バレットコード:ファイアウォール /斉藤すず


バレットコード:ファイアウォール (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★
2021年2月刊。
ぐ、グロかった…!
VRによる安全な戦争体験学習を受けていたはずが、気づけば怪物が蠢く場所で命懸けの脱出劇に臨むことになった高校生たちのサバイバルを描いたSF。
展開がとにかく早い上にバタバタと人が死ぬ作品で、神経がすり減る思いで読み切りました。極限状態に置かれた少年少女の恋愛模様が好みだったのでなおさら。
サバイバル要素とラブコメパートは面白かったです。ただ正直SF関連の設定はよくわからなかったかな…

☆あらすじ☆
これは、VRではなく本物の戦争である。死んだらそこで――人生は終わる。
『プロジェクト・ファイアウォール』。
 それは戦争の悲劇を防ぐため、青少年に課されることになった『VRによる戦争体験学習』。単なる「ごっこ遊び」の域を出なかったはずのその実習は、ある日唐突に混沌のプログラムと化した。
 予定されていない兵士――否、人ですらない「謎の敵」の急襲、そして迫り来る「現実での死」の危険……。
 高校のクラスメイトとともに、この異常事態に巻き込まれた少年・古橋優馬は、世界4位の成績を持つ兵士で、『フロストバイター』の異名を持つ少女・雨宮千歳が率いるチームに助けられる。
 衝突や悲劇を乗り越え、プロジェクトの真相に迫っていく彼らが最後に見るものとは――!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む バレットコード:ファイアウォール /斉藤すず