「一迅社メゾン文庫」カテゴリーアーカイブ

一乗寺探偵事務所の広辞くんと千世子さん /山咲黒


一乗寺探偵事務所の広辞くんと千世子さん (メゾン文庫)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年10月刊。
ビーズログ文庫で活躍されている山咲黒さんのライト文芸作品。
とても面白かったです。
広辞苑を諳んじる探偵夫と、事務や家事で彼をサポートする愛妻。
探偵事務所に持ち込まれる様々な謎に挑みつつ、物語は仲良し夫婦に隠された秘密に迫っていくのです。
二度読み必至とはまさにこれ。
最初はキュンとしたセリフが、二度目にはガ・・・ッと心臓を掴まれる気分に。なんだこの夫婦ー!

☆あらすじ☆
浮気調査に人捜し、その他どんな不思議な依頼でも承り中の一乗寺探偵事務所。所長不在の中でも、依頼解決のために仲良し夫婦が奮闘中! コミュニケーションには難ありだけど、膨大な知識を生かして調査員として活躍する広辞くんと、ご飯をこよなく愛する千世子さん。最高のパートナー同士のはずが、なにやら広辞くんには隠し事がある様子。時を同じくして、頻繁に掛かってくるようになった間違い電話。それらに隠された真実とは……!? 日常系ミステリ!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 一乗寺探偵事務所の広辞くんと千世子さん /山咲黒

ばけもの和紙庵の花嫁さん /糸森環

ばけもの和紙庵の花嫁さん (メゾン文庫)
ばけもの和紙庵の花嫁さん (メゾン文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年3月刊。
「ばけもの」と呼ばれる人外のものと人間が共存する世界を舞台に、お見合いで出会った二人の恋と日常を描いた物語。
現代日本でありながら不思議と隣り合わせな世界観がとても素敵でした。
「紙」にまつわる様々な謎や、そこに絡めて語られる日本文化のお話も面白かったです。
肝心の仮夫婦関係は適度な甘さと距離感が良かったものの、終盤が少し駆け足気味に感じた点が惜しい。本当に惜しい・・・・・・
もしシリーズ化するなら続きも読むと思います。

☆あらすじ☆
心に傷を負い、故郷の函館に戻ってきた桃子のお見合い相手は、烏(からす)の<ばけもの>の青年だった!?
お見合いの席に現れた烏、元親に驚きつつも、桃子は互いの見極め期間として「お試し夫婦」になることを提案。結婚に夢は見ない。たとえ相手が烏でも相性がよければいい。烏姿の元親とのお付き合いを開始した桃子だったが、ある日青年姿の元親に遭遇して……!?
和紙屋の店主のばけものの青年との、ほっこり系お見合いラブ

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ばけもの和紙庵の花嫁さん /糸森環