「小学館文庫」カテゴリーアーカイブ

さくら花店 毒物図鑑2 夏の悪夢/宮野美嘉

さくら花店 毒物図鑑 夏の悪夢 (小学館文庫キャラブン!)
さくら花店 毒物図鑑 夏の悪夢 (小学館文庫キャラブン!)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年9月刊。
植物の声が聞こえる店主が、植物とともに心を病んだお客さんを癒やしていく物語の第2弾。
病んで歪んだ愛を描かせると宮野さんはピカイチですね。ほんと好き。
そして広島弁夫婦の可愛さもパワーアップしていました。喧嘩(?)しながらイチャつくの最高か〜

☆あらすじ☆
住宅街にひっそりとたたずむ、レトロな雰囲気の「さくら花店」。一見ごく普通のフラワーショップだが、花に呼ばれるようにしてここにやってくるのは、傷ついて病んでしまった心を抱え、人知れず苦しんでいる人ばかり。生まれながらに植物の声を聞くことができる店主の雪乃は、人々を癒して救おうとする花たちの願いを受け、その手助けをしているのだ。
ある日、幼馴染みの男の子と一緒に女子高生の静香が店にやってきた。美しく奔放な妹の誕生日祝いにと、白い百合を買い求める彼女。百合を配達しに静香の家に向かった雪乃は、庭に植えられた黒百合の様子を見て嫌な予感を抱くが……。
花に求められれば危険もかえりみず走り出してしまう雪乃。渋々ながらもそれを見守りフォローする、人嫌いでぶっきらぼうな樹木医の将吾郎。そして雪乃と同じ能力を持つ、悩める少年ヒロ。風変わりな夫婦と居候が、植物にまつわる事件と心の闇を解き明かす!
優しくて怖い花物語、第二弾登場。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む さくら花店 毒物図鑑2 夏の悪夢/宮野美嘉

さくら花店 毒物図鑑/宮野美嘉

さくら花店 ~毒物図鑑~ (小学館文庫)
さくら花店 ~毒物図鑑~ (小学館文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年4月刊。
植物の声を聞くことのできる花屋の女主人。
人の心を癒そうとする花に呼ばれ、彼女の花屋には心を病んだ人々が次々と訪れます。
これは、そんな花屋の怖くて優しい日常と謎を描いた連作短編集です。

宮野美嘉さんと言えば「幽霊伯爵の花嫁」シリーズ(ルルル文庫)などのヒット作を出した作家さん。
たとえコメディタッチに描かれていても、どこか仄暗さの滲む作風だと個人的には思っています。いつも誰かしら病んでいるから・・・

そして本作はまさに宮野美嘉!って感じの作品でした。誰かどころか、みんな病んでる。
花を愛し花に愛されるヒロインも、彼女の夫である気難しい樹木医も、夫婦のところに居候する少年も、そして花屋を訪れる客人たちも、心を病んだ人ばかり登場するんです。
そこが恐ろしくもあり、哀しくもあり、愛おしくもあり。特に主人公夫妻の歪みを感じる関係には要注目です。

ルルル文庫なき今、宮野美嘉さんの少女小説をまた読めるのか(ガガガのシリーズはあるものの・・・)と不安になっていたのだけど、小学館キャラブン!で読めるようですね。安心しました。

☆あらすじ☆
傷つき病んだ心を呼ぶ店――癒しの花物語。
住宅街にひっそりとたたずむ「さくら花店」。レトロな雰囲気の小さなその店にやってくるのは、心に深い悩みを抱える客ばかり。それは植物たちが、傷ついた人の心を癒そうとして彼らを呼び寄せているからだ。
そんな不思議な花店を切り盛りするのは、植物の声を聞くことができる、店主の佐倉雪乃。悲しい人々を救おうとする植物の願いを受けて、その手助けをするのが雪乃の仕事だ。
今日もさくら花店には、暗い顔をした客がやってくる。
「旦那を殺したら罪になるんですかね…」
呟く女性の心を救いたいと言う可憐な花たちの横で、雪乃はそっと微笑む。
「あなたはここへ呼ばれてきました。花は病んだ人を呼ぶんです。あなたは花に癒されるために、ここへ来たんですよ――」
不思議な力を持つ雪乃を支えるのは、極度の人嫌いでぶっきらぼうな樹木医の夫、将吾郎。
風変わりな夫婦の日々と、植物にまつわる事件を描く、優しくて怖い花物語。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む さくら花店 毒物図鑑/宮野美嘉