クラスメイトが使い魔になりまして4 /鶴城東



クラスメイトが使い魔になりまして 4 (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから

評価:★★★★☆
2020年8月刊。
完結巻と聞いてびっくりしたのだけど、綺麗に終わっていたので良かった。最後までとても面白かったです。
ケンカップルでバカップルな二人が、様々なメンヘラたちの妨害に立ち向かっていく学園ファンタジー。
意外な人物の好感度が急上昇する最終巻でした。

☆あらすじ☆
最悪改変の世界。俺は千影を振り向かせる!
落ちこぼれの芦屋想太には藤原千影という分不相応な使い魔がいた。
紆余曲折あった末に、晴れて恋人同士となったはずだった。
しかし、ソフィアとの対決で瀕死となった千影を救うために、想太は「神様」を頼ってしまう。
そして、その対価は……千影から想太を取り上げることだった。
最低最悪に性悪な「神様」はまたも世界を改変し、千影との日々の記憶をなきものとした。
改変されたこの世界での想太の恋人は、よりによって「あいつ」……!!
千影、旭、美砂、そしてソフィア。4人の想太への想いが激しく交錯する最終巻。
想太と千影の運命が決する、「険悪なのに相思相愛」主従ラブコメ、ここに完結!!

以下、ネタバレありの感想です。

 

このクソ女神が・・・・・・・・・!!!!!

 

と殺意わく急展開から続いた最終巻。
しかし異世界のメンヘラ魔人がメンヘラ女神の思惑を乗り越え、想太はすべての記憶を取り戻すのだったーー

 

ということでソフィア大活躍の最終巻でした。

 

いやこれ、もはやメインヒロインの風格なのでは?というくらい、想太とバディを組んだソフィアの魅力がカンストしてたんですが??
なんなら、「選ばれないヒロイン」としてのソフィアの身の振り方すら私の好みド真ん中を突き刺していった。
それまでガツガツ頑張っていた当て馬が、これからもガツガツぶつかっていく結末大好き。
永久に想太に絡み続ける宣言とか最高じゃないですか。
これぞ理想の負けヒロインだよ。メンヘラもしくはヤンデレはそうこなくっちゃ!

 

まぁソフィアへの好感度が高まったからといって、千影が選ばれないのも嫌なので、この結末は大満足です。
本当に良かった〜〜〜
最終巻の想太は「a世界想太」と「b世界想太」のハイブリッドみたいで、なかなか新鮮な気持ちで読んでました。
すごい勢いで千影千影言ってるし、そのくせ面と向かって話をすると煽り始めるところとか。
あとね、「b世界」の自分がどれだけ千影にひどいことをしてたのか気づくくだりも好き。本当にな!めちゃめちゃ暴言吐いてたよね!?
千影ちゃんの不屈の執着(と書いて愛と読む)に感謝しろよな!

 

その千影ちゃんは千影ちゃんで、自分が追いかける時は問答無用で絡んでいたのに、追いかけられる側になったら必死に逃げていくところが最高に面倒くさい女でした。
君らは磁石か?でもケンカップルってそういうところあるよね。好き。

 

両思いになるために多大な根性を要求されるカップルでしたが、無事に綺麗におさまってハッピーエンド。
とても面白かったです。タイトル回収してくるところも上手かった!
クソ女神を打ち負かしてもう少しスッキリするかな?と思っていたんだけど、意外としんみりしちゃった感じなのも良し。
なんだかんだ可愛かった気がする・・・・・・たぶん錯覚なんだけど・・・・・・でも最後のホワイトルームでぐちぐちと恨み節を語ったあげくの「大っ嫌い!」は正直キュンときちゃったよ。想太、お前そういうところだぞ。

 

良いシリーズでした。
鶴城東先生の次回作を楽しみに待っています!

 

スポンサーリンク
 
1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。