筺底のエルピス7 継続の繋ぎ手 /オキシタケヒコ


筺底のエルピス7 -継続の繋ぎ手- (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから

評価:★★★★★
2021年2月刊。
この心理戦の妙こそエルピスの醍醐味!!
嵌めて裏をかいて隙をつく。絶体絶命の悪条件からどうやって勝利の方定式を弾き出すのか。
バトルは最高にクールだし、最終章へ向けて進む展開にテンション上がりっぱなし。
もうホント楽しいです。そして猊下可愛すぎ。K殿の不憫可愛さも大幅にアップして笑った。
次巻がとっても待ち遠しい!

☆あらすじ☆
終わりを拒み、未来を繋げ。
殺戮因果連鎖憑依体――
古来より『鬼』や『悪魔』と呼ばれてきた、殺意の媒介者を狩る三つのゲート組織が、突如陥落した。月に鎮座する異星知性体によって、三体の地上端末が一斉に掌握されてしまったのだ。彼らのネットワーク攻撃によって、ローマの祓魔師たちと全世界の不死者が瞬時に制圧されてしまうという危機の中、同様に沈黙した《門部》本部の地下聖域では、阿黍宗佑が第二心臓を埋め込まれ、無敵の刺客として復活しようとしていた。
異星知性体の目的は、悠久の時と歴史を使い捨ててまでして求め続けた宝――白鬼の奪取。
超人と化した阿黍が復活し、朋之浦結の確保に動き出せば、すべてが終わる。白鬼である彼女が星の彼方に連れ去られてしまうことになれば、三つのワームホールゲートも地上から撤去され、残された人類は鬼への対抗手段を失い、滅亡が確定するのだ。
打開のために残されたタイムリミットは、わずか数十分。すべてを託された百刈圭と、彼が率いる狩人たちは、断ち切られた希望の糸を繋ぎ直すべく、伏魔殿と化した《門部》本部の攻略戦に、いかに挑むのか――。
人類の存亡をかけた、影なる戦士たちの一大叙事詩。終焉を拒絶する、反撃の第7弾。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 筺底のエルピス7 継続の繋ぎ手 /オキシタケヒコ