「ポルタ文庫」カテゴリーアーカイブ

小戸森さんは魔法で僕をしもべにしたがる /藤井論理


小戸森さんは魔法で僕をしもべにしたがる (ポルタ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年10月刊。
告白させるために「しもべ」にしたい魔女と、恋人になりたいから「しもべ」になりたくない少年。
ポンコツで鈍感な二人の高校生が、期限を1年に区切り、両片思いの攻防を繰り広げる青春ラブコメです。
嗜好がおじいちゃんっぽい園生くんも、魔法をかけようとして尽く失敗する小戸森さんも、どちらも相手のことが好きすぎて可愛い。思わずニコニコしてしまう。
超至近距離ですれ違い続ける焦れったさが最高でした。とても好き。面白かったです。

☆あらすじ☆
草食系を通り越して老成した趣きのある高校生・園生くんは、ふとした偶然から、非の打ちどころのない美少女で学校一の人気者・小戸森さんが魔女だと知る。おまけに小戸森さんに「魔法でしもべにする」と宣言されてしまい、眉唾な魔法をいろいろ使われる羽目に。しかし、“しもべ”なんかではなく、小戸森さんの“恋人”になりたい園生くんとしては、なんとか小戸森さんの魔法に抗いたい。とはいえ、園生くんの前ではなぜか素が出てしまう小戸森さんは、今ひとつ魔女として本領発揮ができないようで!?
超ド級の鈍感男子と超絶奥手魔女による、じれじれ“両片想い”ストーリー。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 小戸森さんは魔法で僕をしもべにしたがる /藤井論理

託児処の巫師さま 奥宮妖記帳 /霜月りつ


託児処の巫師さま 奥宮妖記帳 (ポルタ文庫)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年8月刊。
男子禁制の奥宮を舞台に、腕利きの青年巫師と真面目な女性武官があやかし相手に奮闘する中華ファンタジー。
ミステリ風の連作短編でさくさく楽しく読めました。
特に主役ふたりの掛け合いが好き。それぞれの能力や性格が真逆な凸凹コンビなのだけど、かっちりと噛み合う活躍ぶりが良かった。
シリーズ化するなら続きも読みたいです。

☆あらすじ☆
かつて皇宮巫師として名声を博した青年、昴。理由あって皇宮を離れた今は、街で託児処を営み子どもたちの世話をしている。貧しくとも楽しい日々を送っていたある日、突然現れた兵士にさらわれた昴。兵長の翠珠から「奥宮の妖怪騒ぎを巫師の力で解決してほしい」と言われ、昴は報酬を目的に仕事を引き受けることに。だが、妃たちが暮らす奥宮は男子禁制。昴は男であることを隠し、女装姿で事件の捜査を進めるはめに。しかし、妖怪騒動には意外な事実が隠されていた――。
子ども好きな美貌の巫師と堅物女性兵長のコンビが、妖怪事件の謎を解く!中華あやかしミステリー!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 託児処の巫師さま 奥宮妖記帳 /霜月りつ