やたらと察しのいい俺は、毒舌クーデレ美少女の小さなデレも見逃さずにぐいぐいいく /ふか田さめたろう



やたらと察しのいい俺は、毒舌クーデレ美少女の小さなデレも見逃さずにぐいぐいいく (GA文庫)【Amazon】【BOOK⭐︎WALKER】

評価:★★★★☆
2020年7月刊。
すごいなコレ、私的に新感覚!
人の心を読み取ることが得意な少年と、素直になれず毒舌になる少女。
「すれ違いゼロのラブコメディ」とプロローグにある通り、凹凸噛み合った二人には何のすれ違いも起きません。主人公自ら脇道にそれそうなフラグをへし折り続けるので、ゴール目掛けて一直線です。
トントン拍子どころか爆速で話が進む。
けれど、そのスピードにヒロインがついていけなくてモダモダするんです。
展開が早すぎて困惑するの分かるわ……でも困惑するヒロインが可愛いからもっと押せ!
めちゃ楽しいデレ責めラブコメでした。次巻以降も読んでいこうと思います。

☆あらすじ☆
白金小雪。美少女だが毒舌家で「猛毒の白雪姫」と呼ばれる彼女をナンパから救った笹原直哉は、彼女が強がりと嘘で武装しただけのか弱い少女に過ぎないことを知る。
颯爽と助けてくれた直哉に一目惚れした小雪と、小雪のいじらしい態度に一目惚れした直哉。素直になりきれない二人は、お互いの「好き」を確かめるために少しずつ心を通わせていく。
WEB小説発、ハッピーエンドが約束された、甘々ラブコメディ。

以下、ネタバレありの感想です。

 

エスパー並みの洞察力を持つ高校生笹原直哉
同級生白金小雪の好意を読み取った直哉は、先回りして彼女を振ります。
告白すらしてないのに振られた小雪は、意地になって直哉を落とす宣言をかまし、そんな彼女に直哉は惚れるのです。

 

早い!!!!!!
早いって!!!!!!

 

冒頭こそエスパーじみた直哉の言動に苦手意識を覚え、「こういうスカした主人公だと私は楽しめないかも…」と心配していたのに。
小雪が直哉に宣戦布告してからは、そんな心配もどこへやら。二人の甘酸っぱい攻防を楽しく堪能しました。

 

それにしても本当に爆速のラブコメだった。
片想いから両思いになるスピード感。展開が早すぎて怖気づいた小雪の急ブレーキ。でも急には止まれない直哉。逃げる小雪。攻める直哉。どんどん埋まっていく外堀。

た、楽しい…!

小雪から好きになって宣戦布告したはずなのに、なんで小雪が逃げてるんだ?いやでも展開が早すぎてお目目ぐるぐる状態の小雪が可愛いから良し。毛を逆立てながら怯える子猫っぽい。可愛い。

直哉は直哉で序盤のスカした態度は早々に消え失せ、初恋が楽しくなりすぎてポンコツ化。
好きな子だろうと手玉に取るタイプかと思いきや、踏み込むラインの見極めが上手いからヘイトコントロールばっちり。
小雪の内心を正確に読み取ってデレ責めするくせに、その小雪の可愛さに撃沈してるのがまた可愛いんですよ。破れ鍋に綴じ蓋じゃん。

 

猛スピードで好きな子を追いかける直哉の恋は、勘違いによるすれ違いが全く起きません。
「もしや恋敵登場!?」というフラグも直哉自ら爆速でへし折ります。清々しいまでの一途っぷりとヒロインへの配慮。
他の心配要素を全て完璧に取り除き、ただ主人公だけがヒロインを精神的に追い詰めるラブコメでした。ちゃんと両思いだから犯罪じゃありません。イチャイチャです。

 

全くストレスがない予想通りの展開なのに、その予定調和感を楽しませてくれるのがまた良かった。
やはり重要なのはスピード感なのでしょう。
告白をすっ飛ばして家族公認結婚前提のお付き合い(NOT男女交際)が始まってるけれど、そのまま全てすっ飛ばして一緒に墓に入りそうな勢い。
うーむ。小雪が素直に「好き」と言える日は来るのかな。
どれだけモダモダしていても直哉はニコニコと待っていそうだけど、その頃には婚姻届くらいは出していてもおかしくないな。。。

 

小雪の片想いが爆速で両思いになり、でも恋人関係の1ミリ手前で足踏みしている直哉と小雪。
二人の日常がこれからどうなるのか楽しみです。永遠にニヤニヤ見守っていたい。
続きも読んでいこうと思います。

 

スポンサーリンク
 
1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。