「ビーズログ文庫」カテゴリーアーカイブ

和桜国のレディ 淑女は一日にしてならず /冬村蜜柑

和桜国のレディ ~淑女は一日にしてならず~ (ビーズログ文庫)
和桜国のレディ ~淑女は一日にしてならず~ (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年1月刊。
貧民層の少女が貴族の手によってレディへと育てられていく様子を描いた和風ファンタジー。
「マイ・フェア・レディ」系のお話ですね。
粗野で無教養な少女が少しずつ「淑女」へと変わっていく様子がじっくりと丁寧に描かれる作品でした。
明治期の日本を彷彿とさせつつ、「魔法が存在する女王の国」というファンタジーが光る舞台の華やかさも素敵だと思います。
ただ、個人的に引っかかるところもあり、構成が上手いところと粗いところの落差が気になる作品でもありました。
すごく綺麗に終わっているのだけど、これって続くのだろうか?続くなら、女王様をどうか・・・・・・

☆あらすじ☆
桜の化身とされる女王が治める和桜国。
いろははその日が女王の観桜会と知らず、桜の枝を切ろうと騒ぎを起こして捕らえられてしまう。
罪を償う代わりに「女王に謁見できるようなレディ」となるよう告げられたいろはは、宮廷魔術師である強面の男・紫乃宮圭人の邸で淑女教育を受けることに。
まずは読み書きからいろはのレディへの一歩が始ま……る!?

以下、ネタバレありの作品です。

続きを読む 和桜国のレディ 淑女は一日にしてならず /冬村蜜柑

不本意ですが、竜騎士団が過保護です2 /乙川れい


不本意ですが、竜騎士団が過保護です2 (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年12月刊。
前巻は「そんなに過保護かな?」という印象の本作ですが、2巻はタイトルに偽りなし。「竜騎士団が過保護」になっていました。やはり胃袋なのか。団員たちの即物的な過保護ムーブに笑うw
そして団長とリオノーラの関係は糖度ましまし。ノーラは相変わらず鈍感だけど団長はめっちゃグイグイきますね。そのくせ団長らしく部下を導こうとする気概もみせるから格好いいヒーローです。
物語もキャラもエンジンがかかりはじめた様子で、1巻よりも楽しめた2巻でした。続きも期待しています。

☆あらすじ☆
1巻重版出来!! ワケあり王女、団長さんに引き続き可愛がられてます!?
隣国の精鋭・竜騎士団に潜入中の王女リオノーラ。男だらけの中で紅一点頑張るものの、相変わらず過保護な団長ハーヴェイに認めてもらえず、もどかしさでいっぱい!
そんなある日、妹の婚礼祝いに兄王子がやってきた。正体がバレたら、本国に強制送還されてしまう。
竜騎士団に残りたいリオノーラは、団長の助けを借りて王都を抜け出すけれど…!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 不本意ですが、竜騎士団が過保護です2 /乙川れい

後宮天后物語3 幼馴染の猛攻はご迷惑! /夕鷺かのう

後宮天后物語 ~幼馴染の猛攻はご迷惑!~ (ビーズログ文庫)
後宮天后物語 ~幼馴染の猛攻はご迷惑!~ (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年12月刊。
帝位を簒奪したヤンデレ幼馴染の監禁から逃げる自虐癖の皇女の奮闘を描く中華ファンタジー第3弾。
猛攻って糖度的なアレかと思ったら、それもあるけどそれだけじゃなかったという。
世界観の謎に一気に迫り、すわ完結巻か!?とハラハラしました。まだ続くようで一安心。

☆あらすじ☆
開き直った皇帝に翻弄されっぱなし!! とんでも後宮ラブコメ第3弾!
志紅が雛花に告白したことにより、ようやく一歩進んだかに見えた二人。しかも告白で開き直った志紅の恋着は留まることをしらず、雛花は押されっぱなし!! 一方で、雛花は、己に宿った女神(?)と命を懸けた謎解きに挑むことになり……!?
【電子版は、開き直った志紅の言動がヤバすぎる書き下ろし短編『閑情賦(かんじょうふ)』付き】

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 後宮天后物語3 幼馴染の猛攻はご迷惑! /夕鷺かのう

簒奪帝の幼妻は与えられた謎を解き明かす―― 『十三歳の誕生日、皇后になりました。』/石田リンネ

十三歳の誕生日、皇后になりました。 (ビーズログ文庫)
十三歳の誕生日、皇后になりました。 (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年10月刊。
面白かった!
『茉莉花官吏伝』に登場した赤奏国の皇帝夫妻を主人公とするスピンオフ作品。
『茉莉花』を知らなくても楽しめる新作で、簒奪に居合わせたことから皇后になった少女が、皇帝から夜ごと与えられる問いの答えを探していく物語です。
予想外にミステリーとして読み応えのある作品でした。
なにより良かったのは探偵役の莉杏がすごく魅力的だったこと。
幼くも聡明で一途なヒロインが、宮中に起こる謎を解き明かすなかで「皇后」としての素質を光らせるストーリーに心が躍りました。
是非シリーズ化してほしいです。この夫婦のこれからをもっと見たい!

☆あらすじ☆
十三歳の誕生日、赤奏国の皇帝に後宮入りを願い出た莉杏。
ところが謁見の間にいたのは、《正規の手段》で帝位を簒奪し、新たな皇帝となった暁月だった!
莉杏は「ちょうどいい」と皇后にされるが、一緒に寝始めても湯たんぽ代わりのまるで子供扱い。
それでも莉杏が眠れるようにと、暁月は毎夜問題を出してくれて!?
夜毎に夫婦の絆が深まる恋物語!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 簒奪帝の幼妻は与えられた謎を解き明かす―― 『十三歳の誕生日、皇后になりました。』/石田リンネ

恋のレッスンに励む貴族令嬢の友情と成長を描く『臆病な伯爵令嬢は揉め事を望まない1・2』 /白猫

臆病な伯爵令嬢は揉め事を望まない (ビーズログ文庫)
臆病な伯爵令嬢は揉め事を望まない (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年10月刊。1・2巻同時発売。
敬愛する侯爵令嬢の恋を応援するため、恋愛小説を教本にしてアドバイスを頑張る地味な伯爵令嬢の物語。
友人の恋を見守る一方で、地味な自分を変えようとする主人公の成長も描いていく作品です。
婚約者の心をつなぎとめようと健気な努力を重ねる侯爵令嬢も素敵だったし、主人公との友情も微笑ましくてGOOD。
個人的にはもっと徹底的に揉めてほしかった気もするのだけど(笑)、少女たちの友情物語として満足しました。
あと、ツンデレ×鈍感の主人公カプの恋も良かったです。こちらは悶え苦しむツンデレ少年のツンデレっぷりを堪能しました。
全2巻で綺麗にまとめてあるけれど、続きはあるのかな?

☆あらすじ☆
WEB発!地味な取り巻き……なのに侯爵令嬢に恋のレッスン!?
私、アメリアは侯爵令嬢・ソフィー様に憧れる地味でしがない取り巻き――だった。彼女の婚約者、王太子殿下の密会現場を目撃するまでは! これまでの人生揉め事を避けてきた私だけど、悲しむソフィー様を放っておけない! なりゆきから、ソフィー様の弟・ルーファス様と協力して恋のレッスンを始めたところ、私の周りにも少しずつ変化が訪れて?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 恋のレッスンに励む貴族令嬢の友情と成長を描く『臆病な伯爵令嬢は揉め事を望まない1・2』 /白猫

茉莉花官吏伝4 良禽、茘枝を択んで棲む/石田リンネ

茉莉花官吏伝 四 良禽、茘枝を択んで棲む (ビーズログ文庫)
茉莉花官吏伝 四 良禽、茘枝を択んで棲む (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年8月刊。
絶対的な記憶力を持つ天才少女の立身出世ファンタジー第4弾。
茉莉花の能力の長短どちらも掘り下げつつ、その両面から彼女の成長を描いていくところが本当に面白いシリーズです。
そして赤奏国編が今回でクライマックス。こちらも素晴らしい盛り上がりでした。
でも落ち着く間もなくこの引きはずるい!続きはよ!

☆あらすじ☆
赤奏国に借り出された白楼国の文官・茉莉花は、赤の皇帝・暁月の無理難題に見事応えたことにより、“宰相候補の海成との結婚”という引き抜き計画に巻き込まれていく。
一方で、赤奏国の内乱を完全に終結させるための最後の戦が迫っていた。
戦を回避したい茉莉花は、暁月に意見書を提出するが「あんたの案で誰が満足する?」と破り捨てられ……!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 茉莉花官吏伝4 良禽、茘枝を択んで棲む/石田リンネ

身代わり生活の先にエリザベスが選んだ人生とは――『令嬢エリザベスの華麗なる身代わり生活3』/江本マシメサ

令嬢エリザベスの華麗なる身代わり生活 3 (ビーズログ文庫)
令嬢エリザベスの華麗なる身代わり生活 3 (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年9月刊。
綺麗に完結。
エリザベスらしいクライマックスがとても素敵でした。
隠し持つ弱さを虚勢で押し殺しつつも、必死に強くあろうとする姿が格好良い。それでいて不器用なところが魅力的な主人公でした。
しかし変態さんのHENTAIっぷりが最後まで堂に入っていて流石でした。ラストプレイは一段と特殊でしたね!笑

☆あらすじ☆
高慢令嬢の痛快身代わり劇、 ファンタスティックに終幕――!!
エリザベスは、双子かもしれない――その事実に衝撃を受けるなか、シルヴェスターが事故に遭って意識不明の重態に!  犯人を突き止めるため、エリザベスはユーインと裏情報が集まる紳士クラブに潜入するが!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 身代わり生活の先にエリザベスが選んだ人生とは――『令嬢エリザベスの華麗なる身代わり生活3』/江本マシメサ

転生先が少女漫画の白豚令嬢だった1・2/桜あげは

転生先が少女漫画の白豚令嬢だった【電子特典付き】 (ビーズログ文庫)
転生先が少女漫画の白豚令嬢だった【電子特典付き】 (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
1巻2018年4月刊、2巻2018年9月刊。
面白かったー!
前世に読んだ少女漫画のおデブな令嬢に転生してしまった主人公。
破滅の未来を回避するため、彼女は必死でダイエットと自分磨きに奮闘するのです。
運動して食事制限して美容に励む主人公のストイックさが素敵。こんな頑張り屋な主人公は応援せずにいられません。ちなみに表紙の細い子は理想の自分。
元婚約者や腹黒従兄や悪役王女など脇を固めるキャラクターも魅力的。
頻繁に体型が変わる主人公への周囲の反応が生き生きしていて楽しかったです。
恋愛要素も良い塩梅だし、心情の変遷がとても丁寧に追われているところもGOOD。
コミカルな雰囲気の割にシビアな展開にはハラハラしました。
3巻から本題突入な雰囲気ですし、今後も期待できそうなシリーズです。楽しみ!

☆あらすじ☆
気がついたら、前世で愛読していた少女漫画のモブキャラ、白豚令嬢に転生していた!
超おデブで性格最悪な私は、このままだと処刑エンド。回避するには人生やり直すしかない?
よし……とりあえず、ダイエットしよう!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 転生先が少女漫画の白豚令嬢だった1・2/桜あげは

幼馴染みで悪魔な騎士は、私のことが大嫌い/編乃肌

幼馴染みで悪魔な騎士は、私のことが大嫌い (ビーズログ文庫)
幼馴染みで悪魔な騎士は、私のことが大嫌い (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年8月刊。
こういうの、ほんと好きだ〜
関係断絶再会系幼馴染カップル(伝わる?)が好きな私にはとても美味しい1冊でした。
悲しいすれ違いによって別れ、険悪な再会を果たし、そして真実にたどり着く幼馴染ふたりの物語。
悲劇のヒロインもかくやというヒーローの内面がとても良かったし、泣きながらでも制裁を忘れない逞しいヒロインはとても格好良かったです。
あと幼馴染スキーとしては幼い頃の回想多めなところがポイント高し。
かなり綺麗に終わっているから単巻完結かな? 最後まで楽しい作品でした!

☆あらすじ☆
『精霊姫』に選ばれた庶民のスーリア。
だけど護衛騎士が昔喧嘩別れした幼馴染みのレイスだなんて!?
「お前の護衛なんて不本意だ」
「こっちだって願い下げよ!」
「スーに近づくなー!(怒)」
精霊ウォルもお怒りの中、向かった王都では『精霊使い』の行方不明事件が頻発!
しかもこの事件がレイスの素顔に迫る鍵になっていて……!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 幼馴染みで悪魔な騎士は、私のことが大嫌い/編乃肌

聖女の孤高脱却計画!/長月遥

聖女の孤高脱却計画! (ビーズログ文庫)
聖女の孤高脱却計画! (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年7月刊。
タイトル的にドタバタラブコメかと予想していたのだけど、世界を守る聖女と騎士が人を脅かす魔物と戦うバトルファンタジーでした。中二要素強めで派手に魔法戦を繰り広げていく物語です。
また、コミュ障少女と完璧聖女の2つの顔を持つ主人公や、心に鬱屈した感情を隠し持つヒーローなど、キャラの内心描写が丁寧なのも印象的。
個人的には終盤で一気に盛り上がったラブコメが大変好みだったので、是非シリーズ化してほしいです。陰険メガネと無自覚イノシシの三角関係に期待!

☆あらすじ☆
古式ゆかしく育てられ、聖女の中の聖女と称えられるローゼリンデは、内心臆病者で、本音で話せる友もいない孤高(ぼっち)王女。
その本性が、風の神騎士エルハイネにバレてしまった!
「改善しましょう。貴女には“正しく”聖女らしくしていただかないと」
聖女らしくなくても、国を守るために力を貸してほしい――
クセが強~い騎士たちとの救国ラブファンタジー!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 聖女の孤高脱却計画!/長月遥