筺底のエルピス7 継続の繋ぎ手 /オキシタケヒコ



筺底のエルピス7 -継続の繋ぎ手- (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから

評価:★★★★★
2021年2月刊。
この心理戦の妙こそエルピスの醍醐味!!
嵌めて裏をかいて隙をつく。絶体絶命の悪条件からどうやって勝利の方定式を弾き出すのか。
バトルは最高にクールだし、最終章へ向けて進む展開にテンション上がりっぱなし。
もうホント楽しいです。そして猊下可愛すぎ。K殿の不憫可愛さも大幅にアップして笑った。
次巻がとっても待ち遠しい!

☆あらすじ☆
終わりを拒み、未来を繋げ。
殺戮因果連鎖憑依体――
古来より『鬼』や『悪魔』と呼ばれてきた、殺意の媒介者を狩る三つのゲート組織が、突如陥落した。月に鎮座する異星知性体によって、三体の地上端末が一斉に掌握されてしまったのだ。彼らのネットワーク攻撃によって、ローマの祓魔師たちと全世界の不死者が瞬時に制圧されてしまうという危機の中、同様に沈黙した《門部》本部の地下聖域では、阿黍宗佑が第二心臓を埋め込まれ、無敵の刺客として復活しようとしていた。
異星知性体の目的は、悠久の時と歴史を使い捨ててまでして求め続けた宝――白鬼の奪取。
超人と化した阿黍が復活し、朋之浦結の確保に動き出せば、すべてが終わる。白鬼である彼女が星の彼方に連れ去られてしまうことになれば、三つのワームホールゲートも地上から撤去され、残された人類は鬼への対抗手段を失い、滅亡が確定するのだ。
打開のために残されたタイムリミットは、わずか数十分。すべてを託された百刈圭と、彼が率いる狩人たちは、断ち切られた希望の糸を繋ぎ直すべく、伏魔殿と化した《門部》本部の攻略戦に、いかに挑むのか――。
人類の存亡をかけた、影なる戦士たちの一大叙事詩。終焉を拒絶する、反撃の第7弾。

以下、ネタバレありの感想です。

 

地獄地獄地獄な展開が続いてきて、今回も絶体絶命大ピンチのほぼ詰んでる状況から始まっているのに。

でもなんとかなる気がする…!と思わせるポジティブなパワーが物語を覆っている気がします。

答えは明白ですよね。猊下がいるから……じゃなくて圭が覚醒したから!

めっちゃ主人公じゃないか、百刈圭。
1巻の頃の冴えないサラリーマンどこいった。いや冴えなくて疲れたサラリーマン風の圭は今もいるんですが。むしろヘタレ具合はこじらせ気味にも思えるし(中二こじらせた自分にDT煽りされるの、新種の自傷行為でしょうか)

でも今回の圭は本当に本当にかっこよかった!

戦況が開始する前に綿密に計画をたて、ほぼその通りに行動するというガリ勉らしい戦い方なのに、なんでこうもかっこよく描けるんだろう。
ずらっと並べられた悪条件を全て自分たちに有利な方向へ利用して、パチパチとパズルを組み合わせるように勝利の絵を完成させていくの、最高に痺れました。
青鬼戦から霧島クリアまでの一連の流れ、鮮やかすぎて目眩がした。
あったまいー!という頭悪い感想しか出てきません。困った。

 

師匠戦でお披露目された新設定もテンション上がりました。
これこれ、こういう、「え、その設定って更に広がるの!?」という興奮もまたエルピスの魅力。
最初に与えた設定や情報を矛盾なく拡大していくの、本当にすごいです。四不象そこに使うかー!
停時フィールドって最初から凄まじい設定だったのに、まだ広げますか。どうなってるんだ。何が起こるんだ。ワクワクが止まらないよう!残りの色は白と青かな!?鬼も同じ色分けなのは何かあるんだろうか?

 

圭以外のメンバーの活躍もよかった。
ちなみに、「絶対に死なないで…!」と念じていた猊下が早々に後方配置になってホッとした私(笑)
まさかの霧島さんと愛を語らう展開にはびっくりしたけどね。美少女を拘束して愛を語ってくるおじさん、かなり危険な絵面では。
でも尿意に堪えながら悪意を跳ね除けてた猊下は安定の可愛さでした。プルプルする程度で強化された青鬼の攻撃に耐えられるの、やっぱり常人じゃないんだよな猊下。その歪さが好き。柩の凶悪さと心根の純粋さのアンバランス最高。

 

ていうか霧島さん!!!美っっっっ人すぎない!?
半端なく好みの美女なんですが。どうしよう私には女医という推しが。。。
影のある美少女が大好きなので、このままの状態で霧島さんが仲間入りしてくれると私のモチベがぐわっと上がります。
あと猊下の心象風景と霧島さんの心が重なるシーンがめっちゃエモくてよかったな……傷の舐め合いではなく「冬を歩む同胞」という表現が素敵すぎてときめく。その距離感は良すぎる。
マサさんも良いけど尿意我慢してるダンディな坊ちゃんもよくないです!?うちの猊下どうですか!?(カプ厨脳)

 

それはさておき。

ギリギリのラインで全てが上手くハマった第7巻。
未だに敵は遠いけれど、攻勢に転じるための仲間が勢揃いしてワクワクします。なんと言っても師匠が全盛期の姿で仲間入りですよ。こんなのテンションぶち上がるでしょ!
でも今の師匠って完全な味方とするには頼もしすぎて、「これくらい主人公サイドを強化しないといけない敵か…」という空恐ろしさがあったり。一体これからどんな戦いが待ってるのか。人知は及びますか?

 

スポンサーリンク
 
1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。