2020年6月のおすすめライトノベル


2020年が半分消えてしまった・・・!
7月です。お元気ですか?「晴れたら読書を」のみかこです。

 

先月の思い出は何と言っても(超個人的観測範囲での)『筺底のエルピス』ブーム!!

 

『筺底のエルピス』はガガガ文庫から刊行中の傑作伝奇SFシリーズなのですが、この短期間で(私のTwitterタイムライン上で)読者が急増。
この数週間、新鮮な悲鳴と阿鼻叫喚をたくさん浴びることができて幸せでした。
あまりにも楽しかったからmin.tで記念にまとめてみたり。エルピス一気読み勢の興奮をみてみて!

 

うちのTLで観測した『筺底のエルピス』(オキシタケヒコ著)ブームの記録(min.t)

 

でも本当に私の観測範囲だけなの?実際どうなんだ??

 

どちらにせよエルピスは全人類に読んでほしい最高に面白いラノベ!もっともっと読者が増えますように。

 

前置きが長くなりました。6月に読んだ本の中から面白かったラノベを紹介していきます。続きをどうぞ。

 

 

created by Rinker
KADOKAWA
著者 瘤久保 慎司 イラスト 赤岸K 世界観イラスト mocha

ビスコで映画撮るぞ!の第6巻。
話が混迷と混乱を極めていくほどに盛り上がる「錆喰いビスコ」の魅力が濃厚圧縮された1冊でした。まさに劇場版といった感じ。
錆喰いビスコは少年2人の絆が見どころだけど、徐々に夫婦のラブコメも楽しくなってきたんですよね。
全力の自分を受け止めてくれる夫を心から愛する妻。最高じゃない・・・?あれでラブコメできるビスコとパウーが大好き。

 

created by Rinker
KADOKAWA
著者 古宮 九時 イラスト 森沢晴行

電撃文庫版から大幅にパワーアップした電撃新文芸のリブート版。
人気作『Unnamed Memory』と同じ世界、違う時代を描いた異世界召喚ファンタジーです。
「言葉」をめぐる問答を重ねながら、元の世界に戻る手段を求めて始まる二人旅。
主役コンビのローテンションな掛け合いがとても落ち着くし、心地よい作品です。
そして世界の謎には好奇心を刺激されるばかり。
続きも秋にでるようなので、とても楽しみです。

 

created by Rinker
SBクリエイティブ
著者 常磐くじら イラストレーター 夕薙

処刑された伯爵令嬢の幽霊に出会った地味な子爵令嬢。
10年前の処刑の真実を追うべく、魑魅魍魎ひしめく貴族社会の闇に足を踏み込んでいく2人の少女を描くクライム・サスペンス第2弾。
一気に謎が明かされて面白さが倍増しました。これはどこまで面白くなってしまうのか・・・!
主人公コンビの親友たちが格好いいんですよね。この作品は女性陣の活躍ぶりがとても気持ち良い。

 

漫画の世界に落ちた主人公が、やがて死ぬ運命にある魔王を幸せにしようと頑張る物語。
推しへの愛に狂ってる女サイコーです。重課金するほどの愛が直接本人に注げるようになったとき、人はいかにとち狂うかが描かれています。これは強いオタク。
薄幸体質の優しい魔王様をその愛で包み込んでほしいな・・・と願いつつ、続きが楽しみな新作です。
ちなみに本作は、pixiv裏サンデー女子部「異世界転生・転移マンガ原作コンテスト」大賞受賞作品。
漫画版が面白かったので小説版も読んだのだけど、導入の雰囲気がかなり違うのでびっくりしました。

 

女王候補の少女に仕えることになった、花街の化粧師の物語第2弾。
1巻から間があき、2巻は電子版のみの刊行となったので見落としていた方は早急に買いましょう。
書籍版は話の流れがシンプルに整えられていて、主従の絆とラブロマンスに関する変更点も良かったのでWEB版既読者も読みましょう。
そして『女王の化粧師』が更に面白くなるのは2巻の続きなんですよね。
ここから骨太ヒストリカルFTとなり、ラブロマンスは凄絶なものとなり、主従の絆は感涙ものとなるんですよ。
絶対に続いてほしい。皆さん買いましょう。WEB版も良いよ!

女王の化粧師(小説家になろう版)

 

傑作ロードファンタジー『金星特急』の6年ぶりの新刊ですよ!
といっても本編はきちんと完結していて、これは後日談なのですが。
そしてウィングス本誌で連載が開始している続編の前日譚でもあります。
『金星特急』の主人公とその娘が、かつての旅を振り返る1冊。
物語のバトンが受け継がれていくのを感じました。続編もとても楽しみです。

 

『茉莉花官吏伝』のスピンオフとして始まった、年の差皇帝夫妻の物語第2弾。
やはり本作の主人公・莉杏の魅力はカンストしています。
自分の全てを恋愛感情に全振りし、それを貫くことに覚悟を決めた少女。
恋を知った少女が、どんどん成長していく物語として抜群に面白い。
(血なまぐさい内乱状態の国を背負う者として)まだ子どもでいてくれ・・・と願う夫の気持ちにもキュンキュンするのだけど、それに対して莉杏が返した台詞が最高でした。

 

シスコンでブラコンの兄妹を描いた悪役令嬢転生ファンタジー第2弾。
公爵家の事業や社交の比重が大きくなり、1巻よりも更に面白くなってきました。内政ものになるのかな。楽しい。
ストーリーの面白さを世界観の作り込みが担保しているのも良いです。
あと公爵家の金と人と権力を豪快に使い倒すのもスッキリできました。
その根底にある兄妹愛は一ミリもブレることなく、果たしてこの兄妹はどこへ向かうのか。とても楽しみです。

 

全2巻を一気読み。
乙女ゲームの世界に転生し、気づけば「悪役」の婚約者となっていた主人公。
大切な婚約者の運命が悪い方に転ばないよう見張りつつ、仲良しこよし(時々血みどろバイオレンス)の学園生活を送る物語です。
これはヒーローの闇が深い案件が好きな人にはたまらないと思います。私は大好物でした。
彼は主人公のことを大切に想っているんだけど、どのように運命を矯正しようとも、根っこに「悪役」を感じるんですよね。
色々とヒロインを試してくるんだけど、ヤンデレとは少し違うんだ。「悪」なんだ。

 

お隣に住む美少女と少しずつ距離を縮める男子高校生の日常を描いた青春恋愛小説。
じれじれ両片思いの描写が秀逸です。すごく上手く焦らしつつも、とんでもなく甘い。
ゆっくりと、そして確実に距離が近くなっていく二人。
「好意」という感情が少しずつ色合いを変えていくような日々のなかで、二人の距離感の変化を楽しめる作品でした。
続きも期待できそう!

 

冒頭のmin.tでまとめた通り、『筺底のエルピス』を読んでもらう代わりにシュピーゲルシリーズを読み始めました。
そして読んでよかった!!

シュピーゲルシリーズは、「オイレン」「スプライト」「テスタメント」の三部作から構成された近未来クライム・サスペンス。
かつてウィーンだった国際都市を舞台に、機械化された少女たちとテロリストの戦いを描いた物語です。
奪われながらも足掻く少女の内面に切り込むダークな青春小説であり、
愛情とコンプレックスの交錯が絶妙なラブコメもあり、
そして何より仲間たちの絆に震える戦いの記録でもあって。
全部の要素が疑いようもなく高水準。噂にきくクランチ文体は何の問題もなく順応できました。

「テスタメント」はこれから読むところなのですが、オイレン・スプライトの段階で痺れるほど面白かったから期待しかない。
そして展開が地獄み深そうで怖いです。本気で怖い。

 

 

以上です。
それでは7月もどうぞよろしくお願いします!

 

スポンサーリンク
 
2

「2020年6月のおすすめライトノベル」への4件のフィードバック

    1. ヌベヂョンヌゾジョンベルミッティスモゲロンボョさん、コメントありがとうございます!

      コミカライズどれのことでしょうか??
      今回紹介したやつだとエルピスかな…?
      コミカライズしてほしいです_(´ཫ`* _)⌒)_

      1. こんばんわ。エルピスです!です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。