探偵は御簾の中2 鳴かぬ螢が身を焦がす /汀こるもの


探偵は御簾の中 鳴かぬ螢が身を焦がす (講談社タイガ)【Amazon】【BOOK⭐︎WALKER】

前巻の感想はこちらから

評価:★★★★☆
2021年8月刊。
三人目の子供の誕生から始まる政略結婚夫婦の平安ラブコメミステリー第2弾。
平安貴族的に変人同士なこの夫婦。それは前巻で散々笑ってときめいた要素だったのに、今回はなんだか切なくなりました。笑えないくらい生きづらそう。生まれる時代が悪かった。
平安時代に高級貴族の夫婦が純愛を貫くことに、ロマンを感じる前に「この二人、鬱になりそうだな…」って心配することになるとは。
エグい展開にしんどくなったけど、容赦なく心を鷲掴みにされ引き摺り込まれた気分。めちゃくちゃに乱されて、どうしようもなく面白かったです。
でも、どうか、どうか、この純愛が貫かれますように。。。

☆あらすじ☆
両片思い夫婦にときめいた。
「私が決める、向こう1000年で最高のラブコメ本格ミステリー!」
――斜線堂有紀さん絶賛!
夫はヘタレな警察トップ、妻は隠れた名探偵。
平安ラブコメミステリー「探偵は御簾の中」(略して、探御簾<たんみす>)シリーズ最新作!
平安貴族には珍しく妻一筋だけどヘタレな検非違使別当(警察トップ)・祐高と頭脳明晰な年上の妻・忍。京で評判のおしどり夫婦なのに、後宮の恋物語に憧れる忍にとっては、二人の情愛は危うさが足りないらしい。そこで夫と始めた秘密の駆け落ちごっこ。だが道中で殺人事件が発生し、なぜか祐高が容疑者に。真犯人を見つけなければ、別当はクビ、妻は出家!? 夫婦の危機に、忍が真相に迫る!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 探偵は御簾の中2 鳴かぬ螢が身を焦がす /汀こるもの