「ポプラ文庫」カテゴリーアーカイブ

いまはむかし 竹取異聞 /安澄加奈


いまはむかし 竹取異聞 (ポプラ文庫ピュアフル)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2013年9月刊。
新たな切り口と大胆な解釈で描く「竹取物語」。
かぐや姫の末裔と月守りの少年の冒険を描く和風ファンタジーです。
彼らを見守る武家の少年、その幼馴染の薬師の少女。
まつろわぬ民の長の息子。
5つの宝を探す旅のなかで偶然に出会った少年少女の冒険と友情、そして成長と恋。
後半が特に駆け足だったのが気になったかな。設定とキャラが良かっただけに、もう少し長い尺で読んでみたい作品でした。

☆あらすじ☆
武官となるのを拒んで家を出た弥吹が出会ったのは、ある目的のためにふたりだけで旅をしている「月守」の少年たち。彼らは「かぐや姫」の伝説に深く関係していた。興味をひかれた矢吹は、彼らと行動をともにするうちに、次第にかぐや姫にまつわる壮絶な運命の渦へと巻き込まれていく。ふたりはいったい何者なのか? 五つの宝とは?
「竹取物語」を大胆かつ自由に解釈した、瑞々しく清々しい和製ファンタジー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む いまはむかし 竹取異聞 /安澄加奈

宮廷のまじない師 白妃、後宮の闇夜に舞う /顎木あくみ


宮廷のまじない師 白妃、後宮の闇夜に舞う (ポプラ文庫ピュアフル)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2020年5月刊。
『わたしの幸せな結婚』の顎木あくみさんの新作中華後宮ファンタジー。

後宮で起こる怪異現象を解決するため、平民のまじない師の少女が「偽りの妃」として悪戦苦闘する物語です。
劣等感を抱えた主人公と、自信満々な皇帝陛下の掛け合いが良かった。
正反対に見えて通じ合う部分を持つカップルは好きです。

この大変な時期に発売されたにも関わらず、速攻で重版を決めたようだし、これはシリーズ化するんじゃないか?
身分差のある二人の関係の行方が気になるので続きが楽しみです。

☆あらすじ☆
白髪と赤い瞳の外見から鬼子と蔑まれてきた、まじない師・珠華。 皇帝陛下からの依頼を受け、偽りの妃として後宮へ――。 彼自身にかけられた呪いと、宮廷で起きた怪異事件の謎を解くために、愛憎渦巻く闇へと足を踏み入れる……!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 宮廷のまじない師 白妃、後宮の闇夜に舞う /顎木あくみ

見習い神主と狐神使のあやかし交渉譚 /江本マシメサ

(P[え]1-1)見習い神主と狐神使のあやかし交渉譚 (ポプラ文庫ピュアフル)
(P[え]1-1)見習い神主と狐神使のあやかし交渉譚 (ポプラ文庫ピュアフル)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年1月刊。
祖父の死をきっかけに実家の神社を中心に様々な騒動が起こり、その解決に奔走する高校生を描いたファンタジー。
表紙のケモ耳美少女にワクワクして読んだのに主にケモ耳はやしてるのは別の人物だとか表紙詐欺では!?笑
と思って見直したら表紙にもしれっといるやんけパパーー!笑笑
シリアスな顔して脱力系な日常コメディでした。
ふふっと笑えるシュールなネタが多くて楽しかったです。

☆あらすじ☆
七ツ星稲荷神社で見習い神主として家業を手伝う水(か)主(こ)村(むら)勉(つとむ)――通称トムはどこにでもいる普通の高校生。だが、「わし、狐だったんや」という言葉を遺して亡くなった祖父のせいで、トムの平和な日常は脅かされることになる。ある晩、トムがあやかしと呼ばれる不可解な存在に襲われかけたとき、不思議な雰囲気の少女に出会う。彼女は神社入り口にあるペアの狐像の片割れだと言ってきて――。 謎の事件に見習い神主とケモミミ神使が挑む!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 見習い神主と狐神使のあやかし交渉譚 /江本マシメサ

英国幻視の少年たち5 ブラッド・オーヴァ・ウォーター/深沢仁

(P[ふ]4-5)英国幻視の少年たち5: ブラッド・オーヴァ・ウォーター (ポプラ文庫ピュアフル)
(P[ふ]4-5)英国幻視の少年たち5: ブラッド・オーヴァ・ウォーター (ポプラ文庫ピュアフル)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年7月刊。
色々と準備回な雰囲気の英国現代ファンタジー第5巻。
カイとランスの交わっているようで平行線な関係に少しは動きがあった・・・のかな?
個人的にはランスとシンシアの関係の行く末の方が気になったり。

☆あらすじ☆
ロンドンで「ゴーストの死神」をめぐる事件に巻き込まれて以来、報告局の上層部からも注目される存在となったカイ。 エドから本部への引っ越しを提案され、一度ウィッツバリーに戻って検討することになった。 ランスとの言い争い、つきまとう悪夢、タガート兄弟からの届け物、不審な訪問者──。 さまざまなことを経てカイが出した答えとは? 番外短編「メイトランズの夏」を収録した、シリーズ第5弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 英国幻視の少年たち5 ブラッド・オーヴァ・ウォーター/深沢仁

英国幻視の少年たち4 ウィール・オブ・フォーチュン/深沢仁

(P[ふ]4-4)英国幻視の少年たち4: ウィール・オブ・フォーチュン (ポプラ文庫ピュアフル)
(P[ふ]4-4)英国幻視の少年たち4: ウィール・オブ・フォーチュン (ポプラ文庫ピュアフル)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年3月刊。
マリコやエドの過去がわかる前日譚で構成された短編集的第4巻。
元々透明感があるために幻想的なシリーズだったけれど、過去の話もやっぱり透明すぎてなんだか儚い気持ちになるものでした。特にマリコとグレン。

☆あらすじ☆
「幽霊が見える」中学生の鞠子は、ある老女との出会いをきっかけにイギリスへの憧れを募らせ、二十歳でとうとう渡英する。妖精を探した果てに見つけたのはグレンという名の青年。二人の運命は大きく変わる―。ほか、英国特別幻想取締報告局の幹部ハイド氏のパートナーであり、浮世離れした美貌を持つエルフ・エドワードの過去、幼少期のランスとの関係なども描かれ、少しずつ謎が解き明かされてゆく人気シリーズ第4弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 英国幻視の少年たち4 ウィール・オブ・フォーチュン/深沢仁

英国幻視の少年たち3 グリム・リーパー/深沢仁

(P[ふ]4-3)英国幻視の少年たち3: グリム・リーパー (ポプラ文庫ピュアフル)
(P[ふ]4-3)英国幻視の少年たち3: グリム・リーパー (ポプラ文庫ピュアフル)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年11月刊。
幻想的生命体の存在する英国を舞台とするファンタジー第3弾。
前巻のラストでいわれた通り、カイ&ランスがロンドンへ。
ある特殊な連続殺人事件の謎を追いつつ、様々な真相が明らかに。
今回も面白かったです。

☆あらすじ☆
おなじ「妖精が見える目」を持つカイとランスは、幻想的生命体が関係する事件を扱う組織、英国特別幻想取締報告局から招待され、ロンドンに滞在することに。カイの後輩で行方知れずの幽霊・美柴を捜して訪れたパーティで知ったのは、街のゴーストたちを襲う“死神”の噂。巻き込まれて危機に陥った二人を助けたのは―。深まる幻想世界にますます引き込まれる、シリーズ第3弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 英国幻視の少年たち3 グリム・リーパー/深沢仁

英国幻視の少年たち2 ミッドサマー・イヴ/深沢仁

(P[ふ]4-2)英国幻視の少年たち2 (ポプラ文庫ピュアフル)
(P[ふ]4-2)英国幻視の少年たち2 (ポプラ文庫ピュアフル)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年5月刊。
現代のイギリスを舞台に、おとぎ話のような幻想的世界が広がる英国ファンタジー第2弾。
今回は終盤でなんだか「不思議の国のアリス」を読んでる気分になりました。ワンダーランド突入的な。

☆あらすじ☆
イギリスに留学中のカイは、居候先の家主である叔母のマリコが、自分は魔女であると書き残して行方をくらましたため、英国特別幻想取締報告局のランスと同居することになった。夏至が近づいてきたある日、ウィッツバリーで子どもが妖精に連れ去られる事件が起こる。取り返すために妖精の国へ赴くランス。カイは、同行するよう報告局から命じられる―。1巻が大反響の注目の英国ファンタジー、シリーズ第2弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 英国幻視の少年たち2 ミッドサマー・イヴ/深沢仁

英国幻視の少年たち ファンタズニック/深沢仁

(P[ふ]4-1)英国幻視の少年たち (ポプラ文庫ピュアフル)
(P[ふ]4-1)英国幻視の少年たち (ポプラ文庫ピュアフル)

評価:★★★★☆
2016年3月刊。
英国が舞台で妖精が出てくる現代ファンタジーとか、それもうめっちゃ好きなやつですよね・・・!
と思って読んだら当たりでした。
訳あって渡英した日本人留学生が、幻想事件を扱う組織の少年と共に様々な幻想的事件に遭遇していくファンタジー。
全体的に穏やかで寂しい雰囲気が漂う物語でしたが、それがなぜか心地よい作品でした。
終盤にかけての盛り上がりも面白かったし、霊感少年と貧血少年に生まれていく奇妙な絆は興味をひいたし、設定・ストーリー共にとても好み。
シリーズ第1巻ということで色々と謎が残っているものの、今後の展開が楽しみです。

☆あらすじ☆
日本人の大学生皆川海(カイ)は、イギリスに留学し、ウィッツバリーという街に住む伯母の家に居候している。死んだ人の霊が見える目を持つカイはそこで、妖精に遭遇。英国特別幻想取締報告局の一員である青年ランスと知り合う。大学の構内で頻繁に貧血で倒れているランスをかまううちに、カイは次第に、幻想事件“ファンタズニック”に巻き込まれていく―。英国の雰囲気豊かに描かれる学園ファンタジー第1巻!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 英国幻視の少年たち ファンタズニック/深沢仁

セレクション3 永遠交響曲/キーラ・キャス

セレクション III 永遠交響曲 (ポプラ文庫)
セレクション III 永遠交響曲 (ポプラ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

1巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年12月刊。
王子の花嫁を選ぶ「セレクション」で戦う少女を描いたディストピア小説三部作の完結巻。
状況に流されるのを良しとせず、自分の人生を自分で選ぼうとする主人公の行動に散々ハラハラさせられる作品でした。でもとっても面白かった!
三角関係も決着。悔しくない。悔しくないよ・・・!

☆あらすじ☆
全国の少女からプリンセスを選ぶ「セレクション」。 階級制の撤廃を訴え国民の支持を得たアメリカだったが、宮殿内は敵だらけで、王子・マクソンとも距離を縮められずにいた。 反対勢力を鎮圧すべく、アメリカは元恋人・アスペンの力を借り、マクソンとともに敵の本拠地に乗り込むが、彼女を待っていたのは、最愛の人物との悲しい別れだった。 マクソンは誰を、アメリカは何を選ぶのか? 感動の完結篇!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む セレクション3 永遠交響曲/キーラ・キャス

セレクション1 片恋協奏曲/キーラ・キャス

([き]3-1)セレクション I 片恋協奏曲 (ポプラ文庫)
([き]3-1)セレクション I 片恋協奏曲 (ポプラ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2016年10月刊。
これは「シンデレラ・ストーリー」ではあるけれど、選ばれるのを待つだけの受け身なシンデレラではありません。
自分の人生は自分で選んでみせる! という気概のあるシンデレラなのです。

物語の主人公は、王子妃を選ぶセレクションに参加し、王子への淡い恋と元彼への未練で心を揺らす庶民の少女。
状況に流されず「自分らしさ」を貫こうとする彼女は、セレクションの先に何を選び取るのか。
その選択を見届けたくなる、王道にして刺激的なラブロマンスです。

近未来を舞台にしながら中世的な雰囲気を醸す世界観も魅力的。
厳格な身分制や反乱組織の存在が物語をシリアスに引き締め、その影に見え隠れする謎には好奇心をそそられました。

今後の展開に期待が高まる三部作の序章。この続きがとても楽しみです。

 

ちなみに、気になる方はAmazon商品ページに掲載されているイラストをチェックしてみるのも良いと思います。巻末掲載のあとがきです。

([き]3-1)セレクション I 片恋協奏曲 (ポプラ文庫)

表紙絵師さんが作品の魅力(というか萌えポイント)をイラストでわかりやすく紹介されていて、メイン3人のキャラクターを把握するのに丁度良いですよ。ネタバレは控えめ。
このあとがき、絵師さんの萌えポイントが私の萌えたポイントを網羅していて、わかるー!それわかるー!!ってブンブン頷いてました。ほんとわかるー!

☆あらすじ☆
少女たちが王子を巡って闘う、まったく新しいシンデレラ・ストーリー!
厳格な身分制が支配する近未来の王国を舞台に、全国から集められた少女たちが王子の心とプリンセスの座を巡って熾烈なバトルを繰り広げるイベント、「セレクション」。
およそ20年ぶりに開催されることが決まり、ひょんなことから超庶民・アメリカが候補者に選ばれてしまう。失恋したばかりの彼女は半ばヤケクソで王宮に向かうが、そこで待っていたのは、変わり者の王子と――超個性的なライバルたち!
厄介な元カレが現れるわ、王国の黒い陰謀に巻き込まれるわで、こんなの、全然「プリンセス」じゃない! 乙女の闘いを勝ち残り、プリンセスになるのは誰だ――? そして、厄介な三角関係の結末は――?
女性も男性も胸キュン&ハラハラ間違いなし、超肉食系シンデレラ・ストーリー三部作、お見逃しなく!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む セレクション1 片恋協奏曲/キーラ・キャス