「アリアンローズ」カテゴリーアーカイブ

魔法世界の受付嬢になりたいです2 /まこ


魔法世界の受付嬢になりたいです 2 (アリアンローズ)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年4月刊。
やばいですね、ロックマン。
何なんだろうか、この男は。
いけ好かない天敵の顔をして、当たりのきつい言葉を使い、しれっとした態度のまま、本当に、本当に、何なんだ・・・!(震)
このケンカップル、素晴らしく良いです。というかロックマンがやばいわ。

☆あらすじ☆
幼い頃から憧れた『魔導所の受付のお姉さん』の職に就いたナナリー。就職してからも魔法学校時代のライバル、ロックマンとの腐れ縁は切れないままだったが、使い魔のララと優しい先輩達と共に日々を楽しんでいた。
ある日、騎士団と協力して依頼を受けていた行方不明者が見つかった場所へ調査に出向くことに。だけどメンバーとして現れたのはロックマンで!?
そのうえ何故だかナナリーの行動を一々気にかけてきて――。
前向き女子の、ほのぼの異世界おしごとファンタジー、待望の第2巻!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔法世界の受付嬢になりたいです2 /まこ

魔法世界の受付嬢になりたいです1 /まこ


魔法世界の受付嬢になりたいです 1 (アリアンローズ)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年10月刊。
受付嬢に憧れる少女が、魔法学校で自分を鍛えつつ、夢を叶えようと奮闘する物語。
最初の魔法学校パートは思ったより圧縮展開なんですね。楽しかったからじっくり読みたかった・・・・・・
でも就職してからが本番のようだし、お仕事ものとして面白くなりそうな感じ。

あとこれケンカップルものだと聞いていたのですが・・・・・・いいね!!すごく良い!!!
なんかこう、じわじわと心に効いてくる感じ。
同じ土俵で殴り合っていた子ども同士が、年頃の少年少女になって、やがて大人に変わりゆくような――

まだまだ序の口っぽいけれど、要所要所でロマンチックが大爆発。とても楽しかったです。

☆あらすじ☆
魔法が日常にあふれるこの世界で、幼い頃からナナリーが憧れる職業。それは魔導所の『受付のお姉さん』!
超一流の魔法使いでないとなれないのだ、と両親に諭され魔法学校に入学するも、周りは王子をはじめ貴族の子女だらけ。「庶民の意地を見せて、一番になってやる!」と決意したものの、隣の席の公爵子息・ロックマンと毎度競い合っていた。
卒業後――努力の末にナナリーは見事念願の『受付嬢』に!
使い魔のララと優しい先輩達と共に依頼をこなす楽しい毎日。だけどこれは嵐の前の静けさだった!? そのうえ、ロックマンとの腐れ縁は就職しても途切れず……!?
前向き女子の、ほのぼの異世界おしごとファンタジー、ここに開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔法世界の受付嬢になりたいです1 /まこ

突然ですが、聖女になりました。〜世界を救う聖女は壺姫と呼ばれています〜 /六つ花えいこ


突然ですが、聖女になりました。~世界を救う聖女は壷姫と呼ばれています~ (アリアンローズ)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年12月刊。
面白かった〜!
助けを求める声に応えた女子高生が、異世界で「聖女」として魔王討伐の旅に出る王道異世界召喚ファンタジー。
王道。王道です。主人公は壺だけど。事前に聞いてはいたけれど、なるほど、これは壺・・・!
あと、この主人公とても好きです。
天真爛漫なお人好し。そしてパワフル。
苦しいことも辛いことも沢山味わうけれど、その度に彼女の芯の強さを感じました。ぶっちゃけ序章で恋に落ちました。私が。

ちなみに本作は『聖女の、妹』と同じ聖女シリーズの3作目(と言っても書籍化は2作目)。
単独でも面白い作品ですが、『妹』を先に読んでいたおかげでニヤニヤできる箇所もあり、とても楽しかったです。

☆あらすじ☆
「我が世界をお救いくださいませ、聖女様」
桜が舞う春のある日、虎屋笑美は異世界の魔法使い・サイードに声をかけられた。
幼い頃から異世界に憧れを持っていた笑美は、ふたつ返事で承諾したけれど、彼女が期待されていたのは、“異世界を救うための聖女”ではなかった!?
「ねえサイードさん、謝ってくれてもいいのよ?」
聞いていないことだらけの異世界を救う旅の中で、壺姫と呼ばれるようになった聖女が贈る、涙と笑顔の異世界トリップストーリーが大幅加筆で登場!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 突然ですが、聖女になりました。〜世界を救う聖女は壺姫と呼ばれています〜 /六つ花えいこ

聖女になるので二度目の人生は勝手にさせてもらいます ~王太子は、前世で私を振った恋人でした~ 3 /新山サホ


【電子限定版】聖女になるので二度目の人生は勝手にさせてもらいます ~王太子は、前世で私を振った恋人でした~ 3 (アリアンローズ)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年8月刊。
転生して聖女候補となった少女が、前世の因縁を乗り越えて自由に生きようとするファンタジー第3弾。
完結巻です。綺麗にまとめて終わっているし、とても満足できました。
しかし最後は思わず吹き出してしまうセリフや展開が多かったなぁ。この作品のギャグパート好きだ。

☆あらすじ☆
前世で不幸な死を遂げ、今度こそ好きに生きると決めた転生者のリズ。聖女になるための最終選定の最中、再びリズを前世の因縁が襲う。だが、誤解が解けぬまま一人で死んだ前世と違い、王太子キーファ、神官ロイド、他の候補者たちの存在を力に、黒幕へと迫る。
とうとう五百年前から続く因縁を断ち切ることができるのか!?
「必ず、ここで終わらせてみせる」
聖女を目指す彼女が、最後に掴むものは――。
リズ達の“その後”のストーリーも4万字を超える大幅書き下ろしで収録。爽快ファンタジー第三弾、待望の開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 聖女になるので二度目の人生は勝手にさせてもらいます ~王太子は、前世で私を振った恋人でした~ 3 /新山サホ

聖女になるので二度目の人生は勝手にさせてもらいます ~王太子は、前世で私を振った恋人でした~ 2/新山サホ


聖女になるので二度目の人生は勝手にさせてもらいます ~王太子は、前世で私を振った恋人でした~ 2 (アリアンローズ)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年1月刊。
前世も今世も身分社会に苦しめられる平民の少女が、自由を目指して聖女候補の試験に挑戦する転生ファンタジー第2弾。
今回も面白かったです。前世ロマンスと陰謀サスペンスのバランスが丁度よい。
前世の恋は今世にも続くのか。恋をしているのは誰なのか。
神殿と王宮を巻き込む陰謀が進むなか、前世の因縁を乗り越えようとする主人公カップルの葛藤と奮闘が面白かったです。
それにしても、天与の才により突き進む主人公に比べると、悪役の方が努力してる感じになるのが少し笑える。でもそれが敵対関係に張り合いを生んで、読み応えに繋がっているのでしょうね。ラストのオチがとても好きでした。

☆あらすじ☆
前世で貴族に騙され不幸な死を遂げたリズは、今度こそ好きに生きるため、聖女になると決意する。
リズは次期聖女候補として、身分や思い込みにとらわれず選定試験を“自己流”でクリアしていく。その勢いはすさまじく、次期聖女は決まったものと思われたが、予期せぬライバルが登場し事態は大きく動き出す!
同じく転生していた前世の恋人、キーファと共に次の課題に挑むリズの前に、更に前世の自分そっくりの女性が現れて!?
「私にはわかる、あなたの本当の正体が――」
再び襲い掛かる前世の因縁もふっとばす、爽快ファンタジー第二弾、開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 聖女になるので二度目の人生は勝手にさせてもらいます ~王太子は、前世で私を振った恋人でした~ 2/新山サホ

聖女になるので二度目の人生は勝手にさせてもらいます 〜王太子は、前世で私を振った恋人でした〜 /新山サホ


聖女になるので二度目の人生は勝手にさせてもらいます ~王太子は、前世で私を振った恋人でした~ (アリアンローズ)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年9月刊。
前世と同じく平民として生まれ、身分社会の不条理に腹を立てる主人公。
前世の失恋を引きずりつつ、今度こそ身分に苦しめられない立場を望む彼女が、「聖女候補」として試練に挑む転生ファンタジーです。
オススメされて読んでみたのだけど、これは確かに面白い!
特別な力を持つ主人公の痛快活劇としても楽しく、切なさと甘さが交錯して描かれる転生ロマンスとしても好みなお話。
勧善懲悪要素も強いのだけど、そのなかで生まれる聖女候補同士の絆が心地よくて読後感ばっちりでした。
これは続きも読まないと!

☆あらすじ☆
婚約者は自分を裏切り、貴族のご令嬢と結婚。恋人や身分に振り回され不幸な死を遂げ――
(我ながら、ふざけた人生を送ったものだわ)
生まれ変わって、今度こそ自分の好きなように生きると決意したリズ。前世と同じく身分は平民だが、今世では天啓のような“不思議な力”を持っていた。その力を見いだされ、聖女候補の一人に選ばれたリズだったが、他の候補者は正統な魔力を持った貴族令嬢ばかり。
聖女になって、身分なんかに負けない力を手に入れようとするリズだったが、そんな彼女の前になんと“前世の恋人”が現れて――!?
魔力? 持ってません。身分? 平民です。
でも二度目の私は勝手にさせてもらいます!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 聖女になるので二度目の人生は勝手にさせてもらいます 〜王太子は、前世で私を振った恋人でした〜 /新山サホ

聖女の、妹 〜尽くし系王子様と私のへんてこライフ〜 /六つ花えいこ


聖女の、妹 ~尽くし系王子様と私のへんてこライフ~ (アリアンローズ)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2017年3月刊。
『どうも、好きな人に惚れ薬を依頼された魔女です。』が面白かったとブログに書いたら、こちらもどうぞとオススメされたので読んでみました。
こちらも面白かったです!

姉を失った心の傷を抱える女子大生と、彼女の部屋に飛び込んできた異世界の王子様。
二人の奇妙な同棲生活を描く、1DKの異世界交流で魔王討伐な日常物語です。

逆異世界召喚ラブコメとしても楽しませてくれるくせに、人の心の弱さやズルさの描き方が絶妙に上手くて何度も心を刺されました。
減らず口を叩きまくる主人公も、一見従順にみえる年下王子様も、どちらも良キャラすぎる。
話が進むにつれてどんどん切なくなるんだけど、同じくらいニヤニヤしちゃった!楽しかったです。

☆あらすじ☆
ある日ごくフツーの大学生・翠の前に、奇抜な服装の美少年が現れた!
アルフォンスと名乗った彼は、なんと異世界の王子様。魔王を倒す力を求め、聖女を探しにやってきたという。
「貴女様が聖女様であらせられますか?」「はぁ? ただの女子大生デスケド」
行く宛のないアルフォンスに押し切られ、料理・洗濯・掃除をこなすことを条件に、期間限定の同居を許した翠。彼が元の世界に戻るためには『魔王の倒し方』を手に入れるしかない。そんなものあるはずが……と頭を抱えた矢先、発売されたばかりのゲームの主人公が「アルフォンス」だと知って――!?
ずぼら女子と尽くし系王子様のへんてこ同居ライフ・コメディが登場!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 聖女の、妹 〜尽くし系王子様と私のへんてこライフ〜 /六つ花えいこ

らすぼす魔女は堅物従者と戯れる1 /緑名紺


らすぼす魔女は堅物従者と戯れる 1 (アリアンローズ)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年4月刊。
どこまでも不憫な男をドロドロに甘やかして依存させたい魔女と、そんな魔女の誘惑を必死に抗いつつ心が揺れる従者の関係を描いたラブコメディ。
悪役令嬢転生+婚約破棄モノなのだけど、不憫で健気な当て馬キャラを好きになりがちな人にオススメ。
私はそのタイプなので、当て馬純情男を妖艶にタラシ込む魔女のやり口がすごく楽しかったです。とてもイイ性癖をお持ちだ。捻じ曲がってる。

☆あらすじ☆
アニメの“らすぼす”に転生してしまった魔女のソニア。彼女は自分が悪しき魔女として討たれる未来を知っていた。そんな物語からの離脱を望んだソニアは、破滅へのきっかけである王子との婚約破棄を受け入れることに。その代償として前世でお気に入りだった騎士・ヴィルを従者として手に入れることに成功した。本来刺し違える役目を背負っていたヴィルと故郷で平穏に暮らすことを望むソニアだけれど、ヴィルは彼女を悪い魔女だと決めつけ反発ばかりで…!? 奇妙な運命に抗う“らすぼす魔女”の快進撃がスタート!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む らすぼす魔女は堅物従者と戯れる1 /緑名紺

復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる1・2 /クレハ

復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる 1 (アリアンローズ)
復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる 1 (アリアンローズ)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
1巻:2017年1月刊、2巻:2017年2月刊。
度を越した執着をみせる幼馴染(同性)と一緒に異世界に召喚され、そこで散々な目に遭い復讐を誓った女子大生のお話。
復讐と言いつつ人の良さが言動からにじみ出ていて、決してダークな物語ではありません。至極まっとうにケジメをつけさせようとするヒロインのさっぱりした気性が好き。
色々大変なこともあるけれど、タフな性根の主人公がほのぼのと異世界ライフを満喫するファンタジーでした。
ヒロインを溺愛する精霊たちがとても可愛くてほっこり。
猫として出会った竜王とのラブコメもなかなか良かったのだけど、こちらは今後に大いに期待といった感じでした。続きも読みます。

☆あらすじ☆
ワガママ幼馴染あさひに懐かれているせいで、散々な生活を送っていた森川瑠璃。ある日、そんなあさひに巻き込まれ瑠璃は異世界に召喚されてしまう。しかも、陰謀によって危険な森に捨てられることに……!?「絶対に生き抜いて、あいつらに復讐してやる」しかし、親切な魔法使いチェルシーに助けられ、瑠璃は異世界での生活を満喫し始める。ひょんなことから手に入れた腕輪の効果で、白猫に変身できるようになった瑠璃。身を寄せることになった竜王国で人であることを隠すはめになった彼女は、当面、白猫の姿で過ごすことになってしまい……。ふわふわモフモフの小さな姿でどうやって復讐を果たすのか!?アリアンローズ新人賞受賞作。 精霊と魔法の王道異世界ファンタジー第一弾、ここに登場!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる1・2 /クレハ

ヤンデレ系乙女ゲーの世界に転生してしまったようです4/花木もみじ

ヤンデレ系乙女ゲーの世界に転生してしまったようです 4 (アリアンローズ)
ヤンデレ系乙女ゲーの世界に転生してしまったようです 4 (アリアンローズ)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年2月刊。
ヤンデレ系乙女ゲーム転生シリーズの最終巻。
転生ヒロインの葛藤を掘り下げつつ、綺麗にまとめた大団円だったと思います。
「ヤンデレは 忘れた頃に やってくる」(1巻より)がぴったりの楽しいシリーズでしたw

☆あらすじ☆
卒業式が迫っている。ヴォルフやウィオラは学園を離れ、シェイドとリリィも卒業パーティーの準備に忙しい。一人学園内で過ごす私の目の前にオリアが現れたのはそんな時のこと。「しばらくこれを預かっていただきたくて! リコリス寮長なら安心です!」断る間もなく押し付けられたのは、なんとあの『ヤンデレ系乙女ゲー』の元になったかもしれない、恐ろしい『黒い手帳』! おまけに中からはオリアが書いたと思しき暗号メモまで飛び出して……!? おおむね平穏だった学園生活に最後の大嵐が吹き荒れる! さらにリコリスが持つ、魔法の力と前世の記憶。その秘密も明らかに――。大好評、ヤンデレ系乙女ゲー・ラブミステリー、ついに完結!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ヤンデレ系乙女ゲーの世界に転生してしまったようです4/花木もみじ