マリエル・クララックの祝祭 /桃春花


マリエル・クララックの祝祭 (アイリスNEO) 【Amazon】【BOOK☆WALKER】

シリーズ第1巻の感想はこちらから

評価:★★★★
2022年1月刊。
諜報活動を得意とする作家嫁と、彼女に振り回される堅物軍人夫の二人が様々な事件に遭遇していくシリーズ第9弾。
おお、次で二桁に突入なんですね!長続きしてめでたい!
変わらないのが魅力のマリエルも少しずつ成長しているし、物語の中でも時の流れを感じることが楽しい。
それはさておき不穏な展開がじわりと進んでいる感じ。続きに期待が高まります。

☆あらすじ☆
伯爵家嫡男のシメオンと格差結婚し、愛し愛される日々を過ごすマリエル。「旦那様は最高の萌えだけど、彼の甘さにとろけていないで、たくさん役立つ頼もしい妻になります!」そう気合を入れ直していたある日、要人を集めた茶会に参加したマリエルはオルタ国の王子グラシウス公と再会する。自由のない彼に、祝祭を楽しんでもらおうとあることを計画するのだけどーー!? 大人気シリーズ第九弾、オール書き下ろしで登場! ※電子版はショートストーリー付。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む マリエル・クララックの祝祭 /桃春花

茉莉花官吏伝 十二 歳歳年年、志同じからず/石田リンネ


茉莉花官吏伝 十二 歳歳年年、志同じからず (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

シリーズ1巻の感想はこちらから

評価:★★★★
2022年3月刊。
バシュルク国編の決着巻。
茉莉花の規格外っぷりがやはり痛快です。
向いてないと心でこっそり弱音を吐く茉莉花を見るたびに「いやむしろ申し子じゃん…」と思うこと幾万回。今回またカウントが増えました。

☆あらすじ☆
茉莉花の才能に、無敵の要塞都市も陥落!? バシュルク国解決編!
バシュルク国への潜入捜査中、ムラッカ国の襲撃に遭遇した茉莉花は、絶体絶命の状況を打破すべく珀陽からもらった禁色の小物を使い傭兵団を雇うことに。
さらに軍事顧問官であるアシナの信頼が必要となるため、心の動きを読み、その反応を見ながらムラッカ軍攻略への大胆な施策を打ち出していく。
茉莉花の的確な指示にアシナは傾倒していき――!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 茉莉花官吏伝 十二 歳歳年年、志同じからず/石田リンネ