魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?11 /手島史詞



魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?11 (HJ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから

評価:★★★★☆
2020年8月刊。
もぉ〜〜〜〜〜、魔奴愛だいすきっ!
あまりにもこの作品らしい展開の連続でめちゃめちゃ楽しかった第11巻。
ラブコメで糖分補給しつつもバトルは胸アツ。
愛妻家で臣下思いの「王」たるザガンの魅力も完璧。
世界観解明はのんびり進行で未だ多くが謎のままですが、じっくりと伏線が張られていくのでドキドキします。
続きも期待!

☆あらすじ☆
温泉の恩返しにリリスは、ザガンとネフィのデートを自らの能力で夢の中で行えばいいと提案をする。しかし想像力の低さゆえ結局いつも通りになり、ザガンは懊悩してしまう。そんな時訪ねてきたのは<魔王>ナベリウス。彼の依頼は消息不明の<魔王>を夢の中に捜しに行くことで――。大人気ファンタジーラブコメディ第11巻!

以下、ネタバレありの感想です。

 

学パロ!!!!!

 

本編でやっちゃうのか現代学園パロディを!夢ならいいのか良いですね!!

ザガン先輩って呼ばれてデレデレするザガンに「ネフィではあるけどネフィではないのがなぁ(ザガンの夢だし)」とか思ってたら夢のネフィもネフィ本人で完璧でした(?)

 

リリスpresents夢オチ学パロ展開、あまりにも楽しくて笑ったんだけど寄り道ではなくバッチリ本編進行とも接続しているところが素晴らしい。
イチャイチャしつつも話は進めるのが魔奴愛の良いところですね。
ここで出てくる「夢」が世界の境界線という設定も中二心を刺激して最高に楽しいです。

 

ただ、私はちょっぴり不満もある・・・!

 

カラー口絵には制服姿のバルバロス×シャスティルもいたのに、何故、何故、本編にはいないのか・・・!(歯を食いしばり苦悶の表情で)

 

なぜ・・・・・・なぜですか・・・・・・

 

いや、これはむしろ本編にいないからこそカラーイラストだけでも・・・というCOMTAさんのファンサービスだったのでは??手島先生の発案かもですが。最高?最高でしょうか?SS待ってますね??(とか思いながら読んだ電子版SSが濃厚強烈なバルバロス×シャスティルで尊死した)(バルバロスその手をどうするの)

 

夢の中の学パロも楽しかったんだけど、今回は「王」たるザガンの格好良さがとても印象的でした。

ネフィへの愛は揺らがないまま、愛する女に恥じない自分であるために死地にのぞむ男っていうの、とても好きなシチュですありがとうございます。
ザガンにとって臣下を守り抜くのは、ネフィを愛することと等しい意味で大事なんですよね。
根幹がブレないまま大事なものが増えていくの良いぞ〜〜〜〜

 

守られる側のリリスの活躍ぶりも良かった。
夢魔の姫とはいえ、これまであまり存在感を発揮しきれていないように感じたのだけど、ここにきて開示された設定によって彼女の重要性も増したような。

ついでにカップル祭り的な意味でも存在感が・・・・・・

もーーーー、魔奴愛はすぐカップル作ろうとする!そういうところが好き!(カプ厨脳)

でもあとがき的にはリリスとセルフィが友情以上恋愛未満の百合って感じなの?最後の告白で三角関係勃発なの??
フルカスの存在がどういう風に絡んでいくのか気になるところです。

 

あとがきといえば、ネフィの首輪の話に「へー!」とびっくり。
確かに本編で説明する機会はもうなかったのかもですが、マルコシアスの好感度に関わることだった気がするのでちょっと不憫な気も。
私は未だにマルコシアスについて上手く整理できてないんだよなぁ。そろそろ1巻から読み直したほうがいいかもしれません。

 

安定して面白い11巻でした。
カップルどんどん増えていくの楽しすぎる。マタタビというベタなネタを乗り越えた黒花とシャックスの進展にも注目ですね!笑

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。