女王の化粧師2 /千花鶏



女王の化粧師 2 (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2020年6月刊。
面白かったー!
WEB版既読なので面白いのは分かってたんですけど、書籍版は話の流れがシンプルに整えられていたし、変更点も好みでした。

ちなみに、『女王の化粧師』2巻は電子版のみの刊行です。
ビーズログ文庫もついに続刊は電子版のみという手法を取り入れ始めた模様。続刊なしより百万倍ありがたいので応援したいです。

そして『女王の化粧師』が骨太ヒストリカルFT×凄絶ラブロマンスを発揮するのはこの後なんで!ここから更に面白くなるのよ!
だから頼む〜〜〜〜〜!!!!続きますように!!

☆あらすじ☆
「わたしには、あんたの化粧が必要なの」――時代に翻弄された女王候補と化粧師の物語、続編登場!!
化粧道具を壊した主君マリアージュに怒りをぶつけてしまったダイ。
使用人たちからは非難を浴び、辞めさせられると不安を抱くなか、当主代行のヒースに化粧道具の調達に連れ出される。
花街時代の友人との再会やヒースによる励まし、鮮烈な魔術師との出逢いを経て、ダイは改めてマリアージュと向き合うことに。
しかし彼女からは、完璧に拒絶される一方で!?

以下、ネタバレありの感想です。微妙にWEB版の話もしているので要注意。

 

マリアージュと喧嘩してしまったダイ。
化粧道具壊して、それを買い直すために在野の魔術師アルヴィナと出会い―― という第2巻。

 

マリアージュが必死に「自分がなりたい美しさ」を考えるところ、とても好きです。
彼女はわがままの癇癪もちだし、知らないこともたくさんある。
でも自分がそれを知らないと気づいた瞬間に、思考を止めずに答えを探そうとする。
分からないことを認めるのも知ろうとするのも苦痛を伴うものだから、すごくイライラしてしいるんだけど、分からないままにしておくのも腹立たしい!っていう負けん気の強さがとても良い。

 

「わたしは、胸を張っていたい」

 

コンプレックスだらけの少女が、女王になるために求めた姿。
その必死な想いに、ダイは自らの技で応えようと誓いを立てる。

このシーンこそ主従の始まりにして、何度でも立ち返るべき原点なのだろうな、と思いました。
「女王の化粧師」は女王と化粧師が一対であるところが良いんだよな・・・・・・
この二人はやがて互いに支え合う無二の主従として共に成長していくんですよ。その最初の一歩だと思うと感慨深い。

 

このダイとマリアージュのシーンもWEB版から色々変更があったのだけど、他にも変更点があって。
一番驚いたというか笑ったのはガートルードの夜会がアリシュエル主催のサプライズ男装女装パーティーになっていたところ。
そんなトンチキイベントだった!?と急いでWEB版を確認したら普通の夜会でした。どしたのアリシュエル!?笑
変更にあたりマリアージュにダイを売るヒースも見れたので私はとても満足です。でもヒースは女装せんのかーと一瞬思っちゃったよね(そんなことしたら収拾つかなくなるでしょ)

 

ヒースと言えば、ダイをディアナと呼ぶシーンがとても好きです。
手の大きさを確認する素振りでドエロく触るシーンも好きなんだけど、やはりディアナディアナと味わうように本名を連呼するシーンが最高。
名前呼んでるだけなのにそこはかとなく色っぽいんだよね。なぜだ。心への触り方がエロいからか。そしてときめくんだなぁ〜これが!

 

ところで、このシーンには挿絵がありましたね。ここだけだったかな?
電子版オンリーの作品は挿絵なしが多いので、ビーズログ文庫さん頑張ったな!と思いました(紙版もあればもっと起屋先生の美麗イラストが見れたはずだから残念な気持ちもあるけどね・・・)(電子版の売行き次第で書籍版がでる可能性もあるらしい)

 

さて、書籍版2巻はWEB版でいうと序幕の第6章まで。
マリアージュとダイの間に主従の絆が芽生え、ダイの性別が明らかになったことでヒースとのロマンスも色濃くなって。
ここから加速度的に面白くなっていくので、ぜひ書籍版でも続きを出してほしいです。

 

そういえば書籍版は主従の絆とラブロマンスに重点を置いた感じなのかな。
歴史FT要素はかなり取捨選択されていた気がします。
個人的には、読みやすさは書籍版、読み応えはWEB版という印象です。
どちらも良いと思う。ダイとマリアージュの誓いのシーンは書籍版の方が私は好きだし、設定と伏線を散りばめたWEB版は後になってからどんどん効いてくるし。うむ。これはどちらも読むべきやつですね。

 

というわけでリンク貼っておくので未読の方は読んでみてくださいな!
特に2巻ラストのド甘いヒースに悶絶した方、WEB版は後半になるにつれて破壊力が増していくからぜひ読んで・・・!わたしはしんだ!

本家サイト
http://atrium.flop.jp/brc/text/queen/queen_top.html

小説家になろう版
https://ncode.syosetu.com/n2230dk/

カクヨム版
https://kakuyomu.jp/works/1177354054880220459

 

スポンサーリンク
 
1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。