蟲愛づる姫君 後宮の魔女は笑う /宮野美嘉


蟲愛づる姫君 後宮の魔女は笑う (小学館文庫キャラブン!)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

1巻の感想はこちらから

評価:★★★★
2021年5月刊。
蟲と毒を愛する姫君と壊れた王様の日常を描く中華ファンタジー第七弾。
今回から新章スタート。
主人公夫妻の子ども達が本格的に動きはじめました。色んな意味でばっちり二人の血を引いてますね。

☆あらすじ☆
オトナになった姫と子供たちの新章スタート。
 毒蟲と蠱毒をこよなく愛する変わり者の「蟲愛づる姫君」こと玲琳。彼女と魁の国王・鍠牙が結婚しておよそ八年の月日が流れた。ふたりの間に生まれた双子の王子と王女の五歳の誕生祝いの宴席に、玲琳の姉である斎帝国の女帝から様々な贈り物が贈られ、中には人の未来を予言できる占い師の紅玉という女性もいた。
 紅玉は様々なことを言い当て、すっかり双子のお気に入りに。しかしその直後、魁の都では謎の獣に人を喰う怪事件が頻発し、玲琳は事件解決に乗りだすのだった。調べてみれば被害者は全員犯罪者で、玲琳は何者かが明確な意図をもって特定の人物を殺害しているのではないかと疑う。一方、占い師の紅玉は、次の被害者が玲琳の双子たちだと予言し、王子王女を救いたければ自分の言うとおりにせよと王宮の人々を脅すのだった。
 子供たちを溺愛する鍠牙は、敵を捕らえるために後宮に兵士を配して警戒する。しかし玲琳はといえば、我が子なら災厄程度は自力で退けられるはずだと、子供たちに護身術を教えるマイペースぶりで……。
 世にも奇妙な夫婦の物語が、個性最強な家族の物語にパワーアップ! 極上中華風ファンタジー、新章突入!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 蟲愛づる姫君 後宮の魔女は笑う /宮野美嘉