マルタ・サギーは探偵ですか? 3〜7(完)/野梨原花南


マルタ・サギーは探偵ですか?7 マイラブ (富士見ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから

評価:★★★★★
3巻2006年8月刊。4巻2006年12月刊。5巻2007年7月刊。6巻2008年2月刊。7巻2008年8月刊。

富士見ミステリー文庫版『マルタ・サギーは探偵ですか?』、全て読了しました。
最高でした。最ッッッッッ高だった・・・!

鷺井丸太という日本の少年が異世界でマルタ・サギーとなり、『名探偵』となって助手と共に怪盗に立ち向かい、そして一つの街を救うまでの物語。

全ての謎や問題が綺麗に解決される話ではありません。
それでも、運命とカードに振り回された「マルタ・サギーの物語」として、文句のつけようもなく素晴らしい内容でした。

特に4巻以降は、マルタの内面に深く静かに潜り込むような心情描写が秀逸でした。
マルタが積み重ねてきたもの、選んできたもの。そこから生まれる心の機微に軽やかに触れていく。その触れ方の優しさよ・・・・・・

あれだけの感情をストレスなく読者に受け止めさせるのって凄くないか。
ありったけの言葉を尽くさずとも、シンプルな言葉の裏にたくさんの想いが詰まっているのが伝わるんです。
だから読み口は軽いのに読み応えがある。こういう文章とても好きです。

いやぁ、本当に面白かった。この満足感と喪失感。紛うことなき名作の読後感です。
何度でも言いましょう。最高でした!

☆あらすじ☆
いつでも、愛を返して欲しかった。だから、誰かを嫌いになったりしないようにしてた。でも、もう僕はこどもじゃないから知ってる。自分にとって大事な人は、選べる。自分を軽んじない、無視しない、蔑ろにしない、尊敬できる人―好きなひと。そのひとと一緒に、僕は僕を幸せにしていいんだ。そのために、マルタ・サギーは走っていた。暗い山道を、ぼろぼろになりながら。大好きな家族のリッツを助けるために。親しくなった隣人がいるオスタスを、死の都市にしないために。そして…最愛のバーチを守るために。暗躍していたデアスミスが、ついに動き出す。リッツをさらい、『賢者の石』を手にするために、オスタスでの大量虐殺を計画するのだが!?名探偵マルタ・サギー、最大の事件簿は彼の“愛”をかけた物語―。

4巻以降の展開は絶対にネタバレを踏まずに読んだほうがいいです。
そして以下の感想はネタバレを大量に含みます。ご注意ください。

 

続きを読む マルタ・サギーは探偵ですか? 3〜7(完)/野梨原花南