春夏秋冬代行者 春の舞 上・下 /暁佳奈



春夏秋冬代行者 春の舞 上 (電撃文庫)【Amazon】【BOOK⭐︎WALKER】

評価:★★★★★
2021年4月刊。
神の力を宿した4人の現人神によって春夏秋冬が巡る世界で、四季の代行者と彼らを守る護衛官の絆と切ない感情を描く和風ファンタジー。

いやぁ……凄まじい作品でした……
各人が抱える感情の重さと大きさが途方もない。

かつて世界に見捨てられ、地獄に落とされた二人の少女。
かつて大事な人を奪われ、後悔の中で苦しむ二人の青年。

二組の主従を中心に描かれる物語は、美しくも残酷な世界観をバックに情緒でぶん殴る系でした。

ボロボロに傷ついた心を共依存の中で癒し合い、再起を目指す少女たちの絆がめちゃめちゃよかった。
迂闊に触れたら壊れてしまいそうな儚さがあるのに、彼女たちは懸命に前へ進むのです。戦う意思を携えて。
美しきリベンジャー。可憐にして果敢な少女主従なんです。最高すぎ。

本作には春夏秋冬の4組の主従が登場するのだけど、そのどれもが粒揃い。
主従関係や恋愛関係をはじめとする、様々な形の人間ドラマが読み応えたっぷりに詰まっていました。
友情も愛情も憎悪も苦悩も、あらゆる感情が割り切れずに混沌として描かれるのがとても面白かった。
どんよりと暗い感情で散々殴ってくるのに、最後は晴れやかな気持ちで読み終われるところも素敵です。

主従関係を強く推したい作品ですが、恋愛パートもかなり好み。
初恋が絶望に染められ、苦しみながら春に焦がれる冬の恋が特に好き。。。

ていうか、どこを切り取っても好きだわ。最高のファンタジーがきたよ、これは。
続きも出るらしいです。とても楽しみ!

☆あらすじ☆
『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の暁 佳奈が贈る、四季の物語。
「春は――無事、此処に、います」
世界には冬しか季節がなく、冬は孤独に耐えかねて生命を削り春を創った。やがて大地の願いにより夏と秋も誕生し、四季が完成した。この季節の巡り変わりを人の子が担うことになり、役目を果たす者は“四季の代行者”と呼ばれた――。
いま一人の少女神が胸に使命感を抱き、立ち上がろうとしている。四季の神より賜った季節は『春』。母より授かりし名は「雛菊」。十年前消えたこの国の春だ。雛菊は苦難を乗り越え現人神として復帰した。我が身を拐かし長きに亘り屈辱を与えた者達と戦うべく従者の少女と共に歩き出す。彼女の心の奥底には、神話の如く、冬への恋慕が存在していた。
暁 佳奈が贈る、季節を世に顕現する役割を持つ現人神達の物語。此処に開幕。

以下、ネタバレありの感想です。

 

まず世界観が好きでした。
現代日本を彷彿とさせながらも、「季節を司る神の力を授けられた4人の現人神が、儀式をすることにより春夏秋冬の巡りをもたらす」という神話と地続きの幻想的な世界観。
その一方で、現人神である四季の代行者を巡っては人間たちの様々な思惑が交錯し、常に敵対勢力の過激なテロにも脅かされている。
ここで面白いのは(というと不謹慎か…)「四季の代行者」が代わりの利く存在だということ。
天意のみで選ばれるけれど、当代が死ねば次の代行者に変わるだけ。
なんて残酷なんだろう。世界の歯車となったことで命を狙われるのに、世界にとっては掛替えのない存在ではないんです。
それでも人生を捧げなければならない姿は、どうしても哀れに思えてしまう……

 

そんな代行者の悲運を、幼い身に容赦なく受けた春の代行者・花葉雛菊とその護衛官・姫鷹さくら
少女たちが落とされた地獄はあまりにも辛く、その悲痛な叫び、壊れゆく心が描かれるたびにドクドクと嫌な動悸を覚えました。

さくらに守られた雛菊が呼び起こす春の奇跡はとても美しい。
一方で、かつての二人を苛んだ地獄は今なお尾を引き息苦しい。

明暗というか、緩急というか。
雛菊たち主従の過去と現在が交互に描かれ、その落差にひたすら感情が揺さぶられました。
彼女たちが辿った軌跡を知るほど、幻想的な世界と血生臭い人間社会の犠牲になった二人なのだと、何度も何度も心に刻みつけられるんです。

 

ただ、決して悲劇のヒロインのまま立ち止まらないから、この春の主従は魅力的なんだと思います。
自分たちを見捨てた世界に復讐するかのように、与えられた苦痛にあたたかな「春」を返す雛菊とさくら。
その心根の強さと美しさが素晴らしくて。優しいんだけど、それだけじゃないんだよ。不幸に不幸でやり返さないことが彼女たちの復讐であり、矜持なのか。
壊れそうな心を支え合って、癒しあって、手を取り合って見事に再起を果たして。本当に本当に格好いいです。
こんなにも誇り高く勇猛で可憐な復讐者がいるか?ここにいたわ!

 

ただし、報いを受けるべき悪にはきっちり仕返しするので、都合のいい弱者にもなりません。泣き寝入りはしないんだ。そこも好き。
あ、雛菊の父親と春の里の上層部はいつか引っ叩いてやりましょうね…?

 

そんな春の主従を複雑な気持ちで見守る冬の主従。
後方彼氏ヅラ……いや違うそういうのじゃない。でも罪悪感を抱えてこっそり影ながら春の二人を見守る冬の二人が健気で可愛かったです。

特に私は冬の代行者である狼星がキャラとしては一番好き。
最高位の神らしく生意気で、春に焦がれる一途さがあり、好きな子を想って病んでて良い。
雛菊を奪われたトラウマで死にたがり、それでも彼女の願い通りに生き続けた狼星。
いつか「助けに来たぞ」が言いたくて生きてきた彼の初恋、たまらないよね。。。
ファースト「助けに来たぞ」は見ず知らずの子供にあげちゃったけど(あげた瞬間に狼星が抱いた羞恥心が大変美味しかった)、最後できっちり挽回を果たしてくれて本当によかったです。
拗らせ続けたヒーロー願望が炸裂したかのようにノリノリで氷の橋をかけまくるシーンめっちゃ好き。

 

まぁ関係性という点ではダントツで雛菊とさくらの主従関係が好きなんですけども。
それぞれが他の人に恋をしても、苦難を共にした主従として相棒として親友として、互いこそ人生を共にする相手なのだと揺るぎなく信頼する。その関係性が尊くて最高なので。

 

でもまぁ主従関係と恋愛関係が両立するのも個人的には大好物だったりして。。。
そんな私に優しくお出しされたのが秋の主従です。
カプ厨に手厚い!ありがとうございます!
ていうか本作、各種主従関係だけでなく各種カップリングもめちゃ豊富ですね。関係性オタク特攻すぎる。

 

秋主従、おにロリですね。
護衛役なんて幼女の機嫌をとっておけばOKみたいな気持ちでいたクール系気取ったお兄さんが、無自覚のまま幼女の沼にズブズブと沈められているの、なんかこう変な回路が刺激されました。大変けしからんです。
竜胆が「俺の秋」って言うの、色っぽくて好き。幼女相手に縋り付くように色気を垂れ流すデロ甘お兄さん、責任持って「王子様」を完遂してほしいな!(「王子様」ってどういう存在なのかなー)

 

もちろん夏主従も好きです。
四季の主従はどこも、主人の従者に対する依存心と、従者の主人に対する僅かに厭いながら憧憬する心が描かれていたけれど、夏はそこが割と健全でさっぱりしてた気がします。いやまぁ拗れてるんだけど。
瑠璃がすごく「普通の女の子」ぽいから、拗れていても通常の家族関係の範囲に思えてしまうのかも。
ここの主従が本当に大変なのはこれからだと思うし。てか主従じゃなくなる?護衛官はどうするんだろう。
ここは特に説明だけされた姉妹の婚約者たちも気になります。特に「パニック映画の最後の方で主人公を裏切るタイプ」という瑠璃の婚約者。詳しく!ってなるじゃん、そんなこと言われたら!

 

4組の主従それぞれのドラマが大変よかったけれど、それ以外の脇役たちのエピソードも読み応えばっちりで凄かった。
雛菊の両親の話は辛すぎてしんどくなったし、観鈴と美上の関係性の退廃的な雰囲気も目が離せないし。
観鈴は道を間違えた雛菊のようにも思えて、なんかもう、何と言えばいいのか。
観鈴が破滅的であればあるほど、誇り高い道を選んだ雛菊たちが尊く思えるのだけど、その明暗がまた心を軋ませるというか。。。

 

そんなところも含め、本当に物語に凄みがあって面白かったです。
素晴らしいファンタジーだと思います。
続刊も決まっているようですね。続きが楽しみです!


 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。