「電撃の新文芸」カテゴリーアーカイブ

傷心公爵令嬢レイラの逃避行 下 /染井由乃


傷心公爵令嬢レイラの逃避行 下 (電撃の新文芸)【Amazon】【BOOK⭐︎WALKER】

前巻の感想はこちらから

評価:★★★★☆
2020年8月刊。
泥沼ヤンデレ三角関係という濃い内容のラブロマンスですが、下巻は更にパワーアップして濃厚でした。
選ばれなかったヤンデレは恐ろしく、選ばれたヤンデレも本当に大丈夫か?と不安になり。
でもこういう作品って、その不安定な関係性こそが楽しいもの。
本作もとても面白かったです。

☆あらすじ☆
溺愛×監禁。身を焦がす執着愛のたどり着く先は――。
元婚約者である王太子によって塔に監禁されたレイラ。彼女の心には、喧嘩別れになってしまった最愛の魔術師の事が残り続けていた。複雑に絡み合う、歪な執愛の末に公爵令嬢がたどり着いた恋の結末とは――?

以下、ネタバレありの感想です。WEB版の後日談にも触れるのご注意を。

続きを読む 傷心公爵令嬢レイラの逃避行 下 /染井由乃

EDGEシリーズ 神々のいない星で 1・2巻 /川上稔


EDGEシリーズ 神々のいない星で 僕と先輩の惑星クラフト〈上〉 (DENGEKI EDGEシリーズ)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
1巻「僕と先輩の惑星クラフト」(上)2019年8月刊、(下)同年9月刊。
2巻「僕と先輩のウハウハザブーン」(上)2020年5月刊、(下)同年7月刊。

最近、川上稔作品を読み漁ってるのだけど、最新シリーズもすごく面白いですね!
これは世界各地の神話や伝承が好きな人にはたまらない作品だと思います。特に神話の成り立ちを考察するのが好きな人とかね。
人類史と神話の交錯に思いをはせつつ、元気いっぱいな主人公たちの馬鹿騒ぎに終始笑いっぱなしでした。
テラフォーム系SFとしても楽しめるし、90年代のレトロな空気も面白く、そして先輩と主人公のラブコメは可愛くてにっこり。
各種要素を並べると闇鍋のようだ。それらが上手くまとまっているところも凄いです。
そしてこういう知識量で殴る系の物語大好き!
まじで神話好きは読んだらいいですよ。これは楽しいぞ・・・!

☆あらすじ☆
『境界線上のホライゾン』の川上稔が贈る待望の新シリーズが登場!
境界線上のホライゾンでたびたび言われる“神代の時代”。人々が天上にいたとき、何があったのか……、というか、その前提?
気づくと現場は1990年代。広大な学園都市の中で、僕は馬鹿なダベりをしつつ、巨乳の先輩に縦方向の盛り上がりをしていたのだけど、何か没入系ゲームで即死したりといろいろありましてね……。
チョイと気軽に天地創造。つまりこれは「神話再現」だ……!

以下、2巻までのネタバレあり感想です。

続きを読む EDGEシリーズ 神々のいない星で 1・2巻 /川上稔

Babel 1 少女は言葉の旅に出る /古宮九時


Babel I 少女は言葉の旅に出る (電撃の新文芸)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2020年6月刊。
面白かったー!
『Unnamed Memory』と同じ世界、違う時代に迷い込んだ少女の旅を描く異世界トリップファンタジー。

かつて電撃文庫で2巻まで刊行された作品ですが、電撃の新文芸にてリブート。
結局WEB版の続きを読めずにいたので、書籍版で再び読む機会を得られて嬉しかったです。
そしてリブート版は旧版よりも読み応えが大幅にアップ。こちらの方が格段に面白かったです。

元の世界に戻るために旅に出た少女。
彼女を助けながら、彼女から「文字」を学ぶ青年。

少しずつ違和感をにじませていく物語は、どのような全貌をみせてくれるのか。

とても楽しみです。続きは秋!

☆あらすじ☆
WEBで読者を熱狂の渦に巻き込んだ、珠玉の異世界ロードファンタジー
現代日本から突如異世界に迷い込んでしまった女子大生の水瀬雫。剣と魔法が常識の世界の辺境に降り立ってしまい途方に暮れる彼女だったが、魔法文字を研究する風変わりな魔法士の青年・エリクと偶然出会う。
「――お願いします、私を助けてください」
「いいよ。でも代わりに一つお願いがある。
僕に、君の国の文字を教えてくれ」
日本に帰還する術を探すため、魔法大国ファルサスを目指す旅に出る二人。その旅路は、不条理で不可思議な謎に満ちていて。――そうして、運命は回りだした。
これは、言葉にまつわる物語。二人の旅立ちによって胎動をはじめたばかりの、世界の希望と変革の物語。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む Babel 1 少女は言葉の旅に出る /古宮九時

傷心公爵令嬢レイラの逃避行 上 /染井由乃


傷心公爵令嬢レイラの逃避行 上【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2020年5月刊。
性癖で殴る系のドロ沼ヤンデレ三角関係もの。
女性向けラノベ界隈を見渡しても、なかなかのディープ路線じゃないだろうか。
病みっぷりがやばいぞと薦められて読んだのだけど、正直こういうの好きだよ・・・・・・

そんな本作は、電撃文庫が宣伝する「電撃の新文芸」から出ている作品です。どうしたの電撃??

右を向いても左を向いてもヤンデレがスタンバイしてる薄幸公爵令嬢の物語。
展開も地獄みが深いです。そういうの好きな人はめっちゃ楽しいと思う!

☆あらすじ☆
溺愛×監禁。婚約破棄の末に逃げだした公爵令嬢が囚われた歪な愛とは――。
事故による2年もの昏睡から目覚めたその日、レイラは王太子との婚約が破棄された事を知った。彼はすでにレイラの妹のローゼと婚約し、彼女は御子まで身籠もっているという。全てを犠牲にし、厳しい令嬢教育に耐えてきた日々は何だったのか。たまらず公爵家を逃げ出したレイラを待っていたのは、伝説の魔術師からの求婚。そして婚約破棄したはずの王太子からの執愛で――?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 傷心公爵令嬢レイラの逃避行 上 /染井由乃

英国幻想蒸気譚2 ブラッドレッド・フォルクール /白雨蒼


英国幻想蒸気譚II -ブラッドレッド・フォルクール- (DENGEKI)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
19世紀末の英国を舞台に、機械じかけの怪物との戦いを描くスチームパンク第2弾。
前巻とあわせて上下巻のような構成なんですね。
登場人物それぞれの因縁の相手との決着。
随所に切ない場面もあったけれど、オーバーテクノロジーな機械だらけのアクションは縦横無尽な躍動感があり、とても面白かったです。

☆あらすじ☆
蒸気機関革命のロンドンで繰り広げられる正統派スチームパンクアクション!
シャーロック・ホームズの助力の元、トバリたちはヴィンセントの口より世界の裏側で暗躍する錬金術師たちの戦いを知ることとなる。
そして古から連綿と続く錬金術師たちの闘争に一石を投じるべく、彼らはパラケルスス、そしてセンゲとの再戦を決意する。 しかしロンドンの地下には、彼らの決意と覚悟をも容易く踏みにじる悪意が渦巻いていて——。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 英国幻想蒸気譚2 ブラッドレッド・フォルクール /白雨蒼

Unnamed Memory 1 青き月の魔女と呪われし王 /古宮九時

Unnamed Memory I 青き月の魔女と呪われし王 (DENGEKI)
Unnamed Memory I 青き月の魔女と呪われし王 (DENGEKI)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年1月刊。
以前から観測範囲で頻繁に評判を聞いていた人気のWEB小説。
待望の書籍化ということで読んでみたのだけど、これ本ッ当に面白いですね!?

呪われた王子と孤独な魔女の御伽噺であり、最強剣士と最強魔女の痛快活劇であり、結婚しろと迫る男と断固拒否ですと流す女のラブコメ。なにこれ好きが詰まってる。

細部まで作り込まれた設定は読み応えがあり、最強コンビによるアクションは躍動感が素晴らしい。
そして、打てば響くような2人の掛け合いは最高に気持ち良い。
テンポよく軽快に進むからスルスル読めてしまい、「まだ読み終わりたくない!」という葛藤と戦うのが大変でした。

世界観はまだ全貌が見えてこないけれど、そんな段階でもワクワクするポテンシャルに満ちています。
人と魔女の、近いようで遠い距離感にエモみを感じる恋愛要素もすごく良かった・・・・・・これは皆さんが推すのも分かる。

書籍版はもちろん応援するとして、手が空いたらWEB版に飛んでみようと思います。だって続き待てないよ・・・!

☆あらすじ☆
呪われし王と、世界最強の魔女。禁忌の出会いは【運命】を書き換える。
「俺の望みはお前を妻にして、子を産んでもらうことだ」
「受け付けられません!」
永い時を生き、絶大な力で災厄を呼ぶ異端――魔女。強国ファルサスの王太子・オスカーは、幼い頃に受けた『子孫を残せない呪い』を解呪するため、世界最強と名高い魔女・ティナーシャのもとを訪れる。
“魔女の塔”の試練を乗り越えて契約者となったオスカーだが、彼が望んだのはティナーシャを妻として迎えることで……。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む Unnamed Memory 1 青き月の魔女と呪われし王 /古宮九時