廃墟の片隅で春の詩を歌え3 女王の鳥籠 /仲村つばき


【電子オリジナル】廃墟の片隅で春の詩を歌え3 女王の鳥籠 (集英社コバルト文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2020年4月刊。
面白かった・・・!
ヒストリカル・ロマンとして、素晴らしい作品でした。
冬の廃墟から始まった王女の物語。最終巻はまさに動乱の一言でした。

☆あらすじ☆
革命で倒れたイルバス国・ベルトラム王朝は、女王ジルダの即位で甦った。しかし、イルバス国内はいまだ疲弊し、宮廷も混乱のなかにあった。そんな中で、王家の三姉妹のひとりであるミリアムが、謎の死を遂げた――。混乱する宮廷では、女王ジルダが「ある理由」からアデールを夫グレンと離婚させようと画策していた。主の手で妻を奪われようとしていることを知ったグレンは、アデールを愛するあまり、次第に常軌を逸した行動をとるようになる。果たしてイルバスの未来は――!? 激動のクライマックス!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 廃墟の片隅で春の詩を歌え3 女王の鳥籠 /仲村つばき