「電撃文庫」カテゴリーアーカイブ

君を失いたくない僕と、僕の幸せを願う君 /神田夏生


君を失いたくない僕と、僕の幸せを願う君 (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2020年1月刊。
幼馴染×タイムリープ&ループの青春ファンタジー。
これは良かった。
ぶっちゃけ青春とループの組み合わせって少し食傷気味だったのだけど、やっぱり設定としては面白いんだなと再認識しました。
ていうかね、ハッピーエンドを手に入れるために血を吐くような執念をみせる主人公とか、大好きに決まってる!
終わらせる方が楽になれると分かっていても、惨めなほど足掻いてしまう愛とか最高じゃん・・・!

☆あらすじ☆
私が、そうちゃんを幸せにする! だから——私を助けにきて。
「私は、そうちゃんに、幸せになってほしいの。だから、私じゃ駄目」
高校一年の夏。ようやく自覚した恋心を告げた日、最愛の幼馴染はそう答えた。自分は3年後には植物状態になる運命だ。だから俺には自分以外の誰かと幸せになってほしいのだと。
運命を変えるため、タイムリープというチャンスを手に入れた俺。けれど、それは失敗の度に彼女にすべての痛みの記憶が蘇るという、あまりに残酷な試練で。
何度も苦い結末を繰り返す中、それでも諦められない切ない恋の行方は——。
ごめんな、一陽。お前が隣にいてくれるなら、俺は何度だってお前を助けるよ。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 君を失いたくない僕と、僕の幸せを願う君 /神田夏生

Fate/strange Fake6 /成田良悟


Fate/strange Fake(6) (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから

評価:★★★★☆
2020年1月刊。
推しがああなってモチベが死にかけていたんですが、わずかな希望が見えてモチベが戻りました。頼む頼む頼む頼む頼む(とか念じてたら予想外の方向から強烈なパンチを食らって死んだ)

☆あらすじ☆
規格外のサーヴァントによる聖杯戦争。戦いは遂に後半戦へ——。
なんだか、街がざわざわしてる。
風が、とってもじめじめしてる。
こわいよう。こわいよう。
何かこわいものがくるよう。
何も変わらぬ街の景色。数時間前には各陣営の勢力が入り交じり、大立回りが繰り広げられたはずの大通り。だが戦禍の跡など微塵もなく、何事もなかったかのような街並みを前に、ただ呆然と立ち尽くす警官隊達とセイバー陣営。
そこは幼きマスター・繰丘椿の夢の中。椿の魔術回路と繋がった『まっくろさん』によって生み出され、椿の願いを叶えるためだけに存在する閉じた世界。脱出方法を模索するセイバー達だったが……。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む Fate/strange Fake6 /成田良悟

吸血鬼に天国はない2 /周藤蓮


吸血鬼に天国はない(2) (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2019年12月刊。
怪物に恋をした男の運命は、滑稽に空回り、必死に走って、一体どこへ向かうのか。
人と、人でないもの。それらが共に生きるために必要なことを確認する第2巻でした。
人外恋愛は種族間の断絶が深ければ深いほど盛り上がる私がいます。
人外とそう簡単に分かりあえると思う?って無邪気に刺してくる話だと更に良い。
その点、今回は最っっっ高でした・・・!
シーモアの苦悩も、ルーミーの絶望も、二人が選んだ結末も、全てが好きです。本当によかった。

☆あらすじ☆
生き延びた先に待つのは、恋と地獄。そして姿を現す『吸血鬼狩り』。
「「ハッピーニューイヤー」」
降りしきる雪とともに訪れた新年。吸血鬼ルーミーを因縁と陰謀の中から救い出し、日常へと回帰したシーモア。騒々しい運び屋仕事の中で、二人はぎこちなくも幸福な日々を送っていた。
だがそんな日常も長くは続かない。
マフィアに追われ、逃げ込んできた双子のバーズアイ姉妹。人を傷つけないと誓ったことによって、徐々に迫り来るルーミーの飢えの限界。
緩やかに、しかし確かに平穏の終わりが近づく中で、シーモアたちの前に姿を表す最悪の敵『吸血鬼狩り』。
選び取った幸福の中で、シーモアは更なる決断を求められることになる。
人と人ならざるものの恋物語、第二弾。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 吸血鬼に天国はない2 /周藤蓮

錆喰いビスコ5 大海獣北海道、食陸す /瘤久保慎司


錆喰いビスコ5 大海獣北海道、食陸す (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2019年12月刊。
めちゃくちゃ楽しかったー!
緊迫感MAXでスリリングなバカ騒ぎに超テンションあがりました。オールスター大集結じゃん!
まぁなんといっても今回のサブタイが「大怪獣北海道」ですからね。なんなんだその発想力・・・!
そして要所要所でぶっ込まれるコンビ愛が今回も最の高。
このバディ、お互いへの矢印が太すぎませんか?(すき)

☆あらすじ☆
北海道襲来! 未曽有の危機を救うのは——赤い髪の、チビッ子だった!?
大地を呑み込まんとする生物兵器・北海道。その前に立ちはだかったのは目つきの悪い赤髪の——子ど「ガキ扱いするなァーッ!」小さな身体でも天下無双の赤星ビスコ、その人である。
花に蝕まれる北の大地を救い、元の体を取り戻すため、最奥に眠る神秘のキノコを求め上へ下への大騒ぎ。しかし、その行く手に、ビスコを子供に変えた愛弟子、紅菱の王・シシが立ちはだかり——。
果たして、彼らは大海獣の暴走を食い止めることができるのか!? 最強キノコ守りコンビが狂花が覆う北海道の「体内」を駆け巡る!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 錆喰いビスコ5 大海獣北海道、食陸す /瘤久保慎司

幼なじみが絶対に負けないラブコメ /二丸修一


幼なじみが絶対に負けないラブコメ (電撃文庫) /【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年6月刊。
面白いです。うん。面白いと思います。
ポンポンと弾む青春真っ盛りの掛け合いに、「初恋」の甘酸っぱさ、「復讐」というネガティブな感情を勢いよく混ぜ混ぜして一気にラストまで読ませてくれるラブコメでした。ヒロインたちもかわいい。
だが!
しかし!
一介の幼なじみラブコメ好きとしては解せぬ・・・!

☆あらすじ☆
幼馴染みが負けフラグの時代は終わった? 予測不能なヒロインレース開幕!
幼なじみの志田黒羽は俺のことが好きらしい。家は隣で見た目はロリ可愛。陽キャでクラスの人気者、かつ中身は世話焼きお姉系と文句なしの最強である。
……でも俺には、初恋の美少女で学園のアイドル、芥見賞受賞の現役女子高生作家、可知白草がいる! 普通に考えたら俺には無理めな白草だけど、下校途中、俺にだけ笑顔で会話してくれるんだぜ! これもう完全に脈アリでしょ!
ところが白草に彼氏ができたと聞き、俺の人生は急転直下。死にたい。というかなんで俺じゃないんだ!? 俺の初恋だったのに……。失意に沈む俺に黒羽が囁く――そんなに辛いなら、復讐しよう? 最高の復讐をしてあげようよ――と。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 幼なじみが絶対に負けないラブコメ /二丸修一

地獄に祈れ。天に堕ちろ。 /九岡望


地獄に祈れ。天に堕ちろ。 (電撃文庫)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年11月刊。
面白かったー!
ガシッと心を掴んでスカッとさせるクライム・アクション。
亡者の街と化した「東凶」を舞台に繰り広げられる、ハードボイルドなゾンビものです。
血と硝煙、武装した神父、空に吹っ飛ぶ車、マッドサイエンティストにヤク中美少女、月はふたつで白くて赤く、天使と悪魔で天国か地獄か閻魔のみぞ知る。
イカれた世界をハイになって暴走すれば、突然プツンと心が折れて暗い過去を巡ったり。
傷ついて傷ついて、そしてまた立ち上がって走り出す。そんな感じの緩急激しい疾走感がありました。
コミュニケーションは皮肉と罵声。それでも頼りになる正反対で似た者同士な野郎2人組がとても格好良かったです。

☆あらすじ☆
冥界の荒事屋とイカれた聖職者の、デス&クライムアクション!
イカしたDJが今回のお話を大紹介ダ!
ミソギ、死者。嫌いなものは聖職者。犯罪亡者をぶっ飛ばし、地獄の閻魔に引き渡す荒事屋にして……シスコン(妹)!
アッシュ、聖職者。嫌いなものは死者。聖なる銃をぶっ放し、死者を殺しまくる某機関の最終兵器にして……シスコン(姉)!!
こんなチョイとオカしな二人が、何の因果か亡者の街『東凶』で、「魂」に効くヤバーいおくすりを大捜索! 聖職者嫌いの死者と死者嫌いの神父が!? ハッ、まったく上手くいく気がしてこないね!
しっかーし! 困ったことにこいつら実力は折り紙付き。おいおい頼むから『東凶』を壊滅させちまったりすんなよ!?
電撃小説大賞《大賞》受賞作家・九岡望が贈る、ダークヒーロー・アクション!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 地獄に祈れ。天に堕ちろ。 /九岡望

シノゴノ言わずに私に甘えていればいーの! /旭蓑雄


シノゴノ言わずに私に甘えていればいーの! (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年10月刊。
完全ストレスフリーで癒やしに特化した甘々ラブコメは良いものですね・・・!
もはや狂気を感じるレベルの社畜と、突然現れてグイグイ甘やかしてくる美少女のお話。
世話焼きヒロインの健気で必死な甘やかしがとても可愛かったです。
でも対する主人公の頭はおかしい。すごく、すごく、おかしい。

☆あらすじ☆
家に帰れば、君がいる。忙しすぎる貴方を癒やす、押しかけ甘々コメディ。
お隣に引っ越してきたシノさんは、なぜだか知らないがワーカホリックな俺の世話を焼こうとしてくる。部屋に押しかけてきては温かくて美味しいごはんの用意、汚れ一つ見逃さない掃除洗濯。あまつさえ、膝枕に添い寝まで……。
「あの、シノさん、そろそろパソコンを返して欲しいんですが」
「家で仕事なんてしちゃ駄〜目。拓務は何もしなくていいの! 私にだらしなく甘えて快楽を貪っていればいいんだから」
とにかく仕事がしたい俺にとっては厄介者でしかなかった。だけど最近、シノさんの待つアパートに帰ることを、どこか楽しみにしている自分もいて……。
仕事がしたい天然社畜と、甘やかしたい彼女の甘々攻防コメディ。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む シノゴノ言わずに私に甘えていればいーの! /旭蓑雄

七つの魔剣が支配する4 /宇野朴人


七つの魔剣が支配するIV (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年10月刊。
恐ろしく闇が深い魔法学校を舞台にしたファンタジー第4弾。
いよいよ今回から二年生編がスタートです。
過酷な1年間を走り抜いた剣花団メンバーの成長を感じつつ、少しずつ変化する彼らの関係から目が離せません。
交流を深め、切磋琢磨し、絆を育んだ先にあるのは、果たして・・・・・・
続きも楽しみです。

☆あらすじ☆
運命の魔剣を巡る魔法バトルファンタジー、待望の第4弾!
新入生の季節を迎えたキンバリー魔法学校。オリバーたちも二年生に進級し、苛烈さを増す授業や日常の中で、魔法使いとしての現実に直面していく。
つかの間の休息を魔法都市ガラテアで過ごすことにした6人。魔法の絨毯に乗り、買い物や名物料理を楽しみ、魔法生物のお店を覗く。そんな穏やかな夕食の席でキンバリーと対立関係にある、フェザーストン魔術学舎の生徒たちと激突することになり──。
さらに、シェラの父であり、ナナオをキンバリーに迎えたセオドールが現れ、ナナオと話がしたいと誘う。この街には「人斬り」が出ると言うセオドールに、真意を測るオリバーだが──。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 七つの魔剣が支配する4 /宇野朴人

七つの魔剣が支配する3 /宇野朴人


七つの魔剣が支配するIII (電撃文庫)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年5月刊。
1年生編クライマックス。
更に深く迷宮に進み入り、魔法使いの業と悲しみを目の当たりにする第3巻でした。
すごく面白かったけれど、すごく辛い。

☆あらすじ☆
運命の魔剣を巡る魔法バトルファンタジー、待望の第3弾!
オフィーリアが魔に呑まれ、ピートがその使い魔に攫われた。キンバリーの地下迷宮に消えた生徒数の多さに、学園内は厳戒態勢が敷かれる。学生統括のゴッドフレイをはじめ、上級生らが奪還に向かうも救出活動は難航していた。
迷宮の深みに潜む魔女を相手に、自分たちに何が出来るのか? 苦悩するオリバーらに、ある人物が取引を持ちかける。それは彼らにとっての光明か、それとも破滅への誘惑か。
目指す場所は地下迷宮の更にその奥。想像を超えた環境と罠、恐るべき合成獣たちが行く手を阻む。果たして彼らはサルヴァドーリの工房にたどり付き、友人を取り返すことができるのか──。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 七つの魔剣が支配する3 /宇野朴人

妖姫ノ夜 月下ニ契リテ幽世ヲ駆ケル /渡瀬草一廊


妖姫ノ夜 月下ニ契リテ幽世ヲ駆ケル (電撃文庫)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年9月刊。
面白かった!
大正×妖怪×○○という伝奇ロマンな新シリーズ。
下宿先の不思議な稼業に関わることになった少年が、妖怪たちのトラブルに巻き込まれていくお話です。
思い込みの激しい蛇のお姫様や細マッチョな女鬼など、登場する妖怪がとにかく個性的で生き生きとしている。
そんな彼らが住む世界は妖しい魅力に満ちていて心がときめきました。
また、主人公の存在感が妖怪に負けないくらい鮮烈。
この少年、本当に何なんだ・・・?と妖怪も動揺するレベルの活躍っぷりが痛快でした。

☆あらすじ☆
妖の姫君と体術無双の少年が織り成す、大正伝奇ロマン!
大正十三年、春。少年、椚雪緒は、上京した先の夜鳴川邸にて美しき白蛇に出会う。
彼女は父である八頭八尾の大蛇、「十六夜」の決めた縁談から逃れるため、妖相手に商売をする「化猫堂」へ助力を求めに来たと云う。
化猫堂の店主、夜鳴川夜霧と猫のミタマ様に連れられて、雪緒は妖達の住まう「常夜之町」へ乗り込むが、そこは人の世の常識が通じぬ異境だった——!
関東大震災後の横浜を舞台に、人と妖の縁を紡ぐ大正伝奇ロマン。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 妖姫ノ夜 月下ニ契リテ幽世ヲ駆ケル /渡瀬草一廊