プロペラオペラ5 /犬村小六


プロペラオペラ 5 (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK⭐︎WALKER】

評価:★★★★★
2021年8月刊。
最悪の三角関係から始まった、恋と空戦の架空戦記最終巻。
凄まじいお話でした。
しんどいやらキュンとするやら感動するやらで私の情緒がめちゃくちゃにされてしまいました。
史実をベースにしつつ、ロマンスとファンタジーをたっぷり盛り込んだ本作。
後書きにあるように、確かにこれは人間賛歌の物語だと思います。
最後まで読んで良かった。とても面白かったです!

☆あらすじ☆
日之雄ガメリア最終決戦、開戦!!
 極東の島国・日之雄。その皇家第一王女・銀髪の美女イザヤ。同い年で幼なじみのクロトは、10才の時にイザヤにとんでもない“狼藉”をはたらき皇籍剥奪された曰く付き。
 しかしふたりは今、第八空雷艦隊司令官と、その超キレ者首席参謀として国民の人気を独占する!
 ガメリア大統領となったカイルは、兵器史上もっとも巨大凶悪な飛行戦艦「ベヒモス」を建造し、日之雄に迫る。奴の戦争の目的は、イザヤを娶ること。バカか!!??そんなこと許せるわけがないクロトは、カイルの仕掛けた「三角関係大戦争」の直接決戦を断固受けて立つ!!
 イザヤ、リオ、速夫、ミュウ、ユーリ、クロト、絶望的戦闘を共に生き延びてきた愛すべき乗組員の野郎ども、そしてカイル。誰が死に、誰が生きるのか。
 戦場の爆砕音と怒号と鼓膜を殴打するプロペラの叫び!!「恋と空戦」を書かせたら世界一の犬村小六は、今巻に、自身の生きる力の全てを叩き込んだ!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む プロペラオペラ5 /犬村小六