「集英社コバルト文庫」カテゴリーアーカイブ

後宮刷華伝 ひもとく花嫁は依依恋恋たる謎を梓に鏤む/はるおかりの

後宮刷華伝 ひもとく花嫁は依依恋恋たる謎を梓に鏤む (コバルト文庫)
後宮刷華伝 ひもとく花嫁は依依恋恋たる謎を梓に鏤む (コバルト文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年10月刊。
純愛と泥沼と謎解きの中華後宮ミステリー第7弾。
今回は「後宮楽華伝」の13年後、前作であまりにもあんまりな目にあった皇子がヒーローです。
そして中華風にアレンジされた「作家もの」の趣もあり。編集者的なポジションのヒロインと趣味で小説を書いていたヒーローのやり取りが可愛らしくてツボでした。
ちなみに今回のヒーローはツンデレ(強)。まぁ彼の過去を考えれば人間不信になっても仕方ない・・・・・・
純愛の影でエグみが爆発するところも相変わらずでした。今回もとても面白かったです。

☆あらすじ☆
幼い頃、母が皇族殺しという大罪を犯し、自身も母に斬りつけられたため、心身に深い傷を負った高秀麒は、崇成帝の皇子でありながら“ごくつぶしの六皇子”として日陰を生きてきた。そんな秀麒のもとに、皇太子の花嫁候補・念玉兎が花嫁になりたいと名乗り出てきた。秀麒に一目惚れしたというのが表向きの理由だったが、本当の理由は密かに関わっていた本の刊行の仕事を続けたかったためで!?この上なく本を愛する出版姫×人知れず物語を綴るごくつぶし皇子。中華後宮ミステリー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 後宮刷華伝 ひもとく花嫁は依依恋恋たる謎を梓に鏤む/はるおかりの

後宮樂華伝 血染めの花嫁は妙なる謎を奏でる/はるおかりの

後宮樂華伝 血染めの花嫁は妙なる謎を奏でる (コバルト文庫)
後宮樂華伝 血染めの花嫁は妙なる謎を奏でる (コバルト文庫)

前作の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年6月刊。
皇族たちの恋を描く中華後宮ミステリー第6弾。
今回は恋愛嫌いで武官嫌いの舞姫と、彼女に一目惚れした一途な武人の恋を描いた物語です。
私がこれまでの後宮シリーズで一番好きなのは「後宮錦華伝」のカップルなのですが、それに勝るとも劣らない魅力的な息子夫婦の恋物語でした。ほんと甲乙つけがたい。特に今回のヒーローのウブさがすごくすごく良いものだったので・・・!
ちなみに毎回変わる謎解きのテーマは『音楽』。
舞、童謡、楽器などなど、中華風に雅な音楽の世界がとても素敵でした。

☆あらすじ☆
三年前の春、帝の従弟で武人の高元炯は、紫の衣をひるがえして舞う後宮の宮妓・幽彩媚に一目惚れをした。以来彼女のことが忘れられずにいたが、恋愛に奥手な元炯は心の中で彼女を想うことしかできない。しかし蛮族の制圧で武勇を馳せた元炯は、褒美として皇帝から彩媚を下賜されることになり、二人は結婚することになる。元炯の初恋は実ったかに見えたが、実は彩媚は大の武人嫌いで…?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 後宮樂華伝 血染めの花嫁は妙なる謎を奏でる/はるおかりの

ひみつの小説家の偽装結婚 恋の始まりは遺言状!?/仲村つばき

ひみつの小説家の偽装結婚 恋の始まりは遺言状!? (コバルト文庫)

ひみつの小説家の偽装結婚 恋の始まりは遺言状!? (コバルト文庫)

評価:★★★★☆
2017年10月刊。
面白かった〜!
ビーズログ文庫で活躍中の仲村つばきさんのコバルト文庫デビュー作。
これぞ少女小説!と言いたくなる丁寧で王道の偽装結婚ロマンスでした。
がけっぷち小説家の未亡人と、亡夫の遺言により彼女の再婚相手に選ばれた騎士。
故人によって引き合わされた二人が、共通の趣味を通じて少しずつ互いを理解し絆を深めていく物語です。
ヒロインが「ひみつの小説家」であることが物語の可愛いスパイスとなっていたと思います。オチまで可愛い!

☆あらすじ☆
覆面小説家のセシリアは、没落貴族の両親から逃れるために後見人の騎士ヒースと名目上の結婚をしていた。だがヒースが亡くなり、遺言でヒースの部下クラウスと再婚させられる羽目に。その上次の小説大賞を獲らなければ契約を切られる危機に陥る。が、最初は喧嘩腰だったクラウスがセシリアの小説のファンだとわかり、ふたりの気持ちは次第に近づいて…。
にせもの夫婦の間に芽生えた、本物の恋。文学少女と堅物騎士のラブロマンス!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ひみつの小説家の偽装結婚 恋の始まりは遺言状!?/仲村つばき

錬金術師と異端審問官はあいいれない/藍川竜樹

錬金術師と異端審問官はあいいれない (コバルト文庫)
錬金術師と異端審問官はあいいれない (コバルト文庫)【Amazon】

評価:★★★☆☆
2017年10月刊。
平民出身の成り上がり異端審問官と空気の読めない貴族令嬢が、異端の疑惑がある猟奇事件の謎に挑むミステリー。
オカルト事件を科学捜査で解き明かすミステリーって好きなんですよねぇ。本作も世界観を壊さない程度に科学的アプローチを試みているのは良かったです。司祭ヒーローの清濁併せ呑む感じも好きですね。男女バディっていうのがすでに好き。
ただ、ヒロインの一部行動に「ん??」と引っかかったのは残念だったり・・・・・・
ちなみに糖度はほんのり程度ですが、ラストの切なくて優しい余韻は素敵でした。

☆あらすじ☆
異端審問官のジルベールは猟奇事件に関わっていると噂される悪名高き貴族、ヴォワール辺境伯レオンを生け贄を用いて黒魔術を行った疑いで告発する。法に守られた貴族を裁く絶好の機会だと勇むジルベールだが、異端であるかどうかを客観的に判断する錬金術師のマリーは、現時点では、証拠が足りないと追加調査を行うことを進言する。融通の利かないマリーと共に再調査に向かうジルベールだが?KY令嬢と平民出エリートが猟奇的事件に挑む!凸凹コンビの錬金ミステリー!

以下、ネタバレありの感想です。

 

続きを読む 錬金術師と異端審問官はあいいれない/藍川竜樹

ブライディ家の押しかけ花婿/白川紺子

ブライディ家の押しかけ花婿 (コバルト文庫)
ブライディ家の押しかけ花婿 (コバルト文庫)

評価:★★★★☆
2017年5月刊。
ワンコ系王子様が押しかけ花婿としてやってきた!というところから始まるラブファンタジー。
すごく可愛い世界観や設定なのに、切ない悲しみを兼ね備えることで物語がきゅっと引き締まっているのがとても良かったです。
挫折を抱えるヒロインって好きだなぁ。なかなか素直にならない彼女をグイグイ押していくヒーローは命令されたがり系純情ドMだと思います。
「若奥様、ときどき魔法使い。」と同じ世界観なのだけど、息をするように魔法を使うおとぎ話のような世界観が相変わらず素敵すぎます・・・!

☆あらすじ☆
マリー・ブライディは伯爵令嬢でありながら、社交界にも出ず、魔法石の研究に没頭している17歳。ある日、酔っぱらった父が「おまえの花婿を拾ってきてやったぞ」と、ひとりの青年をつれてくる。デューイというその青年は、なんとこの国の王子だった。デューイはマリーに求婚するが、独身主義のマリーは結婚する気などまったくない。だが、デューイは花婿として家に居座ってしまい…?

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む ブライディ家の押しかけ花婿/白川紺子

腹へり姫の受難 王子様、食べていいですか?/ひずき優

腹へり姫の受難 王子様、食べていいですか? (コバルト文庫)
腹へり姫の受難 王子様、食べていいですか? (コバルト文庫)

評価:★★★☆☆
2017年4月刊。
コバルトがたまに出す感じの、振り切れたテンションのラブコメファンタジー。我鳥彩子作品に近い雰囲気ですね。ローティーン向けっぽい可愛さが詰まった物語でした。
どれくらい振り切れているかというと、呪われたお姫様が飢えまくってお腹の虫を豪快に鳴かせ、イケメン騎士がせっせと食糧集めに奔走し給餌、じゃなくて給仕するという設定の段階でお察しです。
呪いをかけた魔女と対峙したり、顔だけが取り柄のバカ王子に振り回されたりと、すごく騒がしい話なのだけどなんか楽しかったw
テンションが幼い方向に高いので途中読むのが疲れることもあったけれど、悪くはない作品だったと思います。

☆あらすじ☆
サルシッチャ王国のティシエナ姫は、生まれたときに受けた呪いのせいで、食べても食べてもお腹がいっぱいにならない。ティシエナ姫も懸命に我慢するけれど、食材調達のために国庫は逼迫。亡国の王子で、今は近衛隊長のアルフィアスが、大量の食料を安く調達したり、食材を節約しつつ食べでのあるレシピを研究したりと日々奔走中。そんなある日、二人の前に呪いの主である魔女が現れて…!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 腹へり姫の受難 王子様、食べていいですか?/ひずき優

後宮幻華伝 奇奇怪怪なる花嫁は謎めく機巧を踊らす/はるおかりの

後宮幻華伝 奇奇怪怪なる花嫁は謎めく機巧を踊らす (コバルト文庫)
後宮幻華伝 奇奇怪怪なる花嫁は謎めく機巧を踊らす (コバルト文庫)

前作の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年3月刊。
後宮純愛&愛憎劇を描くシリーズ第5弾。
今回エグみ半端ない。よく考えたら主人公が後宮入りしたのってなにげに初めてだったんですね(1作めは皇太子時代だから)
恒例のテーマは「科学」ということで理系ヒロインなのだけど、あとがきに書いてあるとおり「宦官」がテーマで良いと思います。むしろ宦官のアレコレしか印象に残ってないレベル。
面白かったけれど、糖分が補充されたそばから枯渇していく・・・・・・萌えをください・・・・・・。

☆あらすじ☆
12人の妃を一度に娶った凱帝国の崇成帝・高遊宵は、すべての花嫁を出自に関係なく同じ位に拝命し、床を一緒にした者から順に位を上げていくと宣言した。そのため、花嫁たちは皇帝の気を惹こうと必死に競い始めるのだが、ただ一人、科学好きの令嬢・緋燕には全くその気が起きない。緋燕が後宮に入ったそもそもの理由、それは「貴重な科学の本が読めること」、そして「復讐」にあって…!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 後宮幻華伝 奇奇怪怪なる花嫁は謎めく機巧を踊らす/はるおかりの

聖女が魔を抱く童話 葡萄の聖女の料理帖/長尾彩子

聖女が魔を抱く童話 葡萄の聖女の料理帖 (コバルト文庫)
聖女が魔を抱く童話 葡萄の聖女の料理帖 (コバルト文庫)

前作の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年3月刊。
前作「王女が秘される童話」から70年後を舞台にした童話シリーズ第3弾。
今回は魔物憑きの王子と祓魔師の攻防を描いていくのだけど、相変わらずレーベルの限界に挑むような色香あふれるラブバトルでした。ちょっと病んだ雰囲気が実に良い。

☆あらすじ☆
改邪聖省の紅一点・祓魔師アデリナの特技は料理。葡萄酒を飲ませたり、魔除けの薬草や聖水を使った料理を食べさせることで身の内から魔を祓うのだ。そんなアデリナは国王の命を受け、落命したが息を吹き返したため“異例の忌み子”と呼ばれる王子エルヴィンを祓魔すべく、城の料理番として潜入する。しかし、エルヴィンに目的を見抜かれた挙句、意地悪されたり騙されたりする毎日で…?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 聖女が魔を抱く童話 葡萄の聖女の料理帖/長尾彩子

飛べない鍵姫と解けない飛行士 その箱、開けるべからず/山本瑤

飛べない鍵姫と解けない飛行士 その箱、開けるべからず (コバルト文庫)
飛べない鍵姫と解けない飛行士 その箱、開けるべからず (コバルト文庫)

評価:★★★★☆
2017年3月刊。
秘密を暴くのが得意な少女錠前師と、秘密の匂いがする青年伯爵。
金庫の鍵を開けてほしいという伯爵の依頼を引き受けた主人公は、思いがけない秘密の鍵をも開けてしまうことになるのです。
主人公が開く「秘密」は色んな真実を隠しているのだけど、真実が明らかになった先で待っているロマンスが素敵でした。ヒーロー、めっちゃロマンチスト!
スチームパンクミステリーと銘打たれているけれど、スチパン要素は強くないのでSF系に苦手意識がある人でも大丈夫。
物語はそれなりに綺麗に終わっているけれど、伏線っぽいものが少し残っているかな?
ぜひシリーズ化してほしい新作でした。

☆あらすじ☆
天才錠前師のトマス・ウルスに育てられたマージは、鍵や機械が大好きな、いっぷう変わった女の子。トマス亡きあと、錠前店をひとりで切り盛りしていたマージの元にある日、鉄道王としても成功しているアンブローズ伯爵家の若き当主・アレックスが訪れる。「ある金庫を開けてほしいから、身ひとつで伯爵家に来てくれ」という依頼を断ろうとしたマージに、アレックスは破格の報酬を約束し…!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 飛べない鍵姫と解けない飛行士 その箱、開けるべからず/山本瑤

夜葬師と霧の侯爵 かりそめ夫婦と迷宮の王/白川紺子

夜葬師と霧の侯爵 かりそめ夫婦と迷宮の王 (コバルト文庫 し 17-12)
夜葬師と霧の侯爵 かりそめ夫婦と迷宮の王 (コバルト文庫 し 17-12)

前作の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年1月刊。
「公爵夫人は銀灯師」「雪侯爵の銀灯師」に続く世界観共通連作シリーズ第3弾。今回も前作までを知らずとも問題ない読み切り仕様です。
悪い魔法使い的なポジションだった夜葬師をメインとする偽装結婚もの。
仇同士で出会ったふたりの恋も良かったけれど、最後のほろっと切なくなる読後感が素敵でした。

☆あらすじ☆
闇を操る魔物と言われている“夜葬師”に育てられた人間の少女オフェリア。育て親が姿を消した後、森で一人暮らす彼女の前に、領主の侯爵ルドヴィークが現れ、自分の呪いを解くように迫るが……!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 夜葬師と霧の侯爵 かりそめ夫婦と迷宮の王/白川紺子