マリエル・クララックの喝采 /桃春花


マリエル・クララックの喝采 (アイリスNEO)【Amazon】【BOOK⭐︎WALKER】

評価:★★★★★
2021年4月刊。
覆面作家な貴族令嬢の謎と波乱に満ちた日々を描くラブコメ・ミステリー第8巻。
元々好きなシリーズですが、私は今回の話が一番好きです。大好き!
謎や冒険のスケールが大きかった前回に比べると、今回の話は日常回に含まれるのかも?王都の中で身内+αでわちゃわちゃする話ですし。
でもすっっごく楽しかった!
とにかくキャラが生き生きと動いていて、終盤にかけて笑いが止まらず大変でした。今までで一番笑ったと思う。とにかくページをめくるのが楽しくて楽しくて。
キャラ同士の掛け合いが秀逸。変人と堅物の夫婦漫才は最高。横恋慕な怪盗氏も相変わらず魅力的。
本当に良い少女小説だなぁ。このシリーズがますます好きになりました。

☆あらすじ☆
名門伯爵家嫡男のシメオンと結婚し、甘い日々を送るマリエル。小説家としての活動にも精を出す中、第二王女の婚約者であるラビアの公子がラグランジュを公式訪問した。歓迎の宴で挨拶したリベルト公子は、美しく優しげな人物に見えたが……。「この方、もしや曲者では!?」さらに怪盗リュタンの予告状で街は大騒ぎ。マリエルとシメオンもその場面を目撃して――!? 大人気シリーズ第八弾、オール書き下ろしで登場! ※電子版はショートストーリー付。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む マリエル・クララックの喝采 /桃春花