魔神少女と孤独の騎士3 /三月ふゆ



魔神少女と孤独の騎士 3【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2020年5月刊。
ボロボロに泣いてしまいました。
これは、過酷な運命に立ち向かった家族の愛を描いた物語でした。
暗い迷路を彷徨うようなお話だったけれど、それだけに、ラストシーンは感慨もひとしお。
とても良かった・・・・・・が、最後の一文で大混乱!えっ、続くんですか!?

☆あらすじ☆
こんなラノベが読みたかった! 絶賛相次ぐ骨太ファンタジー。本格志向におすすめ。読後満足値急上昇中!
無力化され、ゲテナ統一帝国に捕らえられた七子はうつろな意識のまま暗黒の海に導かれたが、そこで、かつて起きた――これから起こる「記憶」を覗き込んでしまう。
衝撃を受ける七子だが、ファースト階層から送り込まれた子だぬきに励まされ、全ての真実を知るための一歩を踏み出す。一方、七子が死亡したことになっている現実世界でも滝彦や礼津から、自身の運命について衝撃的な話を聞かされる。
そこである《答え》を得た七子は、世界の崩壊を止め、未来を変える決意を胸に立ち向かうのだが――。

以下、ネタバレありの感想です。

 

七子の異世界召喚と、現実世界のループの真実に迫る第3巻。

 

設定がかなり入り組んでいるし、哲学とSFの両面から説明されるので、自分がちゃんと理解できてるのか自信ありません。ううう、お恥ずかしい・・・・・・

 

ファースト階層こそが本来の世界(正史)であり、これはもう何をしても変えることができない。
しかしそこから分派?派生?したことで、不確定に揺らいだ状態の七子たちの世界は救うことができる、、、という理解でいいのか???
FGOでたとえるなら「異聞帯を救済して固定するよ」みたいな話かな(FGOの理解もあやふやだし他作品を持ち出すのはあまり良くないんだが・・・)

 

世界の集合的意識だとか、断片の世界だとか、魔神たちの目的とか、色々と納得しつつ(分かったふりは得意!)、とにかくこれは、壊れかけの世界を救うために、結局のところ、七子の自意識を改革するしかないという話なのだと、ざっくり捉えました。
ざっくりすぎない?自分でもそう思う。
でもこれは、残酷ないじめによって心を殺された少女が、異世界で人の心に触れ、現実世界の人からエールを受けとめ、自分を鼓舞して立ち上がる姿を描いた青春ファンタジーだと思うんですよ。私はそういう風に読んだ。

 

で、そういう人間ドラマな部分が、本当に本当に素晴らしかったんです。
特にたぬきの正体!もう泣いちゃったよ。
可愛いんだけど、シリアス&ダークな世界観では異物感はんぱないなと思っていたら、まごうことなき「異物」だった。
そして、世界と七子を救済するために必要不可欠な異物だったわけですね。
ファースト階層は変えられないという前提のもとで読めば、「どこかで生きている七子」を救おうと必死になった両親の愛が泣けて泣けて・・・・・・

 

有くんの最期も切なかったなぁ。
家族への愛と憎しみ。それが競り合って、愛が残った。
家族だからこそ嫌いで、家族だからこそ救いたかった。
この物語が「共著」であるから、たぬきは七子の両親だけでなく、有の祈りも受け取ったんですね。
救うべきは七子だけじゃなかったんだ・・・・・・

 

そしてエリアス。
「死霊の王」が誰なのか、というのは盲点でした。
七子がいなければエリアスは力を受け入れなかっただろうし、エリアスがいなければ七子の心は折れたままだった。
そう考えれば、二人の出会いは必然にして必要なものだったのでしょう。
世界を救うためにあと一歩足りない距離はたぬきが埋めて、やっと届いた手が世界を救ったのです。

自分を好きになるのは難しい。でも、エリアスを好きだと思う自分は嫌いじゃない。それだけで、十分ではないか。

この一文がとても好きです。
他者に怯えて自分を嫌悪し尽くした子が、他者を受け入れて自分を認める。
そうして世界も自分自身も救えるのなら、それはとても素敵な成長だと思うのです。

 

いやぁ、良い話だった。
鬱屈した物語が晴れやかなラストを迎えた爽快感が最高ですね。
ニヤニヤ笑うクラスメイトに七子が言い返したシーンの、些細にして重大な変化にスッキリしました。
私の頭のせいで世界観の完全理解まではいけなかったけど(本当に申し訳ない!)、読み応えはばっちりでした・・・・・・と思ってたら、

 

〈『魔神少女と孤独の騎士4』へつづく〉

 

つづくの!?
思わず声に出して読み上げてしまったんだけど続くの!?!?

 

かなり綺麗に終わったと思ったのに。
エリアスとの一瞬の再会が見果てぬ未来への希望に思えて、寂しいけれど、これはこれで好きな幕引きだな〜、とか思ってたんだけど・・・!

 

でも続くなら是非とも読みたいです。私は完全無欠のハピエンが大好きなカプ厨ですからね。
気になってのぞいたらWEB版も3巻ラストで止まっている様子。誰も知らない続編が始まっちゃうのか?
続報に期待したいと思います。

created by Rinker
主婦の友社
著者 三月ふゆ イラストレータ ともぞ

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。