悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました8 /永瀬さらさ


悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました8 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

1巻の感想はこちらから

評価:★★★★
2020年9月刊。
我が道をいきラスボスをたらし込んだ悪役令嬢物語の本編完結巻。
前巻で完結したと思い込んでいたのですが、後書きに「本編が完結した後の劇場版のつもりで全編、書き下ろしました。」とあって納得しました。まさしくそんな感じの内容だと思います。
ちょっと未来を先取りしていて面白かったです。

☆あらすじ☆
「クロード様を父上と呼んだわね?」息子だと名乗る謎の少年に突如、エルメイア皇国が占拠された――実は乙女ゲームには子世代を描く続編があり、アイリーンが破滅ルートを回避したために、未来の息子が破滅する運命に変わっていた!? 「正しい未来」を求めて盛大な親子喧嘩と、最後の聖剣争いが勃発!
皆まとめて幸せなベストエンドに向かって……悪役令嬢は駆け抜けます!
見届けよ、完全書き下ろしのシリーズ最終巻!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました8 /永瀬さらさ