端に、誰も訪れない《最果て図書館》はあった。
記憶のない館長ウォレスは、鏡越しに《はじまりの町》の少女ルチアと出会い「勇者様の魔王討伐を手伝いたい」という彼女に知恵を貸すことに。
中立を貫く図書館にあって魔王討伐はどこか他人事のウォレスだったが、自らの記憶がその鍵になると知り……
臆病で優しすぎる少女。感情が欠落したメイド。意図せず世界を託された勇者。
彼らとの絆を信じたウォレスもまた、決戦の地へと赴く――
これは、人知れず世界を守った人々のどこか寂しく、どこまでも優しい【語り継がれることのないお伽噺】

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 鏡のむこうの最果て図書館 光の勇者と偽りの魔王 /冬月いろり

七つの魔剣が支配する2 /宇野朴人

七つの魔剣が支配するII (電撃文庫)
七つの魔剣が支配するII (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年1月刊。
期待の魔法学園ファンタジー第2弾。
今回も面白かったです。1年生の最強決定戦が行われるなかで順調に育つ仲間の絆がとても良い。

☆あらすじ☆
運命の魔剣を巡る魔法バトルファンタジー、待望の第2弾!
魔法学校に入学して半年ほど過ぎ、ようやくオリバーやナナオたち6人も、エキサイティングな学園生活に慣れてきた。そんなある日、誰が最強の魔法使いかを決める「一年生最強決定戦」が開催されることになり――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 七つの魔剣が支配する2 /宇野朴人

賭博師は祈らない5 /周藤蓮

賭博師は祈らない(5) (電撃文庫)
賭博師は祈らない(5) (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2018年1月刊。
はぁ〜〜〜・・・・・・素晴らしかった・・・・・・
賭博師と奴隷少女の出会いから始まる物語は、ついに完結へ。
様々な立場にある人々の信念と信頼と願いが衝突する。その果てにあるのは、誰かが傷つかねばならない結末なのか?
最終巻に相応しい圧倒的なドラマに感無量です。本当に面白かった!

☆あらすじ☆
ロンドンの裏社会を牛耳るジョナサンと対立し、一度はすべてを失ったラザルス。だが賭博師としての矜持を奪われ、地の底を這いつくばったその先で、彼は自らが進むべき新たな境地へと辿り着く。
再起したラザルスはフランセスにも勝利し、ジョナサンとの全面対決を掲げた。かつて帝都にいた友人たちが残した、ちっぽけな約束を守るためだけに。
一方、ラザルスの無事に安堵したリーラだったが、彼女は故郷へ帰る為の乗船券を渡されたことに戸惑い、自分が主人に対して抱いていた想いに気付かされる。
――『私は、ご主人さまが好きです』
そしてラザルスはリーラとの関係にひとつの答えを出すことに。二人の物語に訪れる結末は、果たして。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 賭博師は祈らない5 /周藤蓮

錆喰いビスコ3 都市生命体「東京」 /瘤久保慎司

錆喰いビスコ3 都市生命体「東京」 (電撃文庫)
錆喰いビスコ3 都市生命体「東京」 (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
めちゃめちゃ面白かったー!いやマジで最っっ高に面白かった!
1巻2巻に出てきた全ての設定・伏線がフルに活きる、まさに集大成たる第3巻。
錆に覆われた世界の謎も解き明かされ、これまでで最も強くSF的エンターテインメントを感じる内容でした。
ビスコとミロの絆も今まで以上に激熱で、終盤の見開き挿絵はしばらく見入ってしまうほど美しい・・・・・・
錆喰いビスコ、永遠に推せる。続きも楽しみに待っています!

☆あらすじ☆
――敵は“東京”。最強キノコ守りが“錆”が覆う日本の原点に立ち向かう!
島根を発ち、訪れた四国のキノコ守りの里で襲撃を受けたビスコたち。アポロと名乗る襲撃者は、あらゆるものを次々と「ビル」に変えてゆき――!?
今の日本を滅ぼし、2028年を復元しに来たというアポロ。過去VS現在。人類の未来を賭けた戦いが幕を開ける――!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 錆喰いビスコ3 都市生命体「東京」 /瘤久保慎司

【感想】天地の狭間のランダム・ウォーカー /西条陽


天地の狭間のランダム・ウォーカー (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年12月刊。
未知を求めて世界を旅する調査官のコンビを描いたファンタジー第3弾。
今回でひとまず完結だそうです。売上げが厳しかったのか・・・・・・
エピソードごとに作風も世界観もがらりと変える、変幻自在な引き出しの多さに圧倒されるシリーズでした。次は長編を書いてみてほしいなぁ。

☆あらすじ☆
調査官・ヨキとシュカの旅はまだまだ続く。珠玉の短編集第三巻!
セントラルの調査官・ヨキとシュカが今回調査するのは、剣の腕が最も重要視される地。そこには、世界を創世したと言われる剣が存在し――。シュカが調査官になるきっかけになった物語「月夜に架かる橋」も収録。

⚠︎以下の感想では作品の展開や結末に言及する場合があります。ご注意ください。

続きを読む 【感想】天地の狭間のランダム・ウォーカー /西条陽

ゴスロリ卓球2 /蒼山サグ

ゴスロリ卓球2 (電撃文庫)
ゴスロリ卓球2 (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年12月刊。
美しいゴスロリを翻して戦う卓球美少女と、彼女をサポートする幼馴染の少年の物語第2弾。
色々とエンジンがかかるのが遅くて気になったものの、新たな戦いの序章と考えれば悪くない出だしだと思います。
でもそんなことより羽麗の愛の重さと甘えん坊っぷりが可愛すぎて脳がとろけそうなんだけど・・・・・・

☆あらすじ☆
『ロウきゅーぶ!』の著者最新作第二弾! 奈落に立ちふさがる卓球姉妹!?
斉木羽麗の父を追い多額の借金を背負って堕とされた強制卓球訓練施設。すでに父はここにはいないことを知った修と羽麗は、先に堕とされていた梓と協力して脱出を試みるが、カースト上位の双子姉妹が立ちふさがる!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ゴスロリ卓球2 /蒼山サグ

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?18 /聴猫芝居

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.18 (電撃文庫)
ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.18 (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年11月刊。
マスターご乱心から始まる第18弾。
杏ちゃんが可愛くて格好良い素敵なお話でした。合間に描かれるルシアコの夫婦感も良かったし、猫姫先生も最高だったし、やはりネトゲ嫁は良いな・・・!

☆あらすじ☆
残念で楽しい日常ほぼ=ネトゲライフ、マスターがついに大暴走の第18弾!
「私は高校を卒業したら会社を興すぞ!」
大学受験へ向けそろそろ進路を決めようというところで、マスターが突如としてご乱心!?
何を寝言を言ってんの? と、本来は止めるべきなような気がしつつも、マスターの甘言の前に次々と洗脳されていく残念美少女・アコはじめネトゲ部の面々。
だが、そんなことでは屈しない常識人がいた……。
「そこまで言うなら、LAのトップを取って、力を証明して見せるのにゃ!」
顧問としてそこは譲れない猫姫さんと売り言葉に買い言葉で始まったLA天下取り。その手段は――農業?
ていうか本当に勝って良いの? この戦い!?
残念で楽しい日常ほぼ=ネトゲライフ、進路指導の第18弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?18 /聴猫芝居

世界を愛するランダム・ウォーカー /西条陽

世界を愛するランダム・ウォーカー (電撃文庫)
世界を愛するランダム・ウォーカー (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2018年10月刊。
天空国家から派遣された二人組の調査官が、広大な世界を旅しながら未知を解き明かす『世界の果てのランダム・ウォーカー』の続編。第2巻です。
今回も様々な文化や文明や不思議を抱えた場所が登場し、作風の多彩さにワクワクする1冊でした。
短編形式も面白いのだけど、この作家さんの長編作品も読んでみたいなぁ。

☆あらすじ☆
凸凹調査官コンビが遭遇する、新たな世界の謎とは。
深く、広い世界。その全てを知ろうと、天空国家セントラルは各地に調査官を派遣していた。
調査官であるヨキとシュカが今回向かった先は、水上都市グランナーレ。音楽に愛されたこの街で、今宵世にも奇妙な音楽会が開かれるという。曰く、音楽会に参加すると、己の求める死者と邂逅する事ができるというのだが――。
ほか、春が来ない里、物理法則が乱れた学術都市など、五つの謎を巡る。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 世界を愛するランダム・ウォーカー /西条陽

青春ブタ野郎はランドセルガールの夢を見ない(青春ブタ野郎シリーズ9)/鴨志田一

青春ブタ野郎はランドセルガールの夢を見ない (電撃文庫)
青春ブタ野郎はランドセルガールの夢を見ない (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年10月刊。
アニメ放送中ですが、まだ1話も見れていません。早く見なきゃ!
それはさておき青ブタ9巻は「家族」と咲太のお話。
1巻を彷彿とさせるあれこれに胸が熱くなりました。ほんと麻衣さんは天使なんだなって。

☆あらすじ☆
三月に入って、三学期も残り1ヶ月。いよいよ迎えた麻衣の卒業式当日。
「おじさん、だぁれ」
七里ヶ浜の海岸で麻衣を待っていた咲太の目の前に、子役時代の麻衣にそっくりな小学生が現れて!?
一方、花楓の一件以来、別々に暮らしていた咲太の父親から電話が……。
「母さんのことなんだが、花楓に会いたいと言っててな」
それは、花楓に起きた出来事を受け止めきれず、長いこと入院していた母親から届いた「会いたい」という願い……。
家族の絆、新たなる思春期症候群の前触れ――急展開をみせるシリーズ第9弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 青春ブタ野郎はランドセルガールの夢を見ない(青春ブタ野郎シリーズ9)/鴨志田一