「電撃文庫」カテゴリーアーカイブ

七つの魔剣が支配する/宇野朴人

七つの魔剣が支配する (電撃文庫)
七つの魔剣が支配する (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年9月刊。
面白かったー!
「天鏡のアルデラミン」の宇野朴人さんの最新作は魔法学園ファンタジー。
底知れない闇が広がる魔法学校を舞台に、新入生たちは緊張感に満ちた学園生活をスタートさせるのです。
剣と魔法を駆使した派手なアクションも見どころ。
少女と少年が斬り結ぶ表紙のインパクトがすごいけれど、仲間たちの友情と共闘にも胸が熱くなる作品でした。
もはや期待しかない新シリーズ。次巻もとても楽しみです。

☆あらすじ☆
春――。名門キンバリー魔法学校に、今年も新入生がやってくる。
黒いローブを身に纏い、腰に白杖と杖剣を一振りずつ。胸には誇りと使命を秘めて。
魔法使いの卵たちを迎えるのは、満開の桜と魔法生物のパレード。
喧噪の中、周囲の新入生たちと交誼を結ぶオリバーは、一人の少女に目を留める。
腰に日本刀を提げたサムライ少女、ナナオ。
二人の魔剣を巡る物語が、今始まる──。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 七つの魔剣が支配する/宇野朴人

ゴスロリ卓球/蒼山サグ

ゴスロリ卓球 (電撃文庫)
ゴスロリ卓球 (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年9月刊。

「なんで卓球で、なんでゴスロリなんですか。なんで混ぜたんですか、それを」
「美しいから。他に理由はいらぬ」

巨額の金が動く闇卓球の世界に身を投じた幼馴染み。彼女を助けるため、主人公は自らも裏の世界に足を踏み込んでいくのです。
幼馴染みのバディものとして楽しい作品。
スポ根的な熱さではなく、ギャンブル的なヒリヒリとした駆け引きと緊張感を味わう物語だと思います。あとラブコメ。ラブコメがとても良い。
シリーズ化を予定しているとのことなので、続きも楽しみです。

☆あらすじ☆
蒼山サグが贈る新境地! 金と人生を賭けたスポーツは、果てしなく麗しい。
卓球部のエースで幼馴染みの斎木羽麗が失踪した。父親の抱える8000万の借金返済のため、金持ちが主催する裏賭場で戦うというのだ。
その賭博は、ゴスロリ服を身に纏った少女たちの勝敗に途方もない金額を賭けて行われる“闇卓球”。
羽麗を捜し、彼女の許へとたどり着いた坂井修は、幼馴染みを借金地獄から救済するため、共に命賭けの無謀なギャンブルに挑む――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ゴスロリ卓球/蒼山サグ

錆喰いビスコ2 血迫!超仙力ケルシンハ/瘤久保慎司

錆喰いビスコ2 血迫!超仙力ケルシンハ (電撃文庫)
錆喰いビスコ2 血迫!超仙力ケルシンハ (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年8月刊。
錆に覆われた世界で、どんな時にも錆びつかない強い心を持つ相棒の戦いを描くシリーズ第2弾。
1巻に負けず劣らず面白くて、迫力があって、心を鷲掴みにするシーンが盛りだくさんでした。ひとつひとつのセリフが痺れるくらい格好いいんだよなぁ。
ビスコとミロの絆は留まるところを知らず、初めましてのキャラもお馴染みのキャラも皆そろって個性の強さが最高でした。
今後の展開が気になる話も出てきたことだし、続きも楽しみです!

☆あらすじ☆
《錆喰い》由来の特殊体質を治すべく、大宗教国家・島根を訪れたビスコたち。
しかし――そんな一行の前に野望の不死僧正・ケルシンハが立ちはだかる。不意打ちで胃を盗まれたビスコの余命は、僅か――五日!?
暴走した《錆喰い》体質で心臓にキノコが咲けば即アウト!
相棒・ミロとともに様々な宗教ひしめく島根の中枢《出雲六塔》に潜入した彼らは、はたして無事、元の身体を取り戻せるのか。そしてかつて立った頂点奪還を目論むケルシンハの暴虐に、相棒の絆は打ち勝てるのか――!?
熱い絆で射貫く怒涛の冒険譚、再び!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 錆喰いビスコ2 血迫!超仙力ケルシンハ/瘤久保慎司

アルビレオ・スクランブル/宇枝聖

アルビレオ・スクランブル (電撃文庫)
アルビレオ・スクランブル (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年7月刊。
「極限生物」と呼ばれる謎の敵と戦う近未来ロボットラノベ。
場面転換や視点切り替えの多さが個人的にネックとなり、少し読みづらく感じました。
教官モノとしてもロボものとしても、いまいち欲しい描写が足りない印象。
でもキャラと物語そのものは好みでした。
作中でスッと差し込まれるカップルのイチャラブパートが非常に美味しかったですし。
この巻は物語の方向性が掴めず難儀したけれど、ラストの展開的に次巻はもっと楽しく読めそうな気がします。というわけでシリーズ化希望!

☆あらすじ☆
そうして世界は救われた。
だが友よ、君の戦いはまだ、終わっていない――。
人類とは相容れぬ極限環境に生じた、現生生物全ての天敵=「極限生物」との「戦役」を脱した世界。人類の英雄たる元・少年パイロット、若松疾風は……戦後あっさり引退して、人類復興本部食堂付き料理人に収まっていた。
乗り越え切れぬ傷を抱え、それでも笑顔を取り戻した彼を、しかし世界は放ってはおかない。再来する新種の「極限生物」。新たな才能を示す、まだポンコツのパイロット候補生たち。そして何より、彼の引退を笑って見送り、最前線で戦い続ける愛すべき人。すべての状況が、彼の帰還を、待っている。
傷を抱えた英雄がそれでも立ち上がるとき、全ての戦況は覆る――!?
伝説の続きが、始まる。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む アルビレオ・スクランブル/宇枝聖

不死者と暗殺者のデスゲーム制作活動/麻宮楓

不死者と暗殺者のデスゲーム製作活動 (電撃文庫)
不死者と暗殺者のデスゲーム製作活動 (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年7月刊。
死なない身体をもった少年と殺人衝動を抱えた少女の奇妙な日常を描いた物語。
デスゲーム要素は期待から外れてしまったけれど、ボーイ・ミーツ・ガールな青春小説としては悪くない作品でした。
綺麗に終わっているから読み切りかな?

☆あらすじ☆
臥宮生斗は、三年前に結んだ『契約』の代償として何度も死のリセットを繰り返し不死身の身体を持つ、平凡な高校生。
いつもと変わらぬ放課後、その子は突然現れた。
「彩夢咲レオナです。わたしのために、死んでくれますか?」
両親を早くに亡くし、幼いながらも暗殺を生業とした一族の当主となったその少女は、先祖の代から続く『呪い』によって日常生活に支障が出るほどの殺人衝動に悩まされており「不死身」の生斗に依頼をしたらしいのだが――!?
『契約』によって数奇な運命を辿る二人の、殺し殺され合う禁断のデスゲームラブコメ!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 不死者と暗殺者のデスゲーム制作活動/麻宮楓

賭博師は祈らない4/周藤蓮

賭博師は祈らない(4) (電撃文庫)
賭博師は祈らない(4) (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2018年6月刊。
賭博師ラザルス・カインドに大きな転換点が訪れる第4巻。
築いてきたものが足元から崩れていくような喪失感と、その先に生まれる新しい何か。
そこを覆すのか!という驚きと興奮で胸がいっぱいです。今までの全てはこのためにあった・・・!
最高に盛り上がってきた物語は次巻で完結とのこと。
今回の予想外すぎるラストから、一体どんな結末を見せてくれるのか楽しみです。

☆あらすじ☆
バースでの長逗留を終え、ようやくロンドンに帰還したラザルス。リーラは徐々に感情豊かになり、観光がてらついてきたエディス達との交流も続く。賭場の馴染みからは、そんな関係を冷やかされる始末。ラザルスは賭博師として日銭を稼ぐいつもの生活へと回帰していく。
だが幸福そうに見えるラザルスの心を陰らせるひとつの懸念――。リーラという守るべき大切なものを得たが故に、彼の賭博師としての冷徹さには確実に鈍りが生じていた。裏社会の大物や警察組織にも目を付けられつつも、毎日を凌いでいたラザルスだったが……。
そしてかつての恋人である賭博師・フランセスとの因縁が、ラザルスに決定的な破滅をもたらすことになる。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 賭博師は祈らない4/周藤蓮

ネトゲの嫁が女の子じゃないと思った?17/聴猫芝居

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.17 (電撃文庫)
ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.17 (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2度めの文化祭回!
同時に瀬川回です。
最近ルシアコ回が多かったから他のメンバーの話が中心になるのって久しぶりなような?
瀬川はやっぱり良いオトコ・・・豚・・・オンナだなって!

☆あらすじ☆
残念で楽しい日常ほぼ=ネトゲライフ、シューちゃんカラ回りの第17弾!
業の深いオタク、瀬川茜が最も怖れるもの、それは――オタバレ。あれ? シューちゃんがゲームするのなんかみんな知ってるよ? とは言えない残念美少女・アコたちは、彼女のリア充大作戦に協力することに……!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ネトゲの嫁が女の子じゃないと思った?17/聴猫芝居

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?16/聴猫芝居

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.16 (電撃文庫)
ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.16 (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年2月刊。
安心と信頼の糖分保証ラノベ第16弾。
なんとか新刊発売前に読めました。
夫婦の愛が次の次元に入ったような・・・・・・安定のような・・・・・・とりあえず幸せ!

☆あらすじ☆
夏休み、妹が海賊になった―。
…何を言っているかわからないと思いますが、もちろんネトゲの話です。修学旅行中の頑張りもあって、夢の飛行船を手に入れられたネトゲ部一同。この夏は遊びつくすぞ―と思ったところで、真面目な新生徒会長・高石さんからついに新入部員獲得を厳命されてしまう!正しすぎる注意にぐうの音も出ないアコたちは、唯一の希望、双葉みかんを勧誘するが…なぜか彼女は端姫ともども海賊になっていて!?新入部員獲得のために。後輩に先輩の威厳を、義妹に義姉の威厳を見せつけるために。
真夏の艦隊決戦が始まる!残念で楽しい日常≒ネトゲライフ、ネトゲ全振りの第16弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?16/聴猫芝居

賭博師は祈らない3/周藤蓮

賭博師は祈らない(3) (電撃文庫)
賭博師は祈らない(3) (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年1月刊。
不器用な賭博師と奴隷の少女の旅を描いたシリーズの第3弾。
2巻で寄り道してしまったけれど、当初の目的地にようやく到着。
そこで待っていたのはやはりトラブルだったわけだけど、今回もヒリついた駆け引きが読み応え抜群でした。
そして、期待以上にラザルスとリーラの関係の掘り下げ方が素晴らしい・・・!

☆あらすじ☆
ノーマンズランドでの負傷も癒え、ようやく当初の目的地バースにやってきたラザルスとリーラ。
村から付いてきたエディスとフィリーも道連れに、気儘で怠惰な観光を洒落込むつもりだったが、一つ誤算があった。
温泉とギャンブルが名物のこの街で目下勃発しているのは、賭博を司る儀典長と副儀典長による熾烈な権力争い。
バースへの道中で出会った知人からは忠告を受けるも、時既に遅し。
温泉から宿に戻ってみると、部屋には荒らされた形跡。そして一人横たわる血まみれの少女。
面倒事の匂いに辟易としながらもラザルスは彼女を保護する。
それは、陰謀張り巡らされるバースでの長い戦いの幕開けであった。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 賭博師は祈らない3/周藤蓮

スカートのなかのひみつ。/宮入裕昂

スカートのなかのひみつ。 (電撃文庫)
スカートのなかのひみつ。 (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★★
2018年5月刊。
面白かったー!
「風がスカートをめくったあの瞬間、すべてが始まった。」
男の娘と巨漢のコラボレーションから始まるパワフル系青春群像劇です。
男の娘が「世界一の女装アイドル」を目指したり、三人娘が「時価8000万円のタイヤ」を盗み出そうとしたり、巨漢が恋煩いでおいおい泣いたりと、なかなかにカオスな物語。
しかしエネルギッシュで純粋一途な少年少女の青春に圧倒されるばかりでした・・・!

男の娘たちが女装にかける真摯な想いが素敵。
希望を絶たれた少女が再起する姿には胸が熱くなる。
そして何より八坂幸喜真という男の破天荒さが楽しすぎて!

是非、是非、この八坂という男のことを知ってほしい。
彼の言葉を聞いてほしい。
彼の不器用な恋の結末を見届けてほしい。

特に終盤が最高なんです。
爽やかな疾走感に背中を押され、休む間もなく一気読みでした。
彼らの青春にたくさんの元気をもらった気分。大満足です!

☆あらすじ☆
男の娘も、女の子も、そこにはひみつを隠している――。
「面白いものが面白いものを呼ぶんだ。考え方一つで世界が変わる」
高校で同じクラスの八坂幸喜真は、その名の通り“好奇心”に足が生えたような男だ。
謎の棒、植木鉢、そしてボレロ。アイツの行動はいつも何がなんだかサッパリ。
でもそんな“八坂らしさ”が起こすある奇跡のことを、その時の僕らはまだ知らなかった。
「天野、俺たちは飛べるんだ。希望があれば俺たちはどこまでも飛べる!」
世界一の女装アイドル、赤いラインカーの美少女、そして時価八千万円の……タイヤ??
足下を吹き抜ける“蛇の息”が僕(わたし)と私のひみつをさらけ出した時、八坂と“あの子”の愛の物語が幕を開ける――。
第24回電撃小説大賞≪最終選考作≫よりお届けする、初夏薫る疾風青春グラフィティ!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む スカートのなかのひみつ。/宮入裕昂