「角川ビーンズ文庫」カテゴリーアーカイブ

やり直し令嬢は竜帝陛下を攻略中 /永瀬さらさ


やり直し令嬢は竜帝陛下を攻略中 (角川ビーンズ文庫)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2020年3月刊。
とっても面白かった!

婚約者に殺される瞬間、なぜか6年前に戻っていた主人公。
身体は10歳の幼女。中身は強大な魔力を操る「軍神令嬢」。
そんなギャップありすぎる存在となった彼女は、本来あるべき未来を物理で捻じ曲げ、人生のやり直しを目指すのです。

その鍵を握るのは、勢いで夫婦になった敵国の皇帝。
乙女ムーブが可愛い皇帝と、匂い立つ幼女趣味疑惑に戦慄する主人公。
この二人の攻防が楽しすぎました。なんて癖が強いラブコメ!

自分は恋に落ちたくないが、相手は落とす!という強い覚悟と甘い罠。愛は戦争。女は度胸。
それぞれの思惑が交錯する中で、果たしてジルは未来をやり直すことができるのか。

武闘派ヒロインならではの格好良いアクションも大満足でした。これは続きも期待できそう!

☆あらすじ☆
人生2周目は、10歳の竜妃サマ!? しかも敵だった陛下に求婚してました
婚約者の王太子から処刑を言い渡された令嬢・ジル。だけど死ぬ間際に、6年前婚約が決まったパーティーに時間が戻る。
破滅ルートを避けるべく、とっさに後ろにいた人に求婚すると最大の敵だった皇帝・ハディス!? 彼が闇落ちする未来を知っている……慌てて撤回するも、喜んだハディスはジルを城へ連れ帰り、ごはんを作る始末。胃袋をつかまれたジルは決めた。
「あなたを必ず更生――いえ、しあわせにします」 いざ、人生やり直し!
累計550万PV突破! WEBの超・話題作!
強すぎた少女×孤独だった陛下の、年の差ラブ・ファンタジー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む やり直し令嬢は竜帝陛下を攻略中 /永瀬さらさ

悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました7 /永瀬さらさ


悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました7 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2020年1月刊。
ご褒美短編集!
面白かったです。あちこちで恋の花が咲き乱れていました。

☆あらすじ☆
出会ったあの時——婚約破棄されたアイリーンへの、クロードの本音は?
ラスボス全員集合で、正ヒロイン達の恋模様は暴走中!?
皆にチョコを配るアイリーンと、嫉妬するクロードのバレンタイン。元悪役令嬢・レイチェルの一枚上手なホワイトデーなど、知られざる物語を大収録。
悪役令嬢の乙女ゲームは本編攻略だけじゃ終われない——小説でしか読めないオリジナルエピソードも収録した、珠玉の秘話満載の隠しルート解放!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました7 /永瀬さらさ

わるいこと、ぜんぶ。 /榊あおい


わるいこと、ぜんぶ。 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年12月刊。
エブリスタ小説大賞2018別冊フレンド原作賞受賞作。
漫画原作用の作品で、漫画版の1巻も読みました。
秘密の恋をしている生徒会長と、彼女の秘密をしったチャラい後輩の青春恋愛もの。
インモラルな序盤にドキドキしながら読んだのだけど、読んでみたら真っ当な高校生のラブストーリーでした。
少し拍子抜けしたけれど、「悪い子ですね」という決め台詞と、それが意味する想いは良かったです。

☆あらすじ☆
ドキドキ必至! 腹黒後輩イケメンとの、ヒミツの契約ラブ!
「会長、悪い子ですね」
生徒会長の雛子にはヒミツがある。ある日、生徒会の後輩・知花に知られてしまった雛子は、彼とある契約をすることになり!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む わるいこと、ぜんぶ。 /榊あおい

アルバート家の令嬢は没落をご所望です7 /さき


アルバート家の令嬢は没落をご所望です 7【電子特典付き】 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2019年12月刊。
メアリ嬢、ご懐妊!(もう嬢じゃないか)
しかし直後にアディに隠し子発覚!?という珍事勃発な第7巻。
ゆるいです。ゆるゆる。面白いけれど、個人的にはもう少し読み応えがほしいなぁ。

☆あらすじ☆
ついに決まるか次期当主!? WEB発転生・ドタバタラブコメ第7弾!
次期当主争いも落ち着き(?)、おめでたも発覚してメアリたちは幸せムード全開。
しかし事態は一変。「その子はどこの子?」なんとアディと同じ髪色の女の子・アンナが現れる。
しかもアディのことを「お父さん」と呼び始めた!
思わぬ展開に動揺するメアリは一抹の不安を感じつつも、彼女を親元へ帰すため動き出すが……?「なにより俺が一緒ですから大丈夫ですよ」
2人の絆がグッと強まる、大人気WEB発・転生ラブコメ第7弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む アルバート家の令嬢は没落をご所望です7 /さき

ルクトニア領繚乱記 猫かぶり殿下は護衛の少女を溺愛中 /さくら青嵐


ルクトニア領繚乱記 猫かぶり殿下は護衛の少女を溺愛中 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年12月刊。
第17回角川ビーンズ小説大賞奨励賞受賞作。
女装した領主の息子と男装した少女護衛が、領地の貧民街に繰り出して人々の生活を知る中で、とある陰謀に巻き込まれていく物語。
心も身体も未熟な主従の成長物語であり、また、幼馴染の切ないすれ違いを描いたラブロマンスです。

幼い頃から当たり前にあった場所が、「当たり前」ではなくなることへの焦燥と喪失感。
成長するなかで突きつけられる問題に揺れるヒロインの心がとても丁寧に描かれていたと思います。
幼馴染の恋物語としてはかなり好きなタイプのお話でした。

ただ、成長物語としては発展途上という感じだし、ここから更に面白くなるはず。
特に女装ヒーローの方は、あと一歩頑張ってほしくなったので、次巻以降の彼の成長には期待しています。

☆あらすじ☆
「おれの側から離れるなんて許さない」すべてをかけて、命運を掴み取る!
オリビアが護衛するアルフレッドは、表は真面目な領主の息子、裏では女装で屋敷を抜け出す猫かぶり!
そんな彼に連れられ、男装したオリビアも『夜の街(ナイト)』へ。
そこでノアと名乗る怪しい奇術師に出会い、二人で一座を調べることに。
しかし襲撃を受けたオリビアは、護衛対象(アルフレッド)に守られる形で己の力不足を突きつけられて……!?
「おれの側から離れるなんて赦さない」
女装殿下の独占欲が大暴走!? 第17回小説大賞奨励賞・受賞作!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ルクトニア領繚乱記 猫かぶり殿下は護衛の少女を溺愛中 /さくら青嵐

悪役令嬢、ブラコンにジョブチェンジします /浜千鳥


悪役令嬢、ブラコンにジョブチェンジします (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年11月刊。
割とオーソドックスな展開の悪役令嬢転生もの。
なのだけど、シスコンとブラコンの強烈な相思相愛っぷりがインパクト抜群なコメディでした。
アラサー社畜が悪役令嬢に転生し、目指すは破滅回避と愛する兄の過労死防止。
物語はまだまだ序章もいいところですが、勢いのある文章が楽しくてあっという間に1冊を読みきってしまいました。
しかしこれ、兄妹のラブラブっぷりが半端なくて恋愛フラグが立ちそうにないな?
もしくはゲームヒロインとの百合ルートに入ってないか??
次巻を楽しみに待ちたいと思います。

☆あらすじ☆
WEB発! 破滅フラグを折るのも、皇国滅亡ルート回避も——すべてはお兄様のため!
悪役令嬢エカテリーナに転生した社畜アラサーの利奈。前世の最推し・妹溺愛(シスコン)の兄アレクセイに会えて喜んだものの、初めて知った悪役兄妹の生い立ちが不幸すぎる!
しかもお兄様は公爵として多忙すぎる毎日。前世の知識でお兄様を助けようとするエカテリーナだけど……あれ、こんなところに皇国滅亡フラグが!?
ゲームになかった設定だらけの世界で、没落も滅亡も絶対回避!
すべてはお兄様のため、悪役令嬢は頑張ります!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 悪役令嬢、ブラコンにジョブチェンジします /浜千鳥

五竜の国 偽りの巫女は王を択ぶ /和知杏佳


五竜の国 偽りの巫女は王を択ぶ (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年11月刊。
男であると偽り、王を選定する神剣の守り役となった主人公。
自分の存在が何かを歪めてしまうのではないかと迷い、怯えながらも、彼女は自らの役目と向き合っていくことになります。
5人の候補の中から王を選ぶ物語としても、次代の為政者たちの成長物語としても、国を良くしようとする内政ものとしても、神の意を受け取る巫女の物語としても面白い作品でした。なんて贅沢な!
和風ファンタジーとしても魅力あふれる世界観だと思います。いや本当にこれは素晴らしい新作ですよ。私は大好きだ。
ぜひシリーズ化してほしいです。応援しています!

☆あらすじ☆
性別を偽り運命に挑む少女が手にするものとは? 運命の和風ファンタジー!
神剣の意を聞き、王を選ぶ斉家に生まれた日夜子。その役割は男性に受け継がれるが、都からの使者に妹を人質にとられ、男装し偽りの選定をすることに!
ところが、五竜の一人・白金竜鎮に選定の真偽を怪しまれ……?

以下、ネタバレありの感想です。先に謝っておきますが、長いです・・・!

続きを読む 五竜の国 偽りの巫女は王を択ぶ /和知杏佳

銀狼の姫神子 天にあらがえ、ひとたびの恋 /西嶋ひかり


銀狼の姫神子 天にあらがえ、ひとたびの恋 (角川ビーンズ文庫)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年11月刊。
第17回角川ビーンズ小説大賞「優秀賞」受賞作。
面白かった!
神の力を使い、人の世を瘴気から守る不老不死の姫宮。
姫宮の力と権威に目をつけた権力者たちの争いに巻き込まれるなかで、彼女は惹かれてはならない唯一の存在と出会ってしまうのです。
姉への愛憎をこじらせ、孤独に苦しみながらも気高くあろうとする主人公。
そんな彼女の心を乱すのは、神をも恐れぬ悪名高き王。
二人の駆け引きと恋の行方にハラハラしつつ、神話が息づくような世界観に心惹かれました。
これは良い和風ファンタジーだ。綺麗に終わってるけれどシリーズ化するのかな?今後の展開に注目したい新作でした。

☆あらすじ☆
世を守る姫宮として、15才の姿見で永遠の時を生きる真珠。役目から解放され命を失うのは運命の相手“銀狼”に出逢うとき。ある日、冷徹な若き国主・透輝が宮を訪れると、彼を銀狼と感じた真珠は取引をもちかけて?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 銀狼の姫神子 天にあらがえ、ひとたびの恋 /西嶋ひかり

紗和国竜神語り 麗しの公達に迫られても、帝になれません! /伊藤たつき


紗和国竜神語り 麗しの公達に迫られても、帝になれません! (角川ビーンズ文庫)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年10月刊行。
竜神に支配された国を舞台にした和風ファンタジー。
突然本当の身分を明かされ女帝候補となった庶民育ちの少女が、教育係兼夫候補の青年たちを相手に奮闘しつつ、竜神の求める答えを見つける物語です。
気まぐれな竜神に生殺与奪をがっちり握られた国という舞台設定が面白かったです。
ただ、主人公をはじめ登場人物のキャラ立ちがやや弱く、話の筋も少し定石通りすぎたかな・・・・・・
でも今後の展開次第では盛り上がりそうな気もするので、続刊に期待したいと思います。

☆あらすじ☆
竜神に選ばれ、公達に迫られて、帝にならないと国が滅ぶなんて!?
竜神と女帝との契約で、雨の恵みを受ける紗和国。貴族の館で働く緋蝶に帝から迎えが!? 次の帝として竜神と契約し、雨を降らせて欲しいという。けれど帝教育をする花賢師と呼ばれる公達たちは、くせもの揃いで!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 紗和国竜神語り 麗しの公達に迫られても、帝になれません! /伊藤たつき

竜宮輝夜記3 天よ望めよ、恋の久遠 /糸森環


竜宮輝夜記 天よ望めよ、恋の久遠 (角川ビーンズ文庫)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年9月刊。
四竜に愛でられる元奴隷階級の巫女が、天と地に分かれた世界で自分の役目を見定める和風ファンタジー第3弾。
最終巻です。駆け足気味だったけれど綺麗に終わっていると思います。
恋愛要素に関して言えば、前回がハーレムエンドで今回が個別ルート突入といった感じ。
どうなることかとハラハラしたけれど、最後まで楽しめました。面白かったです。

☆あらすじ☆
人が、竜が、世界の在り方が変わっても。心を捧げるのは貴方だけ
竜を統べる姫・斎花である紗良が、星宮より流罪を宣告される。それは竜が守護する世界の在り方を変える事件の始まりだった。人の思惑が竜たちの心を傷つけて行く中、紗良は最後に誰の手を取るのか——和風恋絵巻!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 竜宮輝夜記3 天よ望めよ、恋の久遠 /糸森環