「ポルタ文庫」カテゴリーアーカイブ

託児処の巫師さま 奥宮妖記帳 /霜月りつ


託児処の巫師さま 奥宮妖記帳 (ポルタ文庫)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年8月刊。
男子禁制の奥宮を舞台に、腕利きの青年巫師と真面目な女性武官があやかし相手に奮闘する中華ファンタジー。
ミステリ風の連作短編でさくさく楽しく読めました。
特に主役ふたりの掛け合いが好き。それぞれの能力や性格が真逆な凸凹コンビなのだけど、かっちりと噛み合う活躍ぶりが良かった。
シリーズ化するなら続きも読みたいです。

☆あらすじ☆
かつて皇宮巫師として名声を博した青年、昴。理由あって皇宮を離れた今は、街で託児処を営み子どもたちの世話をしている。貧しくとも楽しい日々を送っていたある日、突然現れた兵士にさらわれた昴。兵長の翠珠から「奥宮の妖怪騒ぎを巫師の力で解決してほしい」と言われ、昴は報酬を目的に仕事を引き受けることに。だが、妃たちが暮らす奥宮は男子禁制。昴は男であることを隠し、女装姿で事件の捜査を進めるはめに。しかし、妖怪騒動には意外な事実が隠されていた――。
子ども好きな美貌の巫師と堅物女性兵長のコンビが、妖怪事件の謎を解く!中華あやかしミステリー!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 託児処の巫師さま 奥宮妖記帳 /霜月りつ