続・金星特急 竜血の娘2 /嬉野君

>
続・金星特急 竜血の娘(2) (ウィングス文庫)

1巻の感想はこちらから

評価:★★★★
2021年9月刊。
名作『金星特急』の続編にして、文明崩壊後の世界を女神の娘が旅するファンタジー第2弾。
壊れてしまいながらも、かつての風景を残す世界。そのノスタルジーと哀愁がたまりません。
少しずつ物語の細部が見えてきて、冒険譚としても面白さが増してきました。続きがとても楽しみです。

☆あらすじ☆
七百年ぶりに目覚めたユースタスは恋人の砂鉄のことだけ忘れていた。何とか彼女の記憶を取り戻したい桜だが、当の砂鉄が何も言わず、見守ることしかできない。一方、三月の願いで《銀魚》の力を使ったユースタスにより、夏草の眠る方角が判明する。どこかは分からない、けれど夏草は生きている――。希望を胸に一行はグラナダを出て東北東を目指す……!! 金星特急の旅の終わりから約七百年後の世界を描く「金星特急」続篇、いよいよ本格始動!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 続・金星特急 竜血の娘2 /嬉野君