みかこ のすべての投稿

九州在住のラノベ好き。少女小説を含むライトノベル全般を読みます。人生で1作品しか選べなければ迷わず「伯爵と妖精」を選びますが、他に東京レイヴンズ、薔薇のマリアが特に好きです。つい最近、エスケヱプ・スピヰドが完結して寂しくなっていたものの、ネトゲ嫁にはまって心を慰めてたり。Twitterでぐだぐだと喋っていることが多いです。ラノベクラスタのフォローを心よりお待ちしております。

妖姫ノ夜 月下ニ契リテ幽世ヲ駆ケル /渡瀬草一廊


妖姫ノ夜 月下ニ契リテ幽世ヲ駆ケル (電撃文庫)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年9月刊。
面白かった!
大正×妖怪×○○という伝奇ロマンな新シリーズ。
下宿先の不思議な稼業に関わることになった少年が、妖怪たちのトラブルに巻き込まれていくお話です。
思い込みの激しい蛇のお姫様や細マッチョな女鬼など、登場する妖怪がとにかく個性的で生き生きとしている。
そんな彼らが住む世界は妖しい魅力に満ちていて心がときめきました。
また、主人公の存在感が妖怪に負けないくらい鮮烈。
この少年、本当に何なんだ・・・?と妖怪も動揺するレベルの活躍っぷりが痛快でした。

☆あらすじ☆
妖の姫君と体術無双の少年が織り成す、大正伝奇ロマン!
大正十三年、春。少年、椚雪緒は、上京した先の夜鳴川邸にて美しき白蛇に出会う。
彼女は父である八頭八尾の大蛇、「十六夜」の決めた縁談から逃れるため、妖相手に商売をする「化猫堂」へ助力を求めに来たと云う。
化猫堂の店主、夜鳴川夜霧と猫のミタマ様に連れられて、雪緒は妖達の住まう「常夜之町」へ乗り込むが、そこは人の世の常識が通じぬ異境だった——!
関東大震災後の横浜を舞台に、人と妖の縁を紡ぐ大正伝奇ロマン。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 妖姫ノ夜 月下ニ契リテ幽世ヲ駆ケル /渡瀬草一廊

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?20 /聴猫芝居


ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.20 (電撃文庫)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年9月刊。
ネトゲ嫁もついに20巻の大台に突入・・・!
こんなに結婚について真剣に考える高校生とかいるか??と思いつつ、そんなルシアコが大好きな私には楽しくてたまらない20巻でした。
でも、ああ、ラスト、こうくるかぁ〜〜〜〜ああ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

☆あらすじ☆
ネトゲのイベントは一期一会だとでも思った? ——残念! リバイバル祭り開催しちゃいます!
ネトゲ部のみんなは期末試験、そしてマスターはいよいよ受験を控える二月。それ以外にも残念美少女・アコの誕生日やバレンタインデーをはじめイベントが盛りだくさん! だけど、それはネトゲ内でも同じこと。レジェンダリー・エイジでは過去のイベントを大量に再実装する復刻イベントラッシュが行われていた。
そんな中、アコはといえば……
「ルシアンに、プロポーズしたいんです」
え、そっちも復刻するの!?
ゲームもリアルも総復習!
同じようで少しだけ違うお祭り騒ぎをシリーズ中最大ボリュームで贈る!
残念で楽しい日常だいたいネトゲライフ、第20弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?20 /聴猫芝居

彼女が俺を暗殺しようとしている /大平しおり


彼女が俺を暗殺しようとしている (電撃文庫)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年9月刊。
高校入学直後に出会った女の子に一目惚れ。彼女も自分を好きだという。
しかし彼女の手にはカッターナイフ。そうして次から次に襲いくる命の危機。
いったい何が起こっているのか。彼女の殺意はどこに向かうのか。
そういうサスペンスな青春小説でした。デッド・オア・ラブな話って好き。
コワモテゆえに誤解されやすい主人公の語り口も元気がよく、読んでいて楽しかったです。
ただ、オチは途中で察してしまうし、終盤の展開が一部ちょっと雑だったことも惜しいかなぁ。

☆あらすじ☆
待ちに待った初デートの日、俺は——彼女の愛は殺意だと知った。
「あのね。私とつきあってくれる?」
美少女に告白された。ヤンキーに絡まれがちな日常から抜け出すため、元お嬢様校である杏子ヶ丘学園高等部に進学した俺は、ついに初彼女をゲットしたのだ。
これで夢にまでみた幸せな高校生活が送れる、そう思っていたのに——
「ハルくんのことが好きだから。永遠に自分のものでいてほしいって、思うでしょ?」
なぜ、俺は初デートで彼女に殺されかけているのだろう?
衝撃の結末から目が離せない。これは、不器用なふたりの愛と殺意の物語。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 彼女が俺を暗殺しようとしている /大平しおり

86―エイティシックス― Ep.7 ミスト /安里アサト


86―エイティシックス―Ep.7 ―ミスト― (電撃文庫)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2019年9月刊。
ラブコメ好きとしては★を10個でも100個でも1000000000000000個でも差し上げたい。
湯けむり旅情で慰安旅行で修学旅行でニヤニヤ止まらぬラブコメ回でした。
新章の始まりでありながら、最初から最後まで戦場から遠く離れ平和に息抜きを満喫する第7巻。
普段が精神的負荷最大値の戦争ものだから、こういう日常回には果てしなく癒やされます。オンとオフのギャップが良いのだ。
ていうか、やっぱりこのシリーズの恋愛パートめちゃめちゃ好きだ・・・!

☆あらすじ☆
ひとときの休暇は、新たなる戦いの予感を連れて——〈盟約同盟〉編!
上位指揮官機〈無慈悲な女王〉。それは対レギオン戦争で守勢に立つ人類に与えられた“銀の弾丸”。『第86独立機動打撃群』の活躍で〈彼女〉の確保に成功した連邦・連合王国は、轡を並べる第三国「ヴァルト盟約同盟」にて、その解析と「尋問」を開始する。
一方、大戦果を上げた者たちにも報奨が授与された。特別休暇。鉄と血にまみれた日々を、僅かひととき遥か遠くに置き、シンとレーナはじめ皆はそれぞれに羽を伸ばす。が、同時に《その二人以外のほぼ全員》はある思いを共にしていた。
それは。“お前らいい加減、さっさとくっつけよ”
もう一つの戦線がついに動く(!?)Ep.7!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 86―エイティシックス― Ep.7 ミスト /安里アサト

誰も死なないミステリーを君に2 /井上悠宇


誰も死なないミステリーを君に 2 (ハヤカワ文庫JA)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年8月刊。
死の予兆から謎を推理し、誰も死なせないために奔走する男女二人を描く青春ミステリー第2弾。
今回も面白かったです。
横溝正史オマージュが多く、遺産相続と「神隠し」を巡る骨肉の争いにワクワクしてしまいました笑

☆あらすじ☆
人が死ぬ予兆がみえてしまう志緒のため、僕は、その死を防いできた。高校生の時から大学生になった今も――
志緒の友人、獅加観飛鳥に“死線”が現われた。幼少期に故郷で“鬼”に追われて神隠しにあった経験を持つという飛鳥には、いまの莫大な財産の相続話が。そして獅加観家の一族――言動不可解な芸術家、軽薄な私立探偵、狐面をかぶる医者にも死線が……僕は死を止めるため、策略を発動する。優しい嘘をつきながら…。
青春ミステリ・シリーズ第2作"サトシオ"、悪魔的な華麗なる一族に挑む!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 誰も死なないミステリーを君に2 /井上悠宇

竜宮輝夜記3 天よ望めよ、恋の久遠 /糸森環


竜宮輝夜記 天よ望めよ、恋の久遠 (角川ビーンズ文庫)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年9月刊。
四竜に愛でられる元奴隷階級の巫女が、天と地に分かれた世界で自分の役目を見定める和風ファンタジー第3弾。
最終巻です。駆け足気味だったけれど綺麗に終わっていると思います。
恋愛要素に関して言えば、前回がハーレムエンドで今回が個別ルート突入といった感じ。
どうなることかとハラハラしたけれど、最後まで楽しめました。面白かったです。

☆あらすじ☆
人が、竜が、世界の在り方が変わっても。心を捧げるのは貴方だけ
竜を統べる姫・斎花である紗良が、星宮より流罪を宣告される。それは竜が守護する世界の在り方を変える事件の始まりだった。人の思惑が竜たちの心を傷つけて行く中、紗良は最後に誰の手を取るのか——和風恋絵巻!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 竜宮輝夜記3 天よ望めよ、恋の久遠 /糸森環

2019年8月のおすすめライトノベル

毎日雨ばかりで洪水警報にハラハラしていたら残暑でバテたみかこです。こんにちは。
8月は読書が捗り、なんと50冊も読んでしまいました。こんなに読んだのは数年ぶり。
おかげで積んでいたシリーズを順調に消化でき、正月に掲げた年間目標をクリアできそうです。珍しい。
9月もどしどし読んでいきたいと思います。

それでは、8月に読んだ本の中からおすすめを紹介したいと思います。
どうぞお付き合いくださいませ(^^)/

 

続きを読む 2019年8月のおすすめライトノベル

誰も死なないミステリーを君に /井上悠宇


誰も死なないミステリーを君に (ハヤカワ文庫JA)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年2月刊。
「回避可能な死の未来が見える」という不思議な能力を足がかりにして、誰も死なないように奔走する男女を描いた青春ミステリー。
「死」という結果を防ぐために仕掛けられる逆転のアプローチが面白い作品でした。“安全なクローズド・サークル”とかね。
誰も死なせない。誰も殺させない。そうすれば、きっと全てを救うことができるはず。
そんな、主役コンビの徹底した優しさがとても好きです。ふたりを繋ぐ信頼の絆も素敵だった。
2巻もすぐに読みたいと思います。

☆あらすじ☆
自殺、他殺、事故死など、寿命以外の“死”が見える志緒。彼女が悲しまぬよう、そんな死を回避させるのが僕の役目だった。
ある日、志緒は秀桜高校文芸部の卒業生4人に同時に“死”の予兆を見た。“そして誰もいなくならない”ため、僕は4人を無人島に招待、安全なクローズド・サークルをつくった。だが、そこに高校時代の墜死事件が影を投げかけ、一人、また一人と―
これは、二人にしかできない優しい世界の救い方。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 誰も死なないミステリーを君に /井上悠宇

皇帝つき女官は花嫁として望まれ中3 /佐槻奏多


皇帝つき女官は花嫁として望まれ中: 3【特典SS付】 (一迅社文庫アイリス)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★☆☆☆
2019年8月刊。
転生した元女騎士と、前世から初恋をこじらせてる皇帝つき騎士のラブコメ第3弾。
集団お見合い回です。といっても婚約直後のヒロインは運営側なのですが。
今まで謎だった部分の解明などもあり、なんだか綺麗に話がまとまった感じ。
でも犬しか記憶に残ってないぞ・・・・・・犬すごいな・・・・・・

☆あらすじ☆
「結婚前なら、僕も選んでもらえる可能性がある?」
前世、帝国の女性騎士だった記憶を持つオルウェン王国の男爵令嬢リーゼ。彼女は、転生前も今も変わらず愛してくれる次期皇帝候補シディスと正式に婚約し、楽しく過ごしていた。ところがある日、帝国と周辺国の貴族達のお見合い係に抜擢されたリーゼは、隣国の青年セレンに絡まれたあげく、帝都で人が犬に変わる事件に巻き込まれてしまって!? お見合い参加者に嫉妬する彼の誤解も、帝都の混乱も、まとめて解消してみせます! 秘密を抱える女官の転生ラブコメディ第3弾! 

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 皇帝つき女官は花嫁として望まれ中3 /佐槻奏多

いつか仮面を脱ぐ為に 嗤う鬼神と夢見る奴隷 /榊一郎


いつか仮面を脱ぐ為に ~嗤う鬼神と夢見る奴隷~ (角川スニーカー文庫)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年9月刊。
「昏い眼をした奴隷のエルフ少女を引き取って、いちゃいちゃする話」が流行ってるから乗ってみよう、という感じで企画がスタートしたらしい榊一郎さんの新作(あとがき談)
私が大好きなシリーズにもそういう話があるけど(つい最近新刊の感想記事を書いたばかり)、あの設定って流行ってるのか。
というわけで、そういう設定のお話です。
でもラブコメの方はあまりピンと来なかったかな。ちょっと私の好みからは外れてました。
どちらかと言えば、巨大武者ロボの躍動感あるアクションと予想外にエグい設定が印象に残る作品でした。

☆あらすじ☆
戦場で出会う二人が互いに被る『仮面』越しに始める、不器用な恋の物語。
《鬼神》レオ・アラモゴードは王国を護る最強の戦士。いつもの如く敵を殲滅するはずが、彼は敵国の特攻奴隷に一目惚れしてしまい——戦場で出会う二人が互いに被る『仮面』越しに始める、不器用な恋の物語。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む いつか仮面を脱ぐ為に 嗤う鬼神と夢見る奴隷 /榊一郎