「電撃文庫」カテゴリーアーカイブ

Fate/strange Fake 1〜4/成田良悟

Fate/strange Fake (1) (電撃文庫)
Fate/strange Fake (1) (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
1巻:2015年1月刊、2巻:2015年5月刊、3巻:2016年5月刊、4巻:2017年4月刊。
ここ最近、(今さらながら)Fateの沼地に片足を突っ込んでるみかこです。こんにちは。
FGOは1章と新宿まで終わり、アニメはstay night、UBW、Zeroを完走。
次は関連ラノベを読んでいくぞ!ということで、アメリカを舞台に「偽の聖杯戦争」が繰り広げられる本作から手をつけることにしました。
本当はZeroの原作小説から読むつもりだったんですけど、私、うっかり金ピカの王様推しになってしまって・・・・・・王様表紙のFakeを読まずにいられなかった・・・・・・
しかも1巻表紙が王様と親友のツーショットとか!もう!もう!表紙だけで超エモい!!
序盤から王様節が炸裂してるし、彼との再会は期待通りだし、話が進むにつれてどんどん混沌と化す群像劇は面白いし、なにこのシリーズ超楽しいんですけど・・・!

☆あらすじ☆
あらゆる願いを叶える願望機「聖杯」を求め、魔術師たちが英霊を召喚して競い合う争奪戦──聖杯戦争。
日本の地で行われた第五次聖杯戦争の終結から数年、米国西部スノーフィールドの地において次なる戦いが顕現する。
──それは偽りだらけの聖杯戦争。偽りの台座に集まった魔術師と英霊達。
これが偽りの聖杯戦争であると知りながら── 彼らはそれでも、台座の上で踊り続ける。
真偽などは彼岸の彼方。聖杯ではなく── 他でもない、彼ら自身の信念を通すために。
そしてその時、器に満ちるのは偽りか、真実か、それとも──。
成田良悟と奈須きのこがタッグを組み、イラスト・森井しづきが彩る『Fate』の新プロジェクトが遂に本格始動!!

以下、1巻から4巻までのネタバレあり感想です。

続きを読む Fate/strange Fake 1〜4/成田良悟

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?15/聴猫芝居

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.15 (電撃文庫)
ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.15 (電撃文庫)【Amazon】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年10月刊。
修学旅行を楽しむぞー!な第15巻。
相変わらずどころか、いつも以上に糖度がぶっこまれていて死にそうでした。ルシアコ尊い。

☆あらすじ☆
残念美少女・アコたちネトゲ部(二年生組)に修学旅行の季節がやってきた!そこで英騎が抱いた野望は―「修学旅行でアコとファーストキスをしたい!」…あれ?こないだやらなかった?こないだのはノーカン!最高のキスでアコのファーストキスの想い出を上書きしてやる!そんな修学旅行に襲いかかるのは期間限定の周回クエスト。旅行中にこっそりネトゲをするための条件は『修学旅行を最高に楽しむ』こと!?真のファーストキス達成へ向けて、ネトゲとリアルを同時クリアするための挑戦が始まる…!残念で楽しい日常≒ネトゲライフ、大願成就!?の第15弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?15/聴猫芝居

幼馴染の山吹さん/道草よもぎ

幼馴染の山吹さん (電撃文庫)
幼馴染の山吹さん (電撃文庫)

評価:★★★☆☆
2017年10月刊。
かわいかったー!
幼馴染の山吹さんにかかった呪いを解くため、青春ミッションに挑むことになった主人公。
疎遠になった幼馴染のふたりがトラブルを乗り越えながら過去のすれ違いを解消する話なのだけど、もはやバカップルしすぎてニヤニヤしてしまいました。

☆あらすじ☆
「ねぇ、あかりちゃん。ぼく、やくそくするよ」
それは幼い頃に幼馴染の山吹灯里と交わした約束。けれども、今ではきっと青葉喜一郎しか覚えていない約束。それから時は流れ、二人は次第に疎遠となり気付けば高校生になっていた。地味な喜一郎とは違い、すっかり誰もが認める美人になった灯里だったが―
『今から貴様は呪いを受ける』
突然ふりかかった“青春の呪い”によって、彼女の存在は徐々に消えていき!?呪いを解くためには二人で数々の青春=試練をこなすこと!?
再び動き出した二人の時間。一度しかない高校生活を、少年少女が全力で駆ける青春ラブコメディ。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 幼馴染の山吹さん/道草よもぎ

リア充にもオタクにもなれない俺の青春/弘前龍

リア充にもオタクにもなれない俺の青春 (電撃文庫)
リア充にもオタクにもなれない俺の青春 (電撃文庫)

評価:★★★☆☆
2017年9月刊。
最初はスクールカーストものかな?と思ったのだけど、読んでみると少し違う雰囲気。
どんな集団にも存在する同調圧力の苦しみ。その居心地の悪さに共感してしまう青春小説でした。
軽快なテンポで話が進むのでサクサク読めるし、ヒロインは魅力的。
好きなものに泣けるほどの愛を注ぐオタク女子は可愛いし、自分とは違う価値観を否定せずに受け入れてくれる優しいギャルは天使級に素晴らしい。
・・・・・・なのだけど、主人公だけはどうにも苦手でした。

☆あらすじ☆
リア充は読むな、オタクも読むな。これは俺たちの青春だ!
一奈々子。オタク女子。3ヶ月ごとに「嫁」が変わるタイプの絵師。おどおど小動物系の美少女。口には出さないけど、俺は密かに≪イナゴさん≫と呼んでいる。
上井恵久。リア充女子。カラオケでタンバリン叩いてた人。いつもいい匂いがするクール系の美少女。こっちも口には出さないけど、俺は密かに≪ウェーイさん≫と呼んでいる。
クラスこそ一緒だけど、イナゴさんも、ウェーイさんも、俺とは別世界の住人だ。リア充でもオタクでもない俺は、きっと深いかかわりを持つことなく終わるんだろう。
……そう思っていた。
あの夜、あの公園で、あんな秘密を知ってしまうまでは。
2017年、オタクがメジャーになりすぎた時代。何にもなれない「俺」たちに贈る、新・青春ラノベ開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む リア充にもオタクにもなれない俺の青春/弘前龍

賭博師は祈らない2/周藤蓮

賭博師は祈らない(2) (電撃文庫)
賭博師は祈らない(2) (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年8月刊。
18世紀末イギリスを舞台に、賭博師の青年と奴隷の少女の旅を描いた物語第2弾。
ラザルスとリーラの不器用だけど愛しくなる関係性は相変わらず素敵だったし、ギャンブルに挑むラザルスのビリビリとした緊迫感も前巻同様に胸が熱くなりました〜
そしてやっぱり18世紀末イギリスの世界観を丁寧に描写しているところが好き。背景がしっかりしているから人間ドラマにも深みと安定を感じるんでしょうねー。素晴らしい!

☆あらすじ☆
第23回電撃小説大賞《金賞》受賞作、待望の第2巻!
賭博師と奴隷の少女、二人を待ち受ける障害とは――。
奴隷の少女リーラの救出劇から一週間。賭場を負かし一人の女を守った代償はしかし大きかった。「負けない、勝たない」をモットーにしていたラザルスは賭場に出向くこともできなくなり、帝都を旅立つことを決める。それは、少しずつ心を開き始めたリーラを連れての道楽旅行になるはずだったが……。「ねえ、ラザルス。私と結婚しましょ?」 道中立ち寄った村でラザルスを待ち受けていたのは、さる事情で窮地にある地主の娘エディスからの突然の求婚だった。一方、リーラは二人のやりとりを覗いてしまい、自分はラザルスにとって不要なのではないかと想い悩み始める。「奴隷」である彼女が出した結論とは――。少女たちの想いを受け、やがてラザルスは危険なギャンブルに打って出る。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 賭博師は祈らない2/周藤蓮

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?14/聴猫芝居

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.14 (電撃文庫)
ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.14 (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年6月刊。
アコがルシアン母と顔合わせ!という第14巻。
両家顔合わせ済みとか、本当に外堀が完全に埋められている・・・・・・そしてルシアンが割とそれを普通に受け入れているのが正気に戻ってwwと思ってしまうのですがwww
ああ、もう、ほんとに、この夫婦好き・・・!

☆あらすじ☆
お義母さんとの面接を突破せよ! 死角ですか?全部です。残念で楽しい日常だいたいネトゲライフ、第14弾!
ついに知られてしまいました。残念美少女・アコの存在が――よりにもよって、英騎のお母さんに! そして案の定「今度連れてきなさいな」と言われてしまった英騎。我が家の全権を掌握するお母さんを前に、ただの高校生である英騎はあまりにも無力だった。なんとかアコをまともな彼女に偽装するために特訓を始めるネトゲ部だったが、ハードルはあまりに高く険しくて……果たしてアコはお義母さん面接を乗り越えられるのか? それともやっぱり危ない子だと思われてしまうのか。カンペ片手に繰り広げられる面談の合否はいかに? アレイキャッツ結成二周年記念オフ会だって結婚記念日だってあるのに、どうなっちゃうの? な日常だいたいイコールネトゲライフ、三者面談の第14弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?14/聴猫芝居

ソードアート・オンライン1〜8/川原礫

ソードアート・オンライン〈1〉アインクラッド (電撃文庫)
ソードアート・オンライン〈1〉アインクラッド (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

総評:★★★★☆
実は去年の夏くらいから読み進めていたSAO。
なぜか1冊読むと疲れてしまって読了ペースが遅いのだけど、すごく面白いです。
VRMMOにおける主人公キリトの奮闘が楽しい。そして話が進むにつれて、フルダイブ型VR技術の可能性が掘り下げられSF色が強まるところにもとてもワクワクします。
特に「マザーズ・ロザリオ」編が印象的で、あの巻はぼろっぼろに泣きました。

☆1巻あらすじ☆
「これは、ゲームであっても遊びではない」
クリアするまで脱出不可能、ゲームオーバーは本当の“死”を意味する──。謎の次世代MMO『ソードアート・オンライン(SAO)』の“真実”を知らずログインした約一万人のユーザーと共に、その過酷なデスバトルは幕を開けた。 SAOに参加した一人である主人公・キリトは、いち早くこのMMOの“真実”を受け入れる。そして、ゲームの舞台となる巨大浮遊城『アインクラッド』で、パーティを組まないソロプレイヤーとして頭角をあらわしていった。 クリア条件である最上階層到達を目指し、熾烈な冒険(クエスト)を単独で続けるキリトだったが、レイピアの名手・女流剣士アスナの強引な誘いによって彼女とコンビを組むことになってしまう。その出会いは、キリトに運命とも呼べる契機をもたらし……。果たして、キリトはこのゲームから抜け出すことができるのか。 第15回電撃小説大賞<大賞>受賞作『アクセル・ワールド』の著者・川原礫!

以下、各巻のメモ的な感想です。

続きを読む ソードアート・オンライン1〜8/川原礫

ゼロから始める魔法の書9 ゼロの傭兵(上)/虎走かける

ゼロから始める魔法の書IX -ゼロの傭兵〈上〉- (電撃文庫)
ゼロから始める魔法の書IX -ゼロの傭兵〈上〉- (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年4月刊。
美貌の魔女と獣の傭兵の旅を描く王道ダークファンタジー第10弾。
ついに目的地に到着!
・・・・・・のはずが、なんだかプロローグが不穏。そしてラストの衝撃。
ああ、なんという展開に・・・!

☆あらすじ☆
救うべき“代行様”に関する真実とは!? 北の大地にたどり着いたゼロと傭兵に衝撃の展開が待ち受ける!
〈禁書館〉で下した悪魔“万里を掌握せし千眼の哨”の力で道の先を警戒し、北のノックス大聖堂へとたどり着いたゼロと教会騎士団一行。悪魔と天才魔女のおかげで行軍は順調に進み、隊長のジェマをはじめ、騎士団のゼロたちへの意識は変わりつつあった。ノックス大聖堂の主教様へのお目通りにジェマが向かう間、傭兵たちは混乱を招かぬよう街の外で待機することに。しかし、血相を変えて戻ってきたジェマが告げたのは、救うべき“代行様”に関する真実だった。一方ゼロは、教会騎士団を無事送り届け任務が完了したことで、改めて師匠の元へと向かおうとしていた。既に居場所も把握しており出発しようとすると、思いがけず、主教と面会の機会が設けられる。それを快く思わない近衛騎士隊長のオルルクスは、なにやら不穏な動きを見せるのだが……。つかの間の平穏を楽しむ傭兵に、魔女であることを思い悩むゼロが告げたのは──。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ゼロから始める魔法の書9 ゼロの傭兵(上)/虎走かける

俺を好きなのはお前だけかよ5/駱駝

俺を好きなのはお前だけかよ(5) (電撃文庫)
俺を好きなのはお前だけかよ(5) (電撃文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年4月刊。
前巻から続く上下巻構成の下巻にして、一学期編完結巻。
ずっとサンちゃんのターン!

☆あらすじ☆
「俺は、すべてのラブコメを過去にする」
最強の敵・ホースは、俺を圧倒する完全上位互換キャラ。
「勝負に負けた方は、二度と三色院菫子に近づかない」
舞台は因縁のあの場所・高校野球地区大会決勝戦へと移り、俺達は『決選投票』という名のパンジー争奪戦に挑む。──どちらが、パンジーの傍にいるのに相応しいか。普通なら勝てるわけねぇ。なぜなら奴は全てが万能で、その完璧さゆえにパンジーを『呪い』で蝕むチート主人公。だから今回も、俺は『作戦』を考えた。当然、とびっきり卑怯なヤツだ。作戦はこう。ひまわり、コスモス、あすなろの手から逃れ、ホース取り巻きの女を説得して『清き一票』を奪う。誰も味方がいねぇ最難関ミッションだが、やるしかね──んだが、最悪にも俺は最も頼れる親友と決別しちまった。サンちゃん、元気が出ねぇよ。俺、この勝負勝てるかな……。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 俺を好きなのはお前だけかよ5/駱駝

読者と主人公と二人のこれから/岬鷺宮

読者と主人公と二人のこれから (電撃文庫)
読者と主人公と二人のこれから (電撃文庫)

評価:★★★★☆
2017年4月刊。
とても甘酸っぱい青春恋愛小説。すごく好みな作品でした!
大切な小説の中から抜け出てきたような少女に出会った主人公。
他者との関わりが苦手な彼は「好きな小説の主人公」としてよく知っている彼女にどんどん惹かれていくことになるのです。
1冊の小説を介して繋がるコミュ下手な二人の一進一退な恋と成長を描いた素敵な物語だと思います。面白かった!

☆あらすじ☆
この物語さえあれば、他に何もいらない。この小説『十四歳』と、その中に確かに息づく主人公、トキコがいれば―。だが、彼女は俺の前に現れた。灰色の毎日の始まりになるはずだった、新学年のホームルーム。黒板の前に立った彼女こそは、俺が手にした物語の中にいたはずの「トキコ」だった。物語の中にいる「トキコ」と、目の前にいる「柊時子」のあいだで、奇妙に絡まってゆく想い。出会うはずがなかった読者と主人公の物語。その結末に、あるものは―。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 読者と主人公と二人のこれから/岬鷺宮