【WEB小説感想】花術師 /ia(糸森環)

糸森環先生のサイト「27:09の地図」(http://ash-map767.riric.jp/index.htm)にある小説を読み尽くすチャレンジ第3弾!

今回は『花術師』です。
サイト版はここ→ http://ash-map767.riric.jp/kazyutsushiTOP.htm

 

書籍版で既読だった『F-エフ-』や『she&sea』と違い、『花術師』は完全に初見です。
『花術師』の書籍版が糸森先生の商業デビュー作でしたっけ?
私が知ったときには既に絶版&電子版もなしの状態だったんですよね。どこかで復刊してくれないかしら。

 

花がなければ魔術を使えない異端の魔術師と、歩くところ屍の山を築く恐怖の死神閣下。
様々な意味で凸凹な二人の出会いから始まり、彼女たちが住む「背徳の町」が秘める闇に迫っていく物語です。

色んな方に「花術師はいいぞ!」とオススメされてきたのだけど、本当に良かった。面白かったです。

☆あらすじ☆
リスカは花を媒体とせねば魔術を使えない。このように、魔力に制限を与えられる不具の魔術師を「砂の使徒」と呼ぶ。だが、伝説に残るほどの例外的な「砂の使徒」も存在して……。
死神閣下の異名を持つ最凶の剣術師と花術師リスカの一見波瀾万丈な日常ファンタジー。(恋愛なのか変愛なのか……)

以下、ネタバレありの感想です。
2020年6月現在サイトに掲載中の「終幕の声」まで。

続きを読む 【WEB小説感想】花術師 /ia(糸森環)