「角川ビーンズ文庫」カテゴリーアーカイブ

一華後宮料理帖 第五品/三川みり

一華後宮料理帖 第五品 (角川ビーンズ文庫)
一華後宮料理帖 第五品 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年10月刊。
前巻から不穏な展開に入った中華後宮ファンタジー第5弾。
丈鉄回でした。男3人の絆を感じるエピソードにほっこり。
それにしても私の祥飛推しが加速して止まらない・・・!

☆あらすじ☆
「永久に、あなたを忘れることはできない」
3人の運命が激動する第5弾!!
朱西の秘密を知り、彼を守るため皇后となる道を選んだ理美。料理を作る余裕もないまま、立后式に向け皇后教育が始まるが、教師となったのはその朱西だった。一生抱え続けると決めた胸の痛みを隠して微笑み合う2人。しかし皇帝・ショウ飛の元に、和国人の皇后内定に反対する意見書が届けられる。宮廷の利権と思惑が立ちはだかる中、3人の恋は思いがけない方向に動き出し――!? たったひとつの「嘘」から運命が激動する第5弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 一華後宮料理帖 第五品/三川みり

一華後宮料理帖 第四品/三川みり

一華後宮料理帖 第四品 (角川ビーンズ文庫)
一華後宮料理帖 第四品 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年7月刊。
中華後宮ラブロマンス第4弾。
これは、え、どうなるの??
ハピエンいけます???
どっちに転んでもモヤりそうだし、個人的には当て馬(?)の皇帝に肩入れしてしまっているのも辛い。

☆あらすじ☆
互いへの想いを封じた理美と朱西。さらに皇帝・ショウ飛に「皇后になって欲しい」と言われ、理美は落ち着かない毎日を過ごしていた。そんなある日、元気がない五龍のため、神気に満ちた旧都・氾因に滞在することに。そこで見つけた鏡をきっかけに、奇妙な現象が起こり始める。臥せってしまったショウ飛に料理を作りながら、原因を調べだした理美は、朱西の秘密を知ってしまい……!? 大切な居場所を守るため、決断の時が迫る第4弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 一華後宮料理帖 第四品/三川みり

竜宮輝夜記 時めきたるは、月の竜王/糸森環

竜宮輝夜記 時めきたるは、月の竜王 (角川ビーンズ文庫)
竜宮輝夜記 時めきたるは、月の竜王 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2017年10月刊。
面白かった〜!
「花神遊戯伝」「恋と悪魔と黙示録」の糸森環さんの新作は、空中に浮かぶ「天の都」が舞台の和風ファンタジー。
人に対して複雑な感情を抱く四神の竜と、死を覚悟して竜の世話をすることになる少女。
彼らの出会い方や設定はダークなのだけど、その割にはシリアス押しではなく、コミカルにすれ違う彼らの日常がテンポ良く描かれていく物語でした。心にもないことばかり言う竜たちが可愛すぎてしんどい。
平安ベースの凝った世界観も楽しかったし、ぜひシリーズ化してほしい新作です!

☆あらすじ☆
あなたのために生きる──少女は竜王に全て捧げると決めた。
「おまえは神の皮をかぶった怪獣にはべる」──黒竜・由衣王にそう告げられ、世話係として人間の娘・紗良は召し上げられることに!?
神竜が人を護る世界で、運命の少女と竜王が織りなす和風ファンタジー恋絵巻!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 竜宮輝夜記 時めきたるは、月の竜王/糸森環

悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました/永瀬さらさ

悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました (角川ビーンズ文庫)
悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年9月刊。
著者の永瀬さらささんはビーンズ文庫の新人賞受賞作家で既に何作も出している方なのだけど、こちらはWEB小説の書籍化作品。
少年向けでは増えてきたルートだけど、今後は少女小説でも増えてくるのかな?

それはさておき、本作はいわゆる「悪役令嬢転生もの」。
悪役令嬢に転生したものの記憶を取り戻したときには婚約破棄されバッドエンド済み。その後に待ち受ける死亡エンドを回避するためにラスボスの魔王を懐柔しようと奮闘するラブコメです。
悪女系美少女と純情魔王のカップルが可愛くて好きでした。
「飼ってあげる」「泣かせたい」とマウント取り合う二人にニヨニヨ。
ジャンルのお約束を踏みすぎて微妙な部分はあるものの、テンポの良い掛け合いとキャラの魅力を楽しめるラブコメだと思います。

☆あらすじ☆
乙女ゲーム世界に、悪役令嬢転生したアイリーン。前世の記憶だと、この先は破滅ルートだけ。破滅フラグの起点、ラスボス・クロードを攻略して恋人になれば、新しい展開があるかも!? 一発逆転で幸せになれるか!?
電子特典は、クロードがアイリーンに「君は僕を愛しているのか?」と迫る、書き下ろしショートストーリーを収録!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました/永瀬さらさ

ドイツェン宮廷楽団譜2 嘘つき恋人セレナーデ/永瀬さらさ

ドイツェン宮廷楽団譜 嘘つき恋人セレナーデ (角川ビーンズ文庫)
ドイツェン宮廷楽団譜 嘘つき恋人セレナーデ (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2017年7月刊。
前巻は褒め言葉が止まらないレベルでドハマりしたオーケストララブコメ第2弾。
膨れ上がった期待に見事応えてもらえた続編でした。満足すぎて死にそう・・・!
周囲にはバレバレ、本人たちの間でもバレバレ、だけどなぜか両片思いみたいな状態の主役カップル。
焦れったいんだがダダ甘いんだか・・・・・・とりあえずひたすら萌えるしかないのは間違いありません。これはもう末永く爆発していただくしかない。
音楽モノとしても安定した満足度。
今回はアルベルトにライバル登場でラブ的にもオケ的にも燃える展開でした。楽しかった〜!

☆あらすじ☆
天才指揮者が現れて、“おつきあい”前に三角関係に発展……!?
正式な“おつきあい”も始まらず、第三楽団員選抜でも、ミレアをコンマスに選ばないアルベルト。そんな時、天才指揮者リアムがミレアを自分の選抜団員に指名する。受けた彼女はアルベルトに、ある勝負を持ちかけ!?
【電子限定特典】
本編終了直後のミレアとアルベルトの車中の様子を描いた、永瀬さらさ書き下ろしショートショート!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ドイツェン宮廷楽団譜2 嘘つき恋人セレナーデ/永瀬さらさ

身代わり伯爵と終幕の続き/清家未森

身代わり伯爵と終幕の続き (角川ビーンズ文庫)
身代わり伯爵と終幕の続き (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年5月刊。
本編が完結した身代わり伯爵シリーズ待望の後日談外伝集。
本編完結巻は2015年11月発売だったんですよね。えらく時間かかったなぁと思っていたら清家さんが体調不良だったとのこと。どうぞご自愛くださいませ・・・。
肝心の内容は相変わらずの楽しい身代わり伯爵ワールドでした。
リヒャルトとフレッドの馴れ初め話もよかったけれど、団長のクズ野郎っぷりに憤慨するエピソードが割と衝撃だったかもw

☆あらすじ☆
お待たせしました! 大人気シリーズの「その後」の物語が登場!!
大公夫婦に第三子誕生!……そのとき何が起きたのか?(「身代わり伯爵と終幕の続き」)、変人揃いの女官見習い一同が、若手騎士との集団お見合いを実施!?(「令嬢たちのお見合い大作戦」)、華麗なる恋愛遍歴を持つ第五師団長・ジャック。ついに彼に恋の女神が振り向く――か?(「身代わり伯爵と忘れじの恋の約束」)他、リヒャルトとフレッドの出会いを描いた非売品小冊子掲載の中編も収録! あの人もこの人も登場する幸せいっぱいの短編集!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 身代わり伯爵と終幕の続き/清家未森

令嬢鑑定士と画廊の悪魔2 永遠の恋を描く者たち/糸森環

令嬢鑑定士と画廊の悪魔 永遠の恋を描く者たち (角川ビーンズ文庫)
令嬢鑑定士と画廊の悪魔 永遠の恋を描く者たち (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年4月刊。
病弱無表情令嬢と世話焼き悪魔のコンビが、「歪画」に潜む悪魔と戦うラブファンタジー第2弾。
前巻よりもストーリーが面白かったし、リズとジョンの掛け合いも更に光っていたと思います。終盤のリズの悪魔を恐れぬ所業は本当に笑ったw
恋の自覚があるのかないのか微妙だけど甘い距離感も堪能できたのだけど、ラストで一気に関係が進んじゃってびっくり。これはもしや完結?

☆あらすじ☆
あなたを誰にも渡さない――悪魔のために、リズが選ぶ道は!?
養父ペテロン殺しの容疑で、悪魔のジョンが教会に拘束された。無実を証明しないと、一緒にいられない――リズはジョンを取り戻すため、真犯人の悪魔が棲む歪画を追うが、待っていたのは“神が宿る”という絵で!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 令嬢鑑定士と画廊の悪魔2 永遠の恋を描く者たち/糸森環

一華後宮料理帖 第三品/三川みり

一華後宮料理帖 第三品 (角川ビーンズ文庫)
一華後宮料理帖 第三品 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年3月刊。
一気に物語が動き出す第3巻。今回もすごく面白かった!
乗り気でない西国との国交樹立を目指すストーリーなのだけど、女性陣の華やかな活躍に心が踊りました。
もちろん理美も大活躍。彼女には彼女にしかできないことがある、っていうのが良い。
そして表紙的に気になる三角関係はかなり予想外な事態へ転びそう・・・??
続きが非常に気になる内容でした。これは、本当に、どうなっちゃうんだろう!?

☆あらすじ☆
百年もの間ほぼ鎖国状態だった西沙国と、崑国の国交樹立話が持ち上がった。理美は過酷な交渉でお疲れ気味の皇帝・ショウ飛の心身を癒やすため、専属のお夜食係に任命される。名誉ある役目に意気込む理美だが、朱西と一緒に過ごす時間は徐々に少なくなっていく。一方、理美への恋心を自覚した朱西は自分の気持ちを封印しようとするが……?
この恋は、忘れないといけない夢だった――。3人のせつない想いが交差する、第3弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 一華後宮料理帖 第三品/三川みり

流星茶房物語2 月下の龍と恋を誓う/羽倉せい

流星茶房物語 月下の龍と恋を誓う (角川ビーンズ文庫)
流星茶房物語 月下の龍と恋を誓う (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年2月刊。
茶師の少女が皇帝のために、国の運命を握る大一番に挑む中華ファンタジー第2弾。
今回は天才茶師がライバルとして登場、という王道展開にワクワクしました。
前巻で積み残した問題も片付いて綺麗に終わっているんだけど、もしかして完結?

☆あらすじ☆
獅国王・豪粋との宴で皇帝・煌慶のピンチを救った新米茶師の楓花。しかし楓花を気に入った豪粋は、楓花を獅国に寄こせと圧力をかけてきて!? 断るためには、未だ空位の宮廷茶師になるしかない――! 楓花は煌慶の叔父・斐周が味方する茶師・孤空と宮廷茶師の座をかけ勝負することになるが……。
「俺は未来永劫、あなたを手放すつもりはない――」
孤独な皇帝と茶師の中華風ラブ・ファンタジー、激動の続編!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 流星茶房物語2 月下の龍と恋を誓う/羽倉せい

巫女華伝 恋の舞とまほろばの君/岐川新

巫女華伝 恋の舞とまほろばの君 (角川ビーンズ文庫)
巫女華伝 恋の舞とまほろばの君 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年2月刊。
都から皇子が押しかけ婿にやってきて困惑する巫女が主人公の古代和風ファンタジー。
個人的にはもう少し古代の世界観を作り込んでほしかったけれど、巫女と皇子の恋は王道なロマンスを楽しめました。
まだ完全なハッピーエンドとは言えない感じなので、ぜひともシリーズ化して続けてほしいところ。そして恋敵のはずの婚約者をもうちょっと活躍させてほしい。
ところであらすじにちょっと違和感があるような気がするんだけど・・・・・・うーん?

☆あらすじ☆
「ねぇ――オレのこと、お婿さんにしてくれる?」
神さまの使いの巫女として国を守る瑠璃(るり)。しかし幼い頃に母親を病気で亡くし、神さまを信じられず薬学に励んでいた。ある日、大倭(やまと)王朝の見目麗しき皇子(みこ)・紫苑(しおん)が訪れる。視察でやって来たはずが突然、一目惚れだと求婚してきて!? けれども、瑠璃には既に一族の掟で定められ、結婚を誓った幼馴染がいた――。
巫女と皇子の禁断の恋を巡る、和風ラブ・ファンタジー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 巫女華伝 恋の舞とまほろばの君/岐川新