錆喰いビスコ7 瞬火剣・猫の爪 /瘤久保慎司


錆喰いビスコ7 瞬火剣・猫の爪 (電撃文庫)【Amazon】【BOOK⭐︎WALKER】

評価:★★★★☆
2021年3月刊。
キノコ守りの少年コンビの冒険活劇第7弾。
ぶっ飛んだ世界観をぶっ飛んだキャラクターが走り回る楽しい本作。今回は輪をかけて狂ってました。もちろん褒め言葉です。
これはまさにネコチャン時代劇。猫による猫の世界に猫なりかけのビスコたちが迷い込み、切った張ったの大立ち回り。
そんな戦いの中で、ビスコは自分の心と向き合うのです。ハチャメチャな話だったけどラブロマンスだったなぁ。
もうね、最後の見開き挿絵が素晴らしすぎるのよ!!

☆あらすじ☆
半猫ビスコとミロ! いざ、猫世に潜む悪を討つ!
忌浜の街では人間が次々と猫化する事件が発生。どうやら、ビスコとミロが黒革へ放った超信弓で、異世界との扉が開いてしまったことが原因らしい。
「猫病」を止めるべく、扉をくぐり抜けた彼らがたどり着いたのは、猫侍たちが治める猫摩國!
猫摩の将軍・八ツ橋羊羹とともに、この国を苦しめ、猫病を蔓延させる元凶の邪仙猫・甘草月餅に挑む。しかし、月餅の肉球には輝く超信矢が握られていた! しかも半猫になってしまったビスコは得意の弓術も封じられ……
かくなる上は唸れ尻尾、牙と爪! それから肉球! 最強キノコ守りコンビ、にゃんとも不思議な世界でも大暴れ!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 錆喰いビスコ7 瞬火剣・猫の爪 /瘤久保慎司