千駄木ねこ茶房の文豪ごはん 二人でつくる幸せのシュガートースト /山本風碧



千駄木ねこ茶房の文豪ごはん 二人でつくる幸せのシュガートースト (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2020年9月刊。
面白かった!
疲れ果てた社会人と謎の美青年と謎のしゃべる猫。
主人公の祖母の店で出会った三者がカフェ経営に乗り出す物語です。
夏目漱石をテーマにした喫茶店ものですが、これはもう表紙にドアップで映る猫のキャラクター勝ちでしょう。
この黒猫が素晴らしく可愛かったです。
ごはんは美味しそうだし、恋愛要素もジレ甘で良し。ところで薄幸美青年はお好きですか?こちらの彼はとても美味しいですよ!
ストーリー的にも緩急ほどよく楽しい1冊でした。

☆あらすじ☆
猫に転生した文豪・漱石がカフェ指南!? ほっこり美味しい人情物語!
社畜生活に疲れ果て、会社を休職中の亜紀。そんな彼女の元に祖母が倒れたとの一報が入る。急ぎ見舞うと、祖母から「店を守ってくれ」と頼まれてしまう。ひとまず千駄木にある店の様子を見に行くことに。すると店の前に見知らぬ美男子が行き倒れていた! その上「何も食べていにゃいから食事を二人分作ってくれ」とお願いされ……いや、お願いしてきたのは、男の側から現れた、立派な口髭を蓄えた黒猫で!?
文豪が愛したごはんを通し、悩みを抱えた人々の心を癒やしていく、ほっこりおいしい人情物語!

以下、ネタバレありの感想です。

社会人生活に疲れ果てた亜紀は、倒れた祖母の代わりにカフェを引き継ぐことを考える。
そんな彼女の背中を押したのは、夏目漱石の転生であると名乗る不思議な黒猫。そして、微妙に壁を作りながらも亜紀を見守る青年・寒月だったーー というストーリー。

 

まず、カフェ経営ものとして面白かったです。
カフェものの大事なポイントであるごはん描写のなかで、特に惹かれたのはシュガートースト!
ほぼ素材だけのシンプルさゆえに、美味しそう〜〜という想像が容易で困りました。
だってやってみたくなるじゃない、七輪で焼くの。七輪もってないけど。絶対美味しいですよね・・・・・・

 

コーヒーのいれ方だったり、トーストだったり、未経験者の亜紀の物語らしく、一からカフェ経営を考えていくところが面白かったです。

このご時世に会社員を辞めて、自営の飲食業を選べるのか?その覚悟やビジョンはあるのか?
そんな迷いを抱えた人生の転機を描く物語でもあって。その部分も読み応えがありました。

降ってわいた状況だけに「自分は本当にカフェをやりたいのか?」という亜紀の葛藤は理解できるし、そんな彼女が猫先生や寒月の手を借りながら自分の答えを見つけるストーリーは王道的で、実に爽快でした。
幼い日に捨てた夢を大人になってから取り戻す話ってロマンがあるよね。難しいのは百も承知で、それでも選び取ることに意味があるのだ。

 

心の問題とは別に考えるべきは現実のこと。
カフェ経営の難しさに直面しつつも、懸命にメニューや店のコンセプトに頭を悩ます姿は楽しそうで、思わずこちらもワクワクしました。
コンセプトがはっきり伝わるカフェって良いな。ふらっと寄ったカフェに店主のこだわりを感じると良い場所みつけた~!と誰かに自慢したくなるものです。
そして最後に決まったコンセプトも良かった。漱石テーマのカフェは他にもあるかもしれないけれど、こちらは猫先生ご本人監修だから無敵ですね!(?)

 

また、精神を病んだ社会人ふたりの出会いと再生の物語としても面白かったです。
迷いながらもどんどん元気になる亜紀ちゃんと、後ろめたさで胃をキリキリさせている寒月さんが対照的。このまま罪悪感で死ぬんじゃないか?と心配になるほど。
本当に仕事内容が向いてないんだなって。パワハラも受けてるし。哀れすぎる。

そんな寒月に不憫萌えしつつ(性癖に素直なもので・・・)、近づいたり離れたりしながら互いを意識していく亜紀と寒月の恋模様から目が離せませんでした。
隠しごとを抱えなながらも優しい寒月と、裏切りに傷つきながら優しさを信じた亜紀の関係が本当によかった。

でもね、さつきモードの素直さはずるいですよ!あざとい!とても良い!!

敬語イケメンが猫かぶりやめたら素朴になるのって良いな!
表紙のあの顔は隠れドS様だと予想していたのにな~~!(読む前)あんな素直なデレをみせるとかキュンキュンが止まらないんですが??

 

そして何より猫先生ーーー!
亜紀からは素直に愛され、寒月からは捻くれに愛される猫先生の圧倒的勝者感。
まぁ可愛いですからね!
猫なのに何でも食べれる猫先生は本当に猫なのか?という疑問はあるけど(どうみても妖怪の類だよな)、美味しすぎるポジションで大活躍する本作の立役者でした。
隠れ熱烈漱石ファンの寒月くんとの組み合わせも可愛い。自分の小説を隣で諳んじられる気分はどうなもんだろ?

 

そういや地上げの問題は亜紀ちゃんが店を継げば解決なんでしょうか。
もし次巻があればパワハラクソ上司が何か嫌がらせしてきそうですよね。怖いなぁ(わくわく)

 

スポンサーリンク
 
1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。