川上稔短編集 パワーワードのラブコメが、ハッピーエンドで五本入り(1) /川上稔



川上稔 短編集 パワーワードのラブコメが、ハッピーエンドで五本入り(1) (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★★
2020年9月刊。
実は初めての川上稔作品です。
いつか読んでみたいと思いつつ鈍器に怯んでました。でも新作は短編集ということで挑戦してみたんですが・・・・・・

もうさぁ、大変だよこれは!!

最高すぎた。
短編の1本1本が最高にキマるので、毎話読むたびに長いクールタイムで息を整える必要がありました。
煽り文の「珠玉」という言葉にこれほど同意することって中々ないと思うんだ。

てかこれ電子書籍限定の本なの、勿体なさすぎない??
これを電子書籍派だけで独占するのは惜しいというか、こういうの大好きなラブコメ民の一部に届かない可能性があるってだけでも気が気じゃなくなるんだけど!
電子書籍オンリーの実験的な取り組みらしいので、紙派も電子書籍導入して読んで頼む・・・!

まじで全ハピエンラブコメ好きは読もう???動揺するくらい最高だったよ????

☆あらすじ☆
WEB限定!! 『境界線上のホライゾン』の川上稔が贈る珠玉のラブコメ短編集!
・『恋知る人々』
「ホント、バッドステータス」私は人の心が読めると、そう自惚れた事はないだろうか。人の心が読める。そんな私に訪れた一つの変化――好き? 色恋? 私が? 無口系少女の不器用な初恋の物語。
・『素敵の距離÷2』
「マー頑張って下さいよ少年」恋愛成就の「告白の木」が三本もある町。その一本をお気に入りスポットにしている私と、ある日、対岸の丘にあるもう一本の木の下に現れた黒のジャージ少年。300メートルの、安全な、卑怯な思い。
・『地獄の片隅で笑う』
「笑ってよ。そうして欲しいんだ」地獄広場って、知ってる? 開かずの踏切とその周辺の喫茶店に集まる作家と編集者たちの奇妙な恋愛物語。
・『嘘で叶える約束』
「こんにちは、虫です」よう、幽霊です。まあこの学校の学生みたいなことやってんだけどね、俺。そんなある日。俺のことが“見える”後輩が現れて……?
・『未来の正直』
「巨乳、解りやすいよな」漫画家を目指していた少女の初めての挫折と、解決する感情。美術部の彼に「通じないと」そう言われたときから全てが始まる。
川上稔が贈る、最高にハッピーでグラッとくる珠玉のラブコメ短編集、第一弾!

以下、ネタバレありの感想です。

 

 

01 恋知る人々

この最初のエピソードが最高&最高だったんですよね。
入り口から沼が近すぎて笑っちゃった。速攻でハマった。

 

エスパーで耳年増な少女の初恋を描いたお話。

人の心がわかるから、色恋についても分かった気になって人の相談とか乗って、「みんなとは違う場所から物事を見れる自分」みたいなことを考えていて。
そういう子がさぁ、みんなと同じ場所に引きずり込まれるんですよ。恋のせいで。恋のせいで!

 

えっ!?これが恋なの!?まじで!?!?っていう動揺から始まる初恋の可愛さよ。
一人で振り回されて、悩んで、ときめいて。
そういう自分を「ステータス異常」って評するところにキュンキュンする。
降ってわいた恋を、ナマモノな「恋」として受け入れるのをためらってる感じ。その往生際悪さが愛しすぎる。

 

エスパー設定の使い方も決まってて、動揺と焦燥を抱えた恋の疾走感は本当に秀逸&絶品でした。

 

ていうか終盤の恋の疾走感はコレに限らず全ての短編に共通してましたね。
こういうのホント好き。良すぎ。

 

02 素敵の距離÷2

1本目が最高すぎて発狂したので、しばらく時間を置いてから読んだ2本目。またも発狂しました。頭がおかしくなりそうなくらい良い!!!

 

失恋の痛手をひきずる女子が、300メートル先にいるジャージ少年を見つめる話。

冒頭の告白の木3本セットの説明が面白すぎてケラケラ笑っちゃった。
呪い系アーティファクトって言い方好きです。

 

この短編も1本めと同じく、なんか気になる → これってもしや・・・ → いやぁナイナイ → 恋だわぁ・・・ という少女の心の変遷がめちゃめちゃ可愛くて。

 

“三百メートルの、安全な、卑怯な思い” とか、
“これまで見ていただけだった貴方に、私の意気地よ届いて欲しい” とか、

うわぁ〜〜〜〜好き!!!!と叫びたくなるフレーズが多い短編でもありました。好き。

 

てか、届いてほしいのが「意気地」っていうのが良いよね。
「私の恋」でも「私の想い」でもなく「私の意気地
一方的に張り合っていた女子の恋をあらわすのにピッタリすぎる。

この短編集、こういう言葉選びのひとつひとつがすごく好きだったなぁ。

 

03 地獄の片隅で笑う

この短編は一読だと「ん?どゆこと?」となり二度三度読み返したんだけど、正直ちゃんと理解できたのか怪しいエピソード。私の読解力よ、もっと頑張れ・・・・・・

 

でもこの短編もすごく好きです。

泣くな。
笑ってくれ。
私は、笑う人が好きだ。

このフレーズがすごく好きなの。

 

上手くいった作家と、上手くいかなかった作家がいて。
上手くいかなかった作家を必死に支えた編集者がいて。
彼は彼女の本に支えられていて。
彼女はそんな彼に恋をして。

 

この3本目を読むまでにたくさん笑わせてもらった私だけに、「泣くな。笑ってくれ」の願いが響いたんですよ。
笑ったよ。元気になったよ。これからも頑張るよ。と伝えたくなる1本でした。

 

04 嘘で叶える約束

唯一の男性主人公もの。そして全裸の幽霊!

まぁタイトルがハピエン保証だし、生きてるフラグは序盤からばっちり立っていたので、読まずとも想像がつくでしょうが、ネタとしては割とよく見るオチ。

 

なんだけど、その割とよくあるオチに辿り着くまでのドラマが良すぎて〜〜〜〜!

 

幽霊くんと、彼が見える少女の会話が本当に良いのです。
テンポが良い掛け合いのなかで、幽霊くんの性格がちらちら見えてきて、それが後々にパンチとなって効いてくるわけですよ。
その経緯で幽霊になったの、彼の性格を知れば納得しかなくなる。演出が上手すぎか?

 

そういやここまでの短編では会話ってあまりないんですよね。
女性主人公の心の暴走具合が楽しすぎて気づかなかったけど。

 

ところで最初に「割とよくあるオチ」と書いたんですけど、この短編の真のオチは「ぎゃー!やられた!!!」ってなるくらい最高でした。
最後の一文!!!
恋する女の子がサラリと繰り出す不意打ちサイコー!!

 

05 未来の正直

「漫画を描いてる女子高生の恋」というテーマの短編として、あまりにもキマりすぎた短編。

 

描いた漫画を読んでもらって、感想を言ってもらう。ただそれだけの関係。

それがどうして「好き」になったんだろう?という疑問の答えが、もうさぁ、もうさぁ、良すぎかよ・・・!

好きになったきっかけにエモさが全振りしてあるんですよね。
そうか、そりゃあ好きだわねという説得力が半端ない。

 

変わって、変わって、変えて貰って、変えて行って、でも、好きであることを変えなくて良い。
信仰のようだ。

ここも好き。大好き。

 

恋を知り、恋に苦しんで、恋を描きたいと思った主人公の最後のセリフがまた良いのですよ。
漫画は作り手が隣にいるのを前提にして描いちゃだめだけど、そこはね。隣にいたいよね。

 

 

あーーーーーーもーーーーーー最高でした!!
2巻もあるぜヤッタァァァァ買いました!!!

ところで短編1本目を読んですぐ『終わりのクロニクル』を全巻ポチりました。
マシュマロで終わクロをおすすめしてくれた方、ありがとう。あなたのおかげで(連想ゲーム的に)この短編集を読もうと思ったし、終わクロも読みますね!
境ホラも読まねば!!

 

スポンサーリンク
 
3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。