「カドカワBOOKS」カテゴリーアーカイブ

狼領主のお嬢様1・2/守野伊音

狼領主のお嬢様 (カドカワBOOKS)
狼領主のお嬢様 (カドカワBOOKS)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
1巻2017年8月刊、2巻2017年11月刊。
悪徳の領主一家として殺され、孤児として転生した主人公。
旧領主一族に対する民衆の憎悪を聞いて育った彼女は、前世の自分を殺した元恋人と15年ぶりの再会を果たすことになり―― という物語です。

自分の「罪」に自覚的(というか自罰的)なヒロインなので、復讐譚ではありません。
殺された女と殺した男が悲恋で終わった過去を精算する話かな。

淡々と寂しく語られる1巻に胸を締め付けられ、ハラハラしつつ読んだ2巻で死にました。
落とした分だけ打ち上げられた感。守野作品のラブコメ、本当に大好きです(泣)

ちなみに同著者の『淋しき王は天を堕とす』(ビーンズ文庫刊)と同じテーマだったりするのだけど、私はこういう設定にとても弱いと改めて思い知りました。
だって因縁に縛られた純愛って最高じゃないですか・・・・・・

☆あらすじ☆
前世は恋人で仇。現世は旦那様とメイド――この恋には続きがある
悪逆領主の娘として処刑された記憶を持ち、同じ場所に転生したシャーリー。15歳になった彼女は前世の自分を処刑し、現領主となったカイドの館でメイドをすることに……終わったはずの因縁の“恋”が、再び始まる。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 狼領主のお嬢様1・2/守野伊音

公爵令嬢の嗜み4/澪亜

公爵令嬢の嗜み4 (カドカワBOOKS)
公爵令嬢の嗜み4 (カドカワBOOKS)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年3月刊。
悪役令嬢転生&バッドエンド済みのワーカホリック嬢の領地改革物語第4弾。
おお、なんか怒涛のごとく話が進んで1つの問題が解決してしまいました。
色々と火種が残ってる上に、引きが引きなので物語はまだまだ続きそうな雰囲気。
悲恋っぽい雰囲気が醸し出されてきたのも気になるところです。

☆あらすじ☆
恋を忘れた働くお嬢さまに、隣国から政略結婚の申し込み……!?
護衛・ディダも戻り、領地経営を謳歌するアイリス。彼女はある理由から、ディーンへの恋を忘れようとしていた。そんな中、アカシア国王子の使者がアルメリア領を訪れる。その用件は、アイリスへの求婚で……!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 公爵令嬢の嗜み4/澪亜

幼馴染の自動販売機にプロポーズした経緯について。/二宮酒匂

幼馴染の自動販売機にプロポーズした経緯について。 (カドカワBOOKS)
幼馴染の自動販売機にプロポーズした経緯について。 (カドカワBOOKS)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2016年8月刊。
タイトルの「自動販売機」のインパクトがすごいけれど、正しくそのままな内容の恋愛小説でした。
まさか自動販売機に可愛さを感じる日がくるとは・・・!
無邪気で人外な彼女に振り回される主人公の恋の懊悩が楽しい作品だったと思います。

☆あらすじ☆
――僕は、自販機の彼女に、恋をした。
田舎町のおんぼろな自動販売機、そのそばには着物姿の女がいる。軽やかに歌う彼女は、人ならぬもの。そんな「自販機」にうっかり恋をしてしまった“ぼく”の片思いを描いた、笑って泣ける青春恋愛劇。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 幼馴染の自動販売機にプロポーズした経緯について。/二宮酒匂

これはきっと、恋じゃない ある日、異世界の聖女が召喚されて。/はなぶさ

これはきっと、恋じゃない ある日、異世界の聖女が召喚されて。 (カドカワBOOKS)
これはきっと、恋じゃない ある日、異世界の聖女が召喚されて。 (カドカワBOOKS)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2016年8月刊。
異世界から女子高生が召喚されたことによって立場を奪われた少女が主人公という、「異世界召喚モノ」を裏側から描くようなファンタジー。
なかなかユニークな切り口の物語で、すれ違いが切ない純愛モノとして面白かったです。
悪酔いしそうなくらい悲劇的に話が進むのだけど、それだけにハッピーエンドを求めて先を読まずにいられない。
もう少し踏み込んでほしかった部分があったものの、ラブロマンスとしては良作だと思います。

☆あらすじ☆
異世界の聖女に、立場も、婚約者も奪われました。
「聖女様とアルファド様は、お似合いね」かつて、彼と婚約していたのは、私だった。今はただの下働きである私の……。異世界からの聖女召喚が成功したと聞かされたとき、私は礼拝堂で祈りを捧げている最中だった。聖女候補として神殿に引き取られて早十数年。私の人生は全て、聖女になる為のものだった。ついに私も、お払い箱か――。そう思っていた。なのに。「俺を望むことを、あきらめないでくれ」なぜ、貴方がそれを言うの? 幸せを願わずにはいられない純愛物語!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む これはきっと、恋じゃない ある日、異世界の聖女が召喚されて。/はなぶさ

公爵令嬢は騎士団長(62)の幼妻/筧千里

公爵令嬢は騎士団長(62)の幼妻 (カドカワBOOKS)
公爵令嬢は騎士団長(62)の幼妻 (カドカワBOOKS)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2016年5月刊。
婚約破棄をきっかけとして真実の愛に生きることを決意した公爵令嬢(16)と、そんな彼女から熱烈に求婚されてしまう騎士団長(62)。
年の差46歳という衝撃のラブコメですが、還暦超えてる騎士団長の純情に萌えの新境地を開拓する(かもしれない)作品でした。
ヒロインが個人的に苦手なタイプだったけれど、今後の成長が期待できそうな感じ。楽しみにしています。

☆あらすじ☆
年の差46歳差!? 恋愛初心者の騎士団長を攻め落としますっ!
「ヴィルヘルム・アイブリンガー様。キャロルを、お嫁にしてくださいませ」――公衆の面前で婚約破棄されたのは、一世一代のチャンス? 温室育ちで健気な幼妻の猛アピールに、堅物騎士団長(62)陥落……か!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 公爵令嬢は騎士団長(62)の幼妻/筧千里

公爵令嬢の嗜み3/澪亜

公爵令嬢の嗜み3 (カドカワBOOKS)
公爵令嬢の嗜み3 (カドカワBOOKS)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年9月刊。
元悪役令嬢の内政奮闘記第3弾。
恋愛面の進展がすごく丁度いいテンポ。ほんのり甘くて、なのに切ないところが好みです。
内政面では色々と覚悟を決めたお嬢様が格好良かったなー。彼女を支える周囲のキャラとの関係性も相変わらず素敵でした。

☆あらすじ☆
自分にその覚悟があるのか──働くお嬢様、人生設計を考える!?
教会破門騒ぎを乗り切った令嬢アイリスに、“国軍解体の動きあり”の知らせが届く。これは戦争の前触れ!? そんな中、護衛のディダに「戦争になったら相手を殺せと命じる覚悟があるのか?」と問われた彼女は……

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 公爵令嬢の嗜み3/澪亜

公爵令嬢の嗜み 1・2/澪亜

公爵令嬢の嗜み (カドカワBOOKS)
公爵令嬢の嗜み (カドカワBOOKS)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
1巻:2015年11月刊、2巻:2016年4月刊。
面白かった!
悪役令嬢転生のテンプレに添いつつも、バッドエンドからスタートして内政モノへと移行する物語。
政治も経済も華麗にこなす公爵令嬢の有能さが爽快で楽しく、テンポの良い話運びも好みでした。
万能な働きをみせる一方で、傷ついた心を抱えるヒロインの再生の物語としても良かった本作。
ほのかに漂うラブロマンスに救いを求めつつ、3巻以降も楽しみでしかたないシリーズです。

☆あらすじ☆
バッドエンドから始まる、公爵令嬢の逆転劇――!!
「これって乙女ゲームのエンディングシーン?」前世の記憶が甦ったのは、床に押さえつけられた公爵令嬢(私)が婚約者の王子に婚約破棄をされる場面。設定通りだと、この後は教会に幽閉というバッドエンドで――!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 公爵令嬢の嗜み 1・2/澪亜