エリスの聖杯2 /常磐くじら



エリスの聖杯2 (GAノベル)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから

評価:★★★★☆
2020年5月刊。
令嬢コンビが10年前の冤罪事件の真相を追うシリーズ第2弾。
今回も面白かった!一気に謎が明かされてドキドキしました・・・

☆あらすじ☆
大好評の貴族社会クライムサスペンス第二弾
リリィ・オーラミュンデが遺した謎の言葉。
そこかしこに見え隠れする巨大な陰謀の影。
悪女の亡霊×地味令嬢のコンビは果たして十年前の処刑の真相にたどりつけるのか――
大好評の貴族社会クライムサスペンス第二弾!

以下、ネタバレありの感想です。

 

このシリーズ、登場する女性陣がひたすら魅力的ですね!

 

まずはケイト。
コニーの親友ポジの女の子として、窮地に立った時の振る舞いが最高すぎる。
友情に殉じることができるほどの絆が良い。
「コンスタンス・グレイル!あなたの道を、進むのよ」は最期の言葉として格好良すぎませんか・・・・・・(最期じゃないだろ)

 

そして表紙のリリィ。
ああ〜〜〜スカーレットへの巨大感情〜〜〜〜〜!!!
憎たらしくて眩しかった幼馴染の最期を無様なものにはさせまいとするために用意した毒薬。
それを未来への希望のために自ら飲み干す潔さ。
生き様が鮮烈すぎて頭に焼き付いてしまいます。
主人公コンビの親友が二人揃って格好いいんだが!?がんばれ主人公コンビ!

 

もうひとり、今回のキーパーソンだったのがアビゲイル。
彼女自身が活躍したというより、渦中の人として浮かび上がってくるアビゲイル中心の人間関係が強烈すぎて笑いました。もはや「貴族令嬢アビーの冒険」を読みたいレベル。
アビーに惚れ込んでる一途な商人、アビーに付き従う番犬の少年、そんな二人を引き連れて大海原に乗り出す若き令嬢――― マジでどこにいけば読めますか??

 

女性陣がそれぞれ格好良く自分の役割を見せつける一方で、「エリスの聖杯」に隠された謎が次々と明らかに。
危険なおクスリを追う話かと思いきや、どんどん事態が大きくなっていき、そこに首を突っ込まざるを得ないコニーの胃が心配になりますね。
でも彼女は彼女でランドルフと順調に良い感じになってるから役得がないわけではないのか(そういう見方をするんじゃない)

 

ていうかスカーレットの処刑に隠された真相が重すぎるんだよなぁ・・・・・・
どんよりとした気持ちになっていたら直後の人物紹介の「けっきょくここ十年ほど笑えてない。」で更にダメージが。
この人物紹介はシリアスによる緊張を適度に緩めてくれるので大好きなんですが、しれっとナイフを仕込むんじゃない。心が死ぬでしょ。
まぁその上の「いやもうDNA半端ないって」には笑ったんだけども。

 

WEB版はまだ手を付けてないんだけど、ちらっと話数を見た感じだと次巻でクライマックスまでいくのかな?
楽しみに待ちたいと思います。
次はもうちょっと早く出てくれると嬉しいなぁ〜。
でも1巻の内容を忘れてても章間の人物紹介を読むだけでサクッと復習できるから、やっぱりこの人物紹介便利ですね。他の作品でも流行ればいいのに。

created by Rinker
SBクリエイティブ
著者 常磐くじら イラストレーター 夕薙

 

スポンサーリンク
 
1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。