みかこ のすべての投稿

九州在住のラノベ好き。少女小説を含むライトノベル全般を読みます。人生で1作品しか選べなければ迷わず「伯爵と妖精」を選びますが、他に東京レイヴンズ、薔薇のマリアが特に好きです。つい最近、エスケヱプ・スピヰドが完結して寂しくなっていたものの、ネトゲ嫁にはまって心を慰めてたり。Twitterでぐだぐだと喋っていることが多いです。ラノベクラスタのフォローを心よりお待ちしております。

花婿、略奪されました(男に) 性転換でハーレム達成が目標です! /鳴澤うた


花婿、略奪されました(男に)性転換でハーレム達成が目標です! (アイリスNEO)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年12月刊。
結婚式当日に花婿が男と逃げてしまったため、「女なんて損ばかり!」と悟って性転換を目論む貴族令嬢の奮闘を描いたラブコメディ。
タイトルと発想のぶっとび具合に惹かれて読んでみました。これはなかなかネジを飛ばしたヒロイン。
彼女が受けた仕打ちは酷いものだし、そこから出てくる主張も分からなくはないのだけど、これに「わかった・・・」と頷いてしまった周囲は落ち着け??と思いました。
いやほんと落ち着こう??
「男になってハーレム作る」なんて宣言を受け入れちゃって良いの??
個人的にはもう少し「女性から男性への変化の中で生まれる混乱」を掘り下げてほしかったものの、騒がしくも陽気で、意外とシリアスも楽しめる作品だったと思います。

☆あらすじ☆
結婚式当日、花婿は王子と逃げて行った――。こんなことってある!? もはや女としての幸せは望めないと思い詰めたステラは、幼馴染の薬術師・レノンに頼んで『男になる薬』を作ってもらうことに。止めないでレノン! いい男になって、女性をまんべんなく愛す! これは私なりの「ざまあ」なんだから! ところがこれがとんでもない事態を引きおこして……?
結婚式当日に捨てられた令嬢が、天才薬術師を巻き込んで大暴れするラブファンタジー☆

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 花婿、略奪されました(男に) 性転換でハーレム達成が目標です! /鳴澤うた

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿9 case.冠位決議(中) /三田誠


ロード・エルメロイII世の事件簿 9 「case.冠位決議(中)」 (TYPE-MOON BOOKS)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年12月刊。
面白かったー!
完結かと思いきや三部構成になったらしい事件簿最終章。
クライマックスへの盛り上げ方が最高です。もー!こういうの好き!!
そして年末にアニメ化が発表されましたね。こちらもすごく楽しみです。

☆あらすじ☆
『……魔術師とは、裏切るものです』最後の物語は、いよいよその深奥へ――。
ついに明らかにされた、ドクター・ハートレスの目的。
その内容に苦悩するエルメロイII世。一方、学術都市スラーがハートレスたちによって急襲される。しかし、迎撃に出たライネスたちが遭遇したものは、驚くべき人物と想像だにしない事実であった。
冠位決議を前に、連鎖して引き起こされる破局。
連続失踪事件に秘せられていた真実。時計塔の地下、霊墓アルビオンに仕掛けられた君主たちの陰謀もまた、傷ついたエルメロイII世に牙を剥く。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ロード・エルメロイⅡ世の事件簿9 case.冠位決議(中) /三田誠

ゴブリンスレイヤー9 /蝸牛くも


ゴブリンスレイヤー9 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年12月刊。
今回はゴブリン遭遇戦の裏でゴブリン以外との戦いも繰り広げられ、ゴブスレ不在の状態で女神官の成長を示す内容でした。
牛飼娘のターンでもある第9巻。今回の話で思ったのだけど、ゴブスレさんの抱える哀愁を引き出すのは彼女の役回りなんだろうなぁ。
そして彼女こそが彼の帰る場所。なるほどこれが正妻か。

☆あらすじ☆
ただの配達。ゴブリンスレイヤーですら、そう思っていた。
牧場の手伝いで配達に出たゴブリンスレイヤーは牛飼娘とともに、ゴブリンの大群に待ち伏せされる。それは、ある祈らぬ者の策謀だった!
一方、ゴブリンスレイヤー不在の一党は、見習聖女の託宣(ハンドアウト)より、雪山を目指すことに。そこは、氷の魔女の統べる永久(とこしえ)の冬の領域だった!
包囲された雪の廃村で、牛飼娘を守り、孤軍奮闘するゴブリンスレイヤー。彼不在の中、女神官は、ゴブリンではない怪物たちの脅威と対峙し、一党の行動を決断していく――。
「――手は、あります」
蝸牛くも×神奈月昇が贈るダークファンタジー第9弾! 

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ゴブリンスレイヤー9 /蝸牛くも

後宮の烏2 /白川紺子


後宮の烏 2 (集英社オレンジ文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年12月刊。
後宮に住みながら帝に従わない神秘の存在・烏妃。
第1巻では孤独に幽鬼だけを見て生きてきた烏妃の変化と転換が描かれていました。続く第2巻ではその変化がもたらす運命が動き始めたようです。
単巻読み切り作品としても楽しめた1巻とは違い、2巻は長編シリーズに大きく舵を切った雰囲気。
風呂敷の広げ方、伏線の置き方、気になる新キャラの登場など、今後繰り広げられるであろう物語のスケールに期待が膨らむ内容でした。
ただでさえ中華系ダークファンタジーって好きなのに、神話に絡め取られた烏妃の運命の行方にハラハラドキドキが止まりません。
続きもとても楽しみです!

☆あらすじ☆
後宮で生きながら帝のお渡りがなく、また、けして帝にひざまずくことのない特別な妃・烏妃。
当代の烏妃として生きる寿雪は、先代の言いつけに背き、侍女を傍に置いたことに深く戸惑っていた。
ある夜、後宮で起きた凄惨な事件は、寿雪が知る由もなかった驚愕の真実をもたらす、が--。
烏妃をしばる烏漣娘娘とは何か?
烏漣娘娘がおそれる「梟」とは一体誰なのか?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 後宮の烏2 /白川紺子

2018年下半期 面白かったライトノベル10選(2018下期好きラノ投票用エントリ)

2018年下半期に発売されたライトノベルの中からオススメの作品を選ぶ『好きラノ』(好きなラノベを投票しよう!!)が始まっています。

第17回ラノベ人気投票『好きラノ』2018下期

当ブログでは本エントリにて投票致します。
2018下期好きラノの投票期間は12月30日(日)20時~1月13日(日)24時。今回は余裕をもって投票してみました。

好きラノはTwitterからでも投票できるので、アカウントをお持ちの方はぜひ投票してみませんか?
10作まで選べますが、1票からでも大丈夫ですよ!

好きラノ Twitter向け投票ページ

以下に続きます。

続きを読む 2018年下半期 面白かったライトノベル10選(2018下期好きラノ投票用エントリ)

新年の決意表明!2019年に私が読みたい積読ラノベの話

86―エイティシックス―Ep.2 ―ラン・スルー・ザ・バトルフロント―〈上〉 (電撃文庫)

明けましておめでとうございます!
本年も読書ブログ「晴れたら読書を」と管理人みかこをどうぞよろしくお願いします。

 

新年のご挨拶はこれくらいにして。

 

さて、今まで積んだ本の数を覚えていますか?

私は数えることをやめて早幾年。そろそろ1000冊に届くかも?戦々恐々。電子書籍怖い。

 

ちなみに2018年の1年間で読んだ本の数は310冊。

 

このペースでひたすら積読本を読み続けても1年では読みきることができません。
新作も読みたいから積読ばかり読んでるわけにはいかないし、もはや「積読」とは私のなかで「いつか読む本」から「いつか読めたらいい本」にシフトしつつあります。それでも積み続けるとか買い物依存症かな?怖い。

何にせよこういう状態なので積読を崩すには優先順位を付けなければならないのです。

 

と! いうわけで!

 

2019年にこれだけは最低でも読みたいな~というマイ積読をリストアップしました。
細かいものまで数えるのが面倒なので、とりあえず巻数が多いシリーズものだけ。
うーん、リストアップした分ですら今年中には読み終われない気が・・・?

 

そんなゆるゆるで超個人的な決意表明ですが、よろしければ以下をどうぞ〜

 

続きを読む 新年の決意表明!2019年に私が読みたい積読ラノベの話

【おすすめ紹介】2018年版お気に入りのライト文芸その他16選

後宮の烏 (集英社オレンジ文庫)

年末年始恒例企画第3弾。
今回はライト文芸や海外YA小説や一般文芸などから年間ベスト作品を選出してみました。

第一弾少年向けラノベ編はこちらから


第二弾少女小説編はこちらから

 

それでは以下をどうぞ!

 

続きを読む 【おすすめ紹介】2018年版お気に入りのライト文芸その他16選

【おすすめ紹介】2018年版お気に入りの少女小説(女性向けライトノベル)17選+オマケ

茉莉花官吏伝 四 良禽、茘枝を択んで棲む (ビーズログ文庫)

年末恒例企画第二弾。
2018年に読んだ少女小説の中から特に面白かった作品をリストアップします。

第一弾少年向けラノベ編はこちらから。


それでは、以下をどうぞ!

 

続きを読む 【おすすめ紹介】2018年版お気に入りの少女小説(女性向けライトノベル)17選+オマケ

【おすすめ紹介】2018年版お気に入りのライトノベル 20選

錆喰いビスコ (電撃文庫)

年末年始恒例企画!
今年1年の総決算として、2018年に読んだ本の中から特に面白かった作品をピックアップしたいと思います。
「2019年も続きが読めたら嬉しいな・・・」といいう願掛けを込めて新作中心です。
それでは以下をどうぞ!

 

続きを読む 【おすすめ紹介】2018年版お気に入りのライトノベル 20選

灰と幻想のグリムガル14 パラノマニア[parano_mania] /十文字青


灰と幻想のグリムガル level.14 パラノマニア [parano_mania] (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2018年12月刊。
他界パラノ編クライマックス。
面白かったです。私がめちゃめちゃ好きな十文字青節炸裂って感じで最高でした。ああ、シホル・・・!
ちなみに今回の私的MVPはハルヒロ大好きクザクくん。リーダー好きすぎでしょ。クザクのハルヒロ依存が止まらない。

☆あらすじ☆
パラノ編完結――!!
「一緒に帰ろう、グリムガルへ」
――ここはグリムガルじゃない。ここから出ないと。
夢魔と呼ばれる怪物と魔法使いたちが闊歩する他界パラノで散り散りになったハルヒロたち。頼れる仲間はおらず、信じられるのは自分自身だけ。
――でも、おれはどこまでおれを信じられるんだ?
目指すは仲間たちとの再会と脱出。鍵を握るは王。アリスC、同じくパラノに迷い込んでいた暁連隊のイオらと心を、力を合わせて、ハルヒロたちは無事、グリムガルへと帰れるのか――!?
異なる幻想に彩られた他界パラノ編完結。
そして、灰の中から生まれた冒険譚は大きく転換する!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 灰と幻想のグリムガル14 パラノマニア[parano_mania] /十文字青