マリエル・クララックの祝祭 /桃春花



マリエル・クララックの祝祭 (アイリスNEO) 【Amazon】【BOOK☆WALKER】

シリーズ第1巻の感想はこちらから

評価:★★★★
2022年1月刊。
諜報活動を得意とする作家嫁と、彼女に振り回される堅物軍人夫の二人が様々な事件に遭遇していくシリーズ第9弾。
おお、次で二桁に突入なんですね!長続きしてめでたい!
変わらないのが魅力のマリエルも少しずつ成長しているし、物語の中でも時の流れを感じることが楽しい。
それはさておき不穏な展開がじわりと進んでいる感じ。続きに期待が高まります。

☆あらすじ☆
伯爵家嫡男のシメオンと格差結婚し、愛し愛される日々を過ごすマリエル。「旦那様は最高の萌えだけど、彼の甘さにとろけていないで、たくさん役立つ頼もしい妻になります!」そう気合を入れ直していたある日、要人を集めた茶会に参加したマリエルはオルタ国の王子グラシウス公と再会する。自由のない彼に、祝祭を楽しんでもらおうとあることを計画するのだけどーー!? 大人気シリーズ第九弾、オール書き下ろしで登場! ※電子版はショートストーリー付。

以下、ネタバレありの感想です。

 

楽しい行事を経験したことがなく憧れを抱くグラシウス公のため、一肌脱ぎたいマリエル。
しかし、グラシウス公の押しかけ取り巻きたちの厄介さはマリエルたちの想像を超えていて、マリエルは不名誉な噂に巻き込まれてしまいーー というストーリー。

 

事態が二転三転し、違和感を山のように積み重ねつつ、それでいて最後は納得のいく答えを用意してくれるこのシリーズが大好きです。
マリエルが疑問に首を傾げるのと一緒に首を傾げ、彼女が巻き込まれるハプニングにハラハラし、そして駆けつけてきたシメオン様に一緒にときめき、ついでに「やっぱりリュタンが魅力的すぎる…」となり、ラストは「やっぱりシメオン様だよね!」となるんです。もはや定番のような心の流れなんだけど、これが毎回本当に楽しいんだ。

 

マリエルのブレないシメオン推しは安心感がすごく良いのだけど、リュタンの寂しげな魅力も本当に素敵。
以前の危険でミステリアスな魅力から少し変わりましたよね。孤独な過去を抱える少年の顔が強く前に出てきているからかな。
名付けのプレゼントのロマンチックさにときめいたし、そのオチの微笑ましさに和みました。
毎度マリエルとの距離感がエモくて動揺するのに、なぜ君がメインヒーローじゃないんだ……でもその報われなさがまた良し……(懊悩)

 

シメオン様は今回なんだか落ち着いていた気がします。いや、マリエルが絡むと暴走しかけるのは相変わらずなんだけど。
代わりにマリエルがちょっと不安定だったかな?シメオン様の足手まといになることをずっと悩んでいて、少し可哀想でした。ので、ラストのシメオン様のフォローに親指を立てたり。良い関係性に育ってるなぁ。素晴らしいです。

 

さて、色々な騒動で慌しかった年末のマリエルたち。
マリエルと敵対しそうな彼は、今後どういった動きを見せるのでしょうか。
この続きがとても楽しみです。

 

スポンサーリンク
 
1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。