『バッカーノ!』(成田良悟 著)1〜3巻まで読みました



バッカーノ! The Rolling Bootlegs (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★★
『バッカーノ! The Rolling Bootlegs』2003年1月刊。
『バッカーノ! 1931鈍行編 The Grand Punk Railroad 』2003年8月刊。
『バッカーノ! 1931特急編 The Grand Punk Railroad』2003年9月刊。

面白かったー!!
成田良悟作品は『Fate/strange Fake』しか読んでいないので、正真正銘はじめましての『バッカーノ!』。
こんなトチ狂ったカップルてんこ盛りのラノベだと知っていればもっと早く読んだのに!笑
明確な主人公が存在しない群像劇なので、逆に言えばみんな主人公なんですね。3巻を読み終わったあとに「みんな好き!!」って叫んだくらい魅力的なキャラばかりでした。

禁酒法時代のアメリカを舞台にした、不死者とアウトローの馬鹿騒ぎ。
特に鈍行編と特急編が大好きです。めっちゃ楽しかった!

☆あらすじ☆
第9回電撃ゲーム小説大賞<金賞>受賞の異色作、その名は『バッカーノ!』
禁酒法時代、ニューヨーク。 裏組織“カモッラ”は重要な儀式を数日後に控えていた。 泥棒カップルはグランド・セントラル・ステーションに着いたばかりだった。 マフィアの三兄弟はちょっとした問題を抱えていた。 チンピラの少年は思い通りにならない現実にムカついていた。 職務に忠実な警部補はそんな彼らを疎ましく思っていた。 そして、錬金術師の野望は200年を経て、未だついえる事はなかった。 彼らはまだ互いに関わりの無い者同士であった。このマンハッタンに“不死の酒”が蘇るまでは――。

以下、ネタバレありの感想です。

 

『バッカーノ! The Rolling Bootlegs』

 

第1巻は正直『Fake』に比べると拙さを感じました。17年前のデビュー作だから当然かも。微妙に読みにくかったんですよね。

でもフィーロを筆頭にキャラは良いし、禁酒法下のアメリカを闊歩する「カモッラ」の危ない空気は楽しかったし、不死の酒をめぐる騒動も面白かった。

ていうか強盗カップルが良すぎた!

アイザックとミリアの素っ頓狂な掛け合い、秀逸すぎでは?こんなの好きになっちゃうじゃん・・・・・・
アイザックのアホな発言を素直にオウム返しするミリアが可愛いんだけど、たまにスッと真顔になるような正論を返すところが大好きでした。

しかし不死の酒どうするんやと思ったら皆で飲むとは・・・・・・
フィーロひとりが不死者になると思っていたのに皆仲良く不死身になっててテンションあがりました。これは寂しくないね!!

 

『バッカーノ! 1931鈍行編 The Grand Punk Railroad 』/『バッカーノ! 1931特急編 The Grand Punk Railroad』

 

うわっ、バッカーノ!めちゃ面白いな!?と前のめりになったのは2巻から。
フィーロたちの出番が少ない一方で、新キャラがわんさか登場。でも強盗カップルが続投だったのですんなり物語に入れました。
ミリアたちの掛け合い、ボケの切れ味が増してる〜〜!

大陸横断特急「フライング・プッシーフット」に乗り込んだ3組の列車強盗+強盗カップル。
そこに不死者と怪物も居合わせての馬鹿騒ぎ。

時系列と視点人物が入り乱れる構成は付いていくのが大変だったけれど、内容が面白すぎて絶対に振り落とされたくないと夢中になって読みました。
鈍行編は泣き虫なジャグジーが最高に格好良かったし、特急編は頭から最後まで全部が面白かった!

 

まずレイルトレーサーのキャラ付けが秀逸だと思うんですよ。
鈍行編では「話が通じない謎の化け物」のイメージだっただけに、特急編での「切符を拝見させてください」の威力がすごい。
めちゃめちゃ笑った。その後もレイチェルと絡むたびに笑ってた気がします。
悪人が揃って強盗だ殺人だと無法地帯なノリで騒いでるのに、無賃乗車だけが唯一絶対の悪みたいに描かれるの面白すぎるでしょ。さすが舞台が列車。無賃乗車ダメ絶対。

 

そして個人的に楽しかったポイントがカップル乱立!
アイザック&ミリアは1巻より更に魅力が増してたし、ジャグジーとニースには最高の幼馴染萌が詰まってた。
でも一番良かったのは殺人鬼ラッドと婚約者ルーアだったなぁ。自分でもかなり意外なことに。
だってこんなトチ狂ったカップルの愛に感動するとは思わなかった。
ラッド、自分が殺すまでは絶対にルーアを守り抜くの・・・?
なにそれ愛じゃん・・・・・・結婚じゃん・・・・・・(婚約してるって)

結婚といえばレイルトレーサーの三択にも笑いました。まさか三択にすれば脅迫にならないと思っていらっしゃる?
あそこの二人が今後どうなっていくのかも楽しみです。

 

いやぁ『バッカーノ!』めちゃめちゃ楽しいな!
『デュラララ!!』も積んでるから近いうちに読もうそうしよう。でもその前に『バッカーノ!』全巻読破しよう。

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。