「未分類」カテゴリーアーカイブ

異人館画廊6 透明な絵と堕天使の誘惑 /谷瑞恵


異人館画廊 透明な絵と堕天使の誘惑 (集英社オレンジ文庫)【Amazon】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年12月刊。
人を狂わせる図像術を用いた絵画。
現代では失われた技術を研究する少女と、彼女を見守る画商の青年。
微妙な距離感にある二人と、様々な技能を持つ仲間たちが、図像術にまつわる謎に挑む絵画ミステリー第6弾。
なにげに2年ぶりの新刊です。
待ちに待ったシリーズ。ようやく色々と動きが――!

☆あらすじ☆
千景のもとに「―もうすぐ僕は、絵を完成させる。見た人を不幸にする絵だ…」と脅迫めいた手紙が届いた。消えた図像術の研究者、有名な心霊スポット「切山荘」、四つの絵…点と点が線となり、やがて千景の過去へと繋がっていく。誘われるように、自らの失った記憶に向き合おうとする千景を透磨は案じ、守ろうと二人の距離は近づいて―?
待望の第六弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 異人館画廊6 透明な絵と堕天使の誘惑 /谷瑞恵

自己紹介

はじめまして。みかこと申します。

以前、「みかこの読書日記」というブログでライトノベル等の感想を書いていたので、ご存じの方もいらっしゃるかもしれません。

九州在住のラノベ好きです。
少女小説を含むライトノベル全般を読みます。
以前は少女小説ばかりを読んでいたので、少年向けライトノベルはまだまだ知らない作品ばかりです。面白い作品に出会う度に幸せを感じています。

人生で1作品しか選べなければ迷わず「伯爵と妖精」を選びますが、他に「東京レイヴンズ」、「薔薇のマリア」が特に好きです。谷瑞恵先生、あざの耕平先生、十文字青先生の著作はとりあえず作家買いしているはず。他にハマっている作品についてはおすすめラノベリストをご覧ください。
このブログで感想を書くにあたっては、読了直後の勢いであまり深く推敲せずに書いていることが多いです。変なことを書いていても多めにみてもらえれば嬉しいです。

拙い感想を書くブログですが、どうぞよろしくお願いします。