椅子職人ヴィクトール&杏の怪奇録4 お聞かせしましょう、カクトワールの令嬢たち /糸森環


椅子職人ヴィクトール&杏の怪奇録(4)お聞かせしましょう、カクトワールの令嬢たち (ウィングス・ノヴェル)

1巻の感想はこちらから

評価:★★★★
2021年10月刊。
変人椅子職人×霊感女子高生の、椅子と恋と幽霊の物語第4弾。
今回の帯には「俺は誰かに奪われる前に、杏の一番目の男になろうと思う」というヴィクトールのセリフがデカデカと引用されているのですが、またその話か!と思いつつも二人の進展を期待してしまう、この読者心よ……
そして相変わらず現実と幻覚の境目が曖昧すぎて怖かったです。もう何もわからない。

☆あらすじ☆
霊感体質の女子高生・杏は、バイト先の椅子工房「TSUKURA」オーナーであるヴィクトールと椅子の展覧会へ行くことになった。そこでは主催者の夫婦と息子の諍いに巻き込まれてしまうものの、おおむね楽しい休日となる。ところが、その展覧会へ行って以来、茶色のトイプードルと犬の飼い主らしい男の幽霊が杏たちの前にたびたび現れるようになり……?ヴィクトールに導かれ、杏の初めてのスツール作りもスタート。甘さ微増量でお届けする、ふんわりオカルティック・ラブ第四幕

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 椅子職人ヴィクトール&杏の怪奇録4 お聞かせしましょう、カクトワールの令嬢たち /糸森環