86ーエイティシックスー Ep.9 ヴァルキリィ・ハズ・ランデッド /安里アサト


86―エイティシックス―Ep.9 ―ヴァルキリィ・ハズ・ランデッド― (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

1巻の感想はこちらから

評価:★★★★
2021年2月刊。
エイティシックスたちの心境に一つの区切りがつく第9巻。
人間の世界は醜悪だけど、そこに生きる人間は醜いだけじゃないんだよなっていう希望が沁みる内容でした。

☆あらすじ☆
犠牲は――大きかった。〈電磁砲艦型〉との戦いは、セオの負傷はもちろん、幾人もの仲間の命をその荒波で飲み込んだ。
シャナ。シデンの隊「ブリジンガメン」副長だった彼女も、その一人であった。復讐を誓うシデン、そしてシン行方不明の報に動揺して狙撃できず、シャナ死亡の遠因となったクレナは、平静を失う。
しかし、戦況は少年少女らを慮ることはない。〈電磁砲艦型〉の逃亡先――現在交信可能な最後の国家・ノイリャナルセ聖教国。レギオンの脅威と戦う同胞でありながら、ヴィーカたち連合王国や、連邦上層部すら警戒する謎の国家に、シンたちは足を踏み入れる……!
機動打撃群・派遣作戦最終盤のEp.9!
“敵を撃てなければ、兵でいることはできない。”

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 86ーエイティシックスー Ep.9 ヴァルキリィ・ハズ・ランデッド /安里アサト