神様は少々私に手厳しい7 /守野伊音


神様は少々私に手厳しい 7 (ヒーロー文庫)【Amazon】【BOOK⭐︎WALKER】

1巻の感想はこちらから

評価:★★★★★
2020年7月刊。
感情の振れ幅が大きすぎて情緒が大変なことになる最終巻でした。
あっちで吹き出し、こっちで泣いて、涙が止まらないうちに次の笑いの波が来る。
ほんと良い最終巻だったなぁ。
異世界トリップした主人公の選択と、大事な人たちが彼女に向ける様々な想い。
その優しさ、温かさ、切なさに胸がいっぱいになりました。
とても面白かったです。最高でした。

☆あらすじ☆
皇都エルサムで始まった戦争の中、カズキは人質解放の条件として一人でディナストに追いかけ回されていた。
宮殿内を走り回って逃げていると、異世界にやってきていたある人物と出会う。
その出会いがきっかけとなり、大きな決意をするカズキ。
そして、城で待つディナストの元にルーナがようやくたどり着き、長かった戦争はついに決着する。
戦乱の時代を駆け抜けた少女カズキと騎士ルーナの運命は?ハンカチ必須の感動のクライマックス!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 神様は少々私に手厳しい7 /守野伊音