女王の化粧師3 /千花鶏



女王の化粧師 3 (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK⭐︎WALKER】

前巻の感想はこちらから

評価:★★★★☆
2021年8月刊。
女王候補の娘とその化粧師が、不利な女王選に挑むことから始まるヒストリカル・ファンタジー第3弾。

私はWEB版で先の方まで読んでいるのだけど、この『女王の化粧師』というシリーズは尻上がりに面白くなる作品だと思います。
1巻よりも2巻。そして2巻よりも3巻の方が抜群に面白い。
それはきっと作中の人間関係に深みが増し、ドラマに読み応えが出て来るからなのでしょう。

この3巻のメインとなるのは、とある恋の物語。
それ自体がドラマチックで面白いのだけど、騒動に巻き込まれていくダイたちの人間模様からも目が離せません。
具体的に言うと甘くなったよね!切なさの隠し味が効いた甘さ!
そして唐突に襲い来る色気!
どうして名前を呼ぶだけでこんなにえっちな感じに…?

☆あらすじ☆
「女王として、どんな国を作りたい――?」時代に翻弄された女王候補と化粧師の物語第3弾!
紆余曲折を経て、マリアージュの下で化粧師としての居場所を揺るぎないものとしたダイ。
そんなダイに最有力の女王候補アリシュエルからも化粧の依頼が舞い込む。
一方でダイは、花街時代の友人である医師ロウエンから、アリシュエル宛ての伝言を託される。
貴族と平民。身分差があるはずの二人がなぜ――。
困惑しつつもダイはアリシュエルの元を訪れるが!?

以下、ネタバレありの感想です。

 

性別と本名が明らかになり、急速に距離が近づくダイとヒース。

 

いや、近づきすぎでしょ!めちゃめちゃ険悪なムードからシームレスにラブシーンに移行するな!(語弊)

 

ダイの母親が天性の娼婦っていうの、すごく理解できるんですよね。
彼女の無垢で未成熟な色気と、無自覚に庇護欲をそそる仕草がたまらんというか。グラっときちゃうのも仕方ないよねってなる。誘ってる?と思うもの。
ダイに囚われると抜け出すのは大変だろうなぁ。泣きながらごめんなさいされたら頭撫でまくって押し倒すのもやむなし。あ、そこまではしてなかったか。魔は刺してたけれど。

 

一方のヒースがまた、もう、色気が垂れ流しというか。
どっちがより色気を垂れ流せるか競い合ってるのでしょうか、このカップル??
日常のなんでもない接触が、なんだかそういう触れ方に見えるの、私の目線が邪なだけじゃないと思う。邪なのは認める。でも彼は名前を呼ぶだけでエロい雰囲気を背負う男だから…
あんな色気の権化に「ゆるして」って懇願されたら、そりゃあ許すでしょう。ずるい!お前のその色気がずるい!!必要ならダイすら駒にするくせに!でも許す!!

 

ていうか、なんで二人揃って謝罪する時に急速に色っぽくなるんだ。謝る気あるのか…!(とても良いと思います)

 

こんなR指定カップルを一番近いところで見守るマリアージュ様は名君の素質バッチリです。
というか本当に丸くなったことで名君の素質が見やすくなってきましたよね。
自分にできることは何かを懸命に考えるようになり、人を真っ直ぐに見ることができるマリアージュは、きっと良い女王になる。そう思えるから好感度が上がりっぱなしです。
私もマリアージュ様の国の民になりたい。あとマリアージュ様とダダンの掛け合いがたまらなく好き…

 

さて、今回はそんなミズウィーリ家の主従が巻き込まれる、とある恋のお話でした。
本当に切なくて悲しい物語だった。
身分差恋愛の報われなさと同時に、彼らが生きる社会の歪みを感じて。女王になれない男と、男の操り人形にされる女王候補。
その繰糸から逃れようとした少女が迎えた悲恋の結末は何度読んでもやりきれません。
彼らが恋を全うさせるために、一体何をすれば良かったんだろう。
エピローグのアリシュエルの虚無に胸が痛くなったけれど、プロローグを読み直して、それでも生き続ける彼女の姿に少しだけ救われた気持ちになったりして。

 

この悲恋を生み出した根底にある歪みについては今後ますます大きな問題となっていくわけだけど、そこも含め、WEB版既読の身からすると随所に置かれた伏線の数々にワクワクしました。
この書籍版、なんだか伏線の配置やストーリーのラインがスッキリしてWEB版よりも読みやすくなっている気がします。話の流れもスムーズに感じる。気のせいかな。
あ、WEB版が読みにくいわけじゃないですよ、念のため!

 

電子書籍のみで継続しているシリーズですが、どうにか4巻も出して欲しいなぁ。
作者の千花鶏先生によると、次の4巻でWEB版でいう「序幕」が完結するそうです。
つまり、次巻ついにWEB版既読者が口を揃えて「序幕ラストまで読んで」と言いたくなる展開がやってくるわけです。
私は書籍版でそれが見たい。楽しみにしています!

 

スポンサーリンク
 
1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。