勇者刑に処す 懲罰勇者9004隊刑務記録 /ロケット商会


勇者刑に処す 懲罰勇者9004隊刑務記録 (電撃の新文芸)【Amazon】【BOOK⭐︎WALKER】

評価:★★★★
2021年9月刊。
面白かったー!
勇者の刑に処された極悪な犯罪者たちが、魔王現象と呼ばれる怪物の群れと戦わされるダークファンタジー。
「勇者」の多くが人格破綻者ばかりで、一見まともに見えた主人公すら危うい人物。
そんな彼が女神と出会い、彼女や仲間と共に数多の死線を掻い潜っていく物語なのだけど、その出会い方がヤバいわ、仲間はクズと狂人ばかりだわ、世界の様子もおかしいわ……という感じで異様な雰囲気に包まれた作品でした。
勇者たちはみんな個性豊かだし(誰かが何か言うたびに「こいつ頭ヤバいな…」となる)、主人公と女神が戦いながらバディとして洗練されていくバトルシーンも良かった。
続きもとても楽しみです!

☆あらすじ☆
 勇者刑とは、もっとも重大な刑罰である。
 大罪を犯し勇者刑に処された者は、勇者としての罰を与えられる。
 罰とは、突如として魔王軍を発生させる魔王現象の最前線で、魔物に殺されようとも蘇生され戦い続けなければならないというもの。
 数百年戦いを止めぬ狂戦士、史上最悪のコソ泥、詐欺師の政治犯、自称・国王のテロリスト、成功率ゼロの暗殺者など、全員が性格破綻者で構成される懲罰勇者部隊。
 彼らのリーダーであり、《女神殺し》の罪で自身も勇者刑に処された元聖騎士団長のザイロ・フォルバーツは、戦の最中に今まで存在を隠されていた《剣の女神》テオリッタと出会い――。
「力を貸してくれ、これから俺たちは魔王を倒す」
「その意気です。勝利の暁には頭をなでてくださいね」
 二人が契約を交わすとき、絶望に覆われた世界を変える儚くも熾烈な英雄の物語が幕を開ける。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 勇者刑に処す 懲罰勇者9004隊刑務記録 /ロケット商会