オルコスの慈雨 天使と死神の魔法香 /染井由乃


オルコスの慈雨 天使と死神の魔法香 (メディアワークス文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★
2021年1月刊。
あとがきに書かれていたコンセプト(?)がこの作品の魅力を見事に示していると思うので引用します。
“暗い過去のせいで仲違いしてしまったが、今も互いに憎み切れず、軽口をたたき合いながら一緒にいる“
これが本作の主人公と幼馴染の関係性ですよ!めちゃくちゃ良かった!

殺意と憎悪で心が掻き乱れるのに、かつて抱いた慕わしさが消えてくれない。
今すぐ消えてほしいと思いながら、隣にいることが当たり前で自然に思う。
少年への愛憎に苦しむ少女と、少女だけに慈愛と執着を見せる少年のお話でした。
とても面白かったけれどプロローグみたいな内容だったので、絶対に続刊が欲しいです。よろしくお願いします!

☆あらすじ☆
その魔法には、香りと想いが込められている――。
 互いに偉大な魔術師と同じ魔法香を持つ孤児のシルヴィアとルグ。二人は優しい魔術師に引き取られ、日々幸せに過ごしていた。しかし、ある事件を境に溝が出来てしまう。
 それから数年後。16歳になった彼らの元に、名門と名高いフォルトゥナ魔法学園への入学案内が届く。期待に胸を膨らませるも、あまりにも珍しい二人の魔法香に、様々な噂が立ってしまい……?
 彼らの魔法香に秘められた謎、そして忌まわしき事件の秘密。魔法学園を舞台に、運命の歯車が回りだす――!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む オルコスの慈雨 天使と死神の魔法香 /染井由乃