ぼくたちのリメイク4 「いってらっしゃい」 /木緒なち



ぼくたちのリメイク 4 「いってらっしゃい」(MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから

評価:★★★★☆
2018年4月刊。
3巻ラストからどう続くんだろうと思って読んだら、世にも奇妙な物語が始まった感じ。
ぽいっと差し出されたインスタントな幸福。
それに包み込まれた欺瞞と罪悪感の苦しみ。
読んでいてゾワゾワしました。こういう展開いいね!

☆あらすじ☆
いま何かを頑張っているあなたの為にある青春作り直しストーリー、第4弾!
貫之は筆を折り、大学を去った。
僕、橋場恭也の誰かのための行動は誰かの進むべき道を捻じ曲げた。
そして僕は、今度は十一年の時を飛ぶ。
シノアキは絵を描くことを辞めていた。
ナナコの夢が叶うことはなかった。
再び元の年齢へと強制的に戻された僕には、存在しなかったはずの幸せな人生だけが残された。
これが、僕が作り直した人生だった。
再びゲームディレクターとして働く日々が始まった。
同僚の河瀬川や仲間たちと共に毎日のように起きるトラブルを解決する。
きっとこれで良いのだろうと呑み込んだ。
そして彼女は、微笑み言った。
「いってらっしゃい」

以下、ネタバレありの感想です。

 

無味乾燥な人生を10年前からやり直すことができて、才能ある仲間たちに出会い、一緒に青春を謳歌して。

 

だけど、そこに待っていたのは、卑怯なスーパーマンである自分を見て絶望する友と、ゆがんだ影響を受け本来と違う道を歩もうとするクリエイターたちだった。

 

いいねーーー!

 

主人公がいなくても成功していた人たちに関わって、何が起こったのか。
恭也の「リメイク」は何を生んだのか。

 

めちゃめちゃ心を叩きのめしてきますね。
ちょっとアドバンテージもらって良い気になっていた主人公の鼻っ柱を折るにしてもそんなに殴ることある!?!?ってなるくらいボッコボコじゃん。
でも私はこういう展開が大好物なのでワクワクしながら読みました。

 

「友達」だったのに、「恋人」をすっ飛ばして「妻」になったシノアキとのシーンも好きでした。
困惑と後悔で心がめちゃくちゃになったまま逃げるようにイチャイチャするの楽しすぎでは?
超絶メリーバッドエンドじゃないですか最高。

 

まぁリメイクしたらメリバしました!で話が終わるわけないんですけど、メリバ性癖持ちなんでシノアキとの結婚生活すごく楽しかったんですよね・・・・・・

 

それはさておき、とりあえず2018年の社会人の身分となった恭也は、クリエイターの未来を踏み潰した罪を背負いつつ、ソシャゲ開発に関わっていくことになります。
ソシャゲ開発の地獄進行の地獄感も楽しかったです。
リアリティは知らないけど、ソシャゲユーザー的に「あ〜〜〜・・・あんな感じのアレ」みたいなノリでニヤニヤとしてしまった。
中の人は地獄だし外の人は炎上で遊ぶやつだわ。

 

その苦境のなかで、「妻」となったシノアキよりもヒロイン然としていたのが河瀬川。
やはり私は彼女が一番魅力的に感じます。
河瀬川ルートに進んでほしいような、彼女とは永遠の戦友でいてほしいような。むむむ。この距離感が絶妙すぎる関係性なんだよなぁ。

 

打ちのめされ、追い詰められ、その果てに見つけた原点たる純粋な感情。
そして二度のタイムリープの意味。

 

ここからが本当の「リメイク」だそうです。どうなるのかなぁ。ワクワクします。
とりあえず貫之一時退場は確定なんかいマジでー!?となったんだけど、この流れで本当にリタイアするはずがないので再登場に期待しましょう。

 

ところで、このタイムリープの秘密についてもいずれ説明があるんでしょうか。
ケーコさんは何者で、何が目的なんだ???

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。