「集英社コバルト文庫」カテゴリーアーカイブ

現代日本と異世界で繰り広げられる貴種流離譚── 『影の王国』シリーズ /榎木洋子

影の王国 ピジョン・ブラッド【電子版限定・書き下ろしつき】 (集英社コバルト文庫)

評価:★★★★★

『影の王国』シリーズは、1997年から2002年までコバルト文庫から刊行されていた現代ファンタジーです。

亡き母の戒めを破り「赤い月」を見てしまった女子高生・瞳。
その日から人ならざるものが見えるようになった彼女は、地味なクラスメイト・渡会月哉が影の中で麗しく変貌することを知り、やがて「月の影の王国」という異世界の存在を知ることになります。

そこは自らの血をひく王子を生贄とし、巨大な力を維持する「月の王」が支配する世界。

父に殺されるか、父を殺すか。
そんな血なまぐさい王位継承争いを繰り返す月の王家に生まれ、生贄に選ばれながらも地上へ逃げのびた月哉。
追っ手から逃げる月哉に関わるうちに秘められた巫女の力を覚醒させ、隠されてきた真実をその目で見通す瞳。

物語は、学園ジュブナイルホラーな第一部、貴種流離譚の本題に突入する第二部、すべての謎が解き明かされる第三部という形で、中だるみすることなく一気に駆け抜けていきます。
複雑な伏線を幾重にも編み込みながら、様々な思惑と想いを抱えた人々のドラマが胸を打つストーリーとなっています。

はじめて私が読んだ頃はすでに完結済みだったこともあり、全14巻をズラっとならべ、夢中になって一気に読破したことを覚えています。
しかし最近は内容をすっかり忘れてしまっていて、面白かったことは感覚として覚えているのに「どんな風に面白かったのか」を全く思い出せない状態でした。
それが無性に悔しく感じられたので初読み気分で「影の王国」を再読。これがもうめちゃくちゃ楽しかった。
こんなに読み応えある壮大な話だったのかぁ。惚れ直してしまいました。

そして再読した今だからこそ自信をもって言えます。

 

『影の王国』は面白いよ!!

 

☆あらすじ☆
学校の帰りに、赤い月を見た翌日から、瞳の生活は一変した。全然目立たなかった同級生月哉が、存在感のある人に思えてきたのだ。それだけではない。道端に生える蔦、向かいの住人の不気味な影など、他の人には見えない変な物が、見えるようになった。最近ペットが次々にいなくなる怪事件と、何か関係があるのだろうか。月哉は何かを知っているらしいが…。ホラー・ファンタジーの登場!
電子版限定書き下ろしSS「赤い鳥」収録!

以下、シリーズ全体のネタバレありで雑に色々と感想を。

 

続きを読む 現代日本と異世界で繰り広げられる貴種流離譚── 『影の王国』シリーズ /榎木洋子

男装令嬢のクローゼット 白雪の貸衣装屋と「薔薇」が禁句の伯爵さま。/仲村つばき

男装令嬢のクローゼット 白雪の貸衣装屋と、「薔薇」が禁句の伯爵さま。 (コバルト文庫)
男装令嬢のクローゼット 白雪の貸衣装屋と、「薔薇」が禁句の伯爵さま。 (コバルト文庫)

評価:★★★☆☆
2018年9月刊。
元男爵令嬢の貸衣装屋と、熱血おバカ俺様伯爵のラブコメディ。
盗まれた美術品を探すため、返送して盗人の足取りを追う二人をコミカルに描いた作品です。
一部のキャラを動かしきれていないように感じたり、少し盛り上がりに欠ける点が惜しかったけれど、主役カップルの恋は微笑ましくて可愛いものでした。

☆あらすじ☆
貸衣装屋を営むネージュは、没落した男爵家の元令嬢。ある日、ネージュの店に伯爵家の次期当主・ローズが逃げ込んできた。ならず者に追われていたローズをかくまったネージュは、彼に気に入られる。が、ローズはたまたま少年の服を着ていたネージュを男だと勘違いしてしまった。少年のふりをしたまま、伯爵家から盗まれた先代当主の遺品を探すため、二人は闇のオークションに潜入するが…!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 男装令嬢のクローゼット 白雪の貸衣装屋と「薔薇」が禁句の伯爵さま。/仲村つばき

いきおくれ姫の選択 未婚の魔女にも明日はくる/彩本和希

いきおくれ姫の選択 未婚の魔女にも明日はくる (コバルト文庫)
いきおくれ姫の選択 未婚の魔女にも明日はくる (コバルト文庫)

評価:★★★☆☆
2018年9月刊。
女性は18歳までに結婚し、子供を産まなければ「魔女」として蔑まれる運命にある社会で、自ら魔女となる道を選んだ伯爵令嬢の物語。
社会によって差別され、それを当然のものとして不遇に甘んじる魔女たち。
そんな魔女となった主人公の意識変革の物語として、テーマがはっきりしているぶん読み応えのある作品でした。
結構な胸クソ具合ですが、主人公とヒーローの恋は優しさに満ちていて素敵だったと思います。
ただ、随所で引っかかる部分があって、そのへんで私の趣味ではなかったかな・・・・・・

☆あらすじ☆
18歳までに結婚できなかった女は「魔女」と呼ばれ、差別されるフェルティリア王国。実際、この国の女は生まれながらに魔力を宿しており、未婚の女は18歳を境にその力が飛躍的に発達するのだ。伯爵令嬢でありながら、特徴的な容姿と不器用な性格のせいで、結婚相手を見つけられなかったサナティア。自分の魔力が治癒と回復に秀でていることを知ると、ある場所で修行を積むことに決めて…!?

以下、ネタバレありの感想です。
この物語に対する複雑な気持ちを持て余した結果、感想がネガティブになってしまいました。ご注意ください。

続きを読む いきおくれ姫の選択 未婚の魔女にも明日はくる/彩本和希

今日も魔女を憎めない 思惑だらけのロイヤルウェディング/時本紗羽

今日も魔女を憎めない 思惑だらけのロイヤルウェディング (コバルト文庫)
今日も魔女を憎めない 思惑だらけのロイヤルウェディング (コバルト文庫)

評価:★★★★☆
2018年9月刊。
18歳の姿をした不老不死の魔女。その夫となり18歳のまま成長を止めた国王。
そして国王の娘である18歳の王女。
これは「魔女に支配されている」と噂される小国の王室の物語です。
まさに御伽噺的なファンタジーであり、どうしようもなく切ない恋と愛の物語でもある本作。
色々と荒削りな部分を感じつつ、でも私はこういう話が大好きだから少女小説を読み続けてるんだよなぁ・・・と改めて思いました。

☆あらすじ☆
小国エスティードには魔女がいる。名はシエラ。18歳の少女の外見をした恐ろしい魔女。国王は恐れをなして魔女を王子の妻とした。魔女が夫となった王子ゼロサムを呪いで自分と同じ不老不死の体にしたため、ゼロサムは国王となった今でも18歳の姿のまま。そして月日が経ち、他国の第三王子フランシスがゼロサムとシエラの会話を聴いてしまったことにより、王室の秘密が明かされてゆき…?

以下、ネタバレありの感想です。
ネタバレを踏まずに読んだほうが楽しめる作品なので、要注意で。

続きを読む 今日も魔女を憎めない 思惑だらけのロイヤルウェディング/時本紗羽

招かれざる小夜啼鳥は死を呼ぶ花嫁 ガーランド王国秘話/久賀理世

招かれざる小夜啼鳥は死を呼ぶ花嫁 ガーランド王国秘話 (コバルト文庫)
招かれざる小夜啼鳥は死を呼ぶ花嫁 ガーランド王国秘話 (コバルト文庫)

評価:★★★★☆
2018年8月刊。
とても面白かった!
「英国マザーグース物語」の久賀理世さんの新作は、中世西洋風世界を舞台にした宮廷ミステリー。
不穏なジンクスを背負う〈小夜啼鳥〉の王女が宮廷に舞い戻ったことから始まる、陰湿で謎めいた事件の真相を解き明かす物語です。

宮廷で今、何が起こっているのか。誰がどんな思惑をもって動いているのか。
そして、諦めることに慣れ、望むことに慣れない王女の恋の行方はどうなるのか。

推理小説としても、淡い想いが花開いていく姿を描いた恋愛小説としても良作だと思います。
1冊で綺麗に話がまとまっていて、とても満足できる少女小説でした。続編希望!

☆あらすじ☆
先王の遺児として、寂れた古城で、穏やかな幽閉生活を送っていたエレアノール。だがある時、第二王子ダリウスの妃候補として、急遽、王宮に召されることになる。昨今、王家との縁戚関係を望む宮廷貴族たちの争いが激化しており、その動きを牽制するため、彼女に白羽の矢がたったのだ。十年ぶりに帰還することになったエレアノールに宮廷中の注目が集まる中、事件が―。華麗な陰謀劇の幕が開く!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 招かれざる小夜啼鳥は死を呼ぶ花嫁 ガーランド王国秘話/久賀理世

後宮瑞華伝 戦戦恐恐たる花嫁の謎まとう吉祥文様/はるおかりの

後宮瑞華伝 戦戦恐恐たる花嫁の謎まとう吉祥文様 (コバルト文庫)
後宮瑞華伝 戦戦恐恐たる花嫁の謎まとう吉祥文様 (コバルト文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年6月刊。
後宮を舞台に、毎回テーマを変えながら謎と愛憎と陰謀が描かれる中華FTシリーズの最新作。
今回は「吉祥文様」を愛する妃嬪と傀儡皇帝の恋の物語です。
皇帝カップルは皇太子時代のものを含めると3組めになるのかな。「後宮で恋をすることの苦しみ」を当事者視点で描かれると本当にきっついですね・・・・・・
読み応えがあって面白かったけれど、ハーレムへの苦手意識を再確認。こればかりは好みの問題だからなぁ。

☆あらすじ☆
冷遇されていた皇子、高垂峰は悲願の玉座にのぼった。しかし実際には太上皇の傀儡で、名ばかり皇帝に甘んじる日々。競って媚びを売る後宮の美女たちにも全く興味を持てずにいた。風変わりな妃嬪・危夕麗を知るまでは。吉祥文様を愛する生き生きとした勝気な瞳に、垂峰はなぜか目を奪われてしまう。哀しき亡霊たちが彷徨う絢爛豪華な宮中で、恋を信じられない二人はやがて互いに惹かれ合い!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 後宮瑞華伝 戦戦恐恐たる花嫁の謎まとう吉祥文様/はるおかりの

薬草令嬢ともふもふの旦那様/江本マシメサ

薬草令嬢ともふもふの旦那様 (コバルト文庫 え 3-1)
薬草令嬢ともふもふの旦那様 (コバルト文庫 え 3-1)

評価:★★★☆☆
2018年5月刊。
狼に変身する田舎領主の青年と、薬草好きの優しい貴族令嬢。
コミュ下手な二人の月夜の出会いから始まるラブロマンスです。
表紙も可愛ければ内容も可愛い、ひたすら可愛くて可愛くてほのぼのする少女小説でした。
特に獣化するヒーローの一人二役な奮闘が見どころ。
正体を隠したまま自分で自分をフォローする可笑しみよ・・・・・・ズルいな!でも可愛いから許す!

☆あらすじ☆
ド田舎の領主レナルドは、19歳で長身の男前、だが極度の恥ずかしがり屋のせいで結婚相手が見つからず焦っていた。一縷の望みをかけて出席した王都の夜会で、ある秘密を一人の少女に知られてしまい……?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薬草令嬢ともふもふの旦那様/江本マシメサ

楽観戀情値千金 守銭奴王子と夢見る転生娘/我鳥彩子

楽観戀情値千金 守銭奴王子と夢見る転生娘 (コバルト文庫)
楽観戀情値千金 守銭奴王子と夢見る転生娘 (コバルト文庫)

評価:★★★☆☆
2018年4月刊。
前世の記憶があり楽観主義を強制された少女と、営業スマイル全開で腹黒な守銭奴王子の出会いから始まる中華ファンタジー。
楽観的かつ行き当たりばったりなノリで進みつつ、裏に隠された事情は意外とホンワカしていなかったりする本作。
とはいえ、我鳥さんらしいハイテンション&ハイテンポなラブコメだったと思います。
個人的には王子のキャラが好みだったかな〜。最後まで徹底した守銭奴で面白かったです。
ちなみに前世持ちヒロインではあるけれど異世界転生モノではありません。
あと「天都宮帝室の然々な事情」シリーズと繋がりのある世界観らしいのだけど、そちらは未読なんですよね。
特に問題なかったので、この作品から読んでも大丈夫だと思います。

☆あらすじ☆
三人の姉と王位継承権を争う王子・果潤は、自他共に認める筋金入りの守銭奴だ。半面、自分の益になりそうな人物には支援を惜しまないとも評判だった。そんな果潤のもとを、楽花という商家の娘が訪れる。楽花が言うには、彼女は「楽観国」という亡国の王女の生まれ変わりらしい。かつての王国を取り戻せば大金も手に入るからと、王国再興のために力を貸してほしいと頼まれた果潤だけれど…?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 楽観戀情値千金 守銭奴王子と夢見る転生娘/我鳥彩子

後宮麗華伝 毒殺しの花嫁の謎咲き初める箱庭/はるおかりの

後宮麗華伝 毒殺しの花嫁の謎咲き初める箱庭 (コバルト文庫)
後宮麗華伝 毒殺しの花嫁の謎咲き初める箱庭 (コバルト文庫)

前作の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2018年2月刊。
中華後宮ミステリー第7弾。
今回は「花」をテーマとする謎解きと、初恋の人に嫁いだ異国人の姫の健気な恋心を描くストーリーでした。
このシリーズは後宮のドロドロ愛憎劇が面白いのだけど、それが強すぎると胸焼けするなっていうのを再確認してしまった・・・・・・

☆あらすじ☆
“聖女の箱庭”を意味する瑠弥麗火宮で園林の花々と共に隔離されて育てられた泥蝉王女、朶薇那。後の名を戻露珠は、凱の軍兵に襲われそうになった折、助けてくれた異国の皇子・高透雅のことを片時も忘れることはなかった…。紆余曲折の末、透雅の妻として迎えた初夜。二人の想いはすれ違って―!?愛を信じることのできない透雅を、露珠は愛する花に想いを託し解きほぐしてゆく―。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 後宮麗華伝 毒殺しの花嫁の謎咲き初める箱庭/はるおかりの

後宮刷華伝 ひもとく花嫁は依依恋恋たる謎を梓に鏤む/はるおかりの

後宮刷華伝 ひもとく花嫁は依依恋恋たる謎を梓に鏤む (コバルト文庫)
後宮刷華伝 ひもとく花嫁は依依恋恋たる謎を梓に鏤む (コバルト文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年10月刊。
純愛と泥沼と謎解きの中華後宮ミステリー第7弾。
今回は「後宮楽華伝」の13年後、前作であまりにもあんまりな目にあった皇子がヒーローです。
そして中華風にアレンジされた「作家もの」の趣もあり。編集者的なポジションのヒロインと趣味で小説を書いていたヒーローのやり取りが可愛らしくてツボでした。
ちなみに今回のヒーローはツンデレ(強)。まぁ彼の過去を考えれば人間不信になっても仕方ない・・・・・・
純愛の影でエグみが爆発するところも相変わらずでした。今回もとても面白かったです。

☆あらすじ☆
幼い頃、母が皇族殺しという大罪を犯し、自身も母に斬りつけられたため、心身に深い傷を負った高秀麒は、崇成帝の皇子でありながら“ごくつぶしの六皇子”として日陰を生きてきた。そんな秀麒のもとに、皇太子の花嫁候補・念玉兎が花嫁になりたいと名乗り出てきた。秀麒に一目惚れしたというのが表向きの理由だったが、本当の理由は密かに関わっていた本の刊行の仕事を続けたかったためで!?この上なく本を愛する出版姫×人知れず物語を綴るごくつぶし皇子。中華後宮ミステリー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 後宮刷華伝 ひもとく花嫁は依依恋恋たる謎を梓に鏤む/はるおかりの