千駄木ねこ茶房の文豪ごはん二 あったか牛鍋を囲む愛弟子との木曜会 /山本風碧


千駄木ねこ茶房の文豪ごはん 二 あったか牛鍋を囲む愛弟子との木曜会 (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

シリーズ第1巻の感想はこちらから

評価:★★★★
2021年11月刊。
祖母からカフェを受け継いだ主人公の奮闘を描くシリーズ第2弾。良い表紙だなぁ。
猫になった夏目漱石や、少し距離が近づいた寒月の手を借りながらも、どうにかカフェを営んでいた亜紀に新たなトラブルが。
登場人物も増えて物語が一気に賑やかになりました。
ぜひ続きも出してほしい!

☆あらすじ☆
猫先生(漱石)と文豪ごはんにあやかり、祖母から継いだカフェを『漱石ねこ茶房』と名付けた亜紀。
寒月の支えもあってお店は順調……と思いきや近所にライバル店がオープン。
さらに「猫の毛が入っていた」と騒ぎ立てられ、客足が完全に途絶えてしまう。
窮地に陥りやむなく休業することにした亜紀だが、そこに現れたのは――
「夏目先生ですか」
まさかの転生文豪、芥川?
さらに「おれと死ぬ気で恋愛してみないか?」と太宰まで現れて!?
好き勝手な文豪たちとお店を立て直すほっこりおいしい人情物語!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 千駄木ねこ茶房の文豪ごはん二 あったか牛鍋を囲む愛弟子との木曜会 /山本風碧