続・金星特急 竜血の娘 /嬉野君


続・金星特急 竜血の娘(1) (ウィングス・ノヴェル)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2021年3月刊。
初恋の女神にプロポーズするため、危険な特急列車の旅を駆け抜けた錆丸の冒険を描いた『金星特急』。
その錆丸の娘を主人公とする続編がスタートしました。

これを機に「金星特急」を最初から読み直したのだけど、何度読んでも傑作ですね。
私は金星特急の魅力は「世界各地を旅してまわる、愛と絆と駆け引きに満ちた冒険のワクワク感」だと思っているのだけど、連載開始から10年近く経っても、展開を知っていても、全く色褪せない名作だと思います。再読なのに徹夜してしまった。

とはいえ、しっかり完結した作品の続編は、オリジナルの面白さを引き継げるのか?

そんな不安を吹き飛ばす続編第1巻でした。
いやぁ予想外!かなり思い切った転換をしてきたなと思いました。

物語の雰囲気はガラリと変わり、今度は閉じた箱庭から何も知らない少女が放り出され、未知の世界へ漕ぎ出しました。
彼女の目的は果てしなく、物語の全貌もまだ見えてこない。
それでも壮大な旅になるだろうという予感にワクワクして、「ああ、金星特急が帰ってきた!」と思わせてくれました。
続きがとても楽しみです!

☆あらすじ☆
女だけが暮らす絶海の孤島・犬蛇の島で育った桜。彼女が15歳になったある日、島にいわくありげな二人の男が降り立った。男の一人は桜を見つけると、満面の笑顔でこう言った――「迎えに来たよ、桜」。三月と砂鉄と名乗る彼らは桜の父親の仲間で、自分も知らない自分の過去を知っているらしい。まだ見ぬ世界をその目で見るため、彼らとともに島を出ることにした桜だが……? 今度の主人公は錆丸と金星の娘・桜。大人気「金星特急」続篇スタート!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 続・金星特急 竜血の娘 /嬉野君