傷心公爵令嬢レイラの逃避行 上 /染井由乃



傷心公爵令嬢レイラの逃避行 上【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2020年5月刊。
性癖で殴る系のドロ沼ヤンデレ三角関係もの。
女性向けラノベ界隈を見渡しても、なかなかのディープ路線じゃないだろうか。
病みっぷりがやばいぞと薦められて読んだのだけど、正直こういうの好きだよ・・・・・・

そんな本作は、電撃文庫が宣伝する「電撃の新文芸」から出ている作品です。どうしたの電撃??

右を向いても左を向いてもヤンデレがスタンバイしてる薄幸公爵令嬢の物語。
展開も地獄みが深いです。そういうの好きな人はめっちゃ楽しいと思う!

☆あらすじ☆
溺愛×監禁。婚約破棄の末に逃げだした公爵令嬢が囚われた歪な愛とは――。
事故による2年もの昏睡から目覚めたその日、レイラは王太子との婚約が破棄された事を知った。彼はすでにレイラの妹のローゼと婚約し、彼女は御子まで身籠もっているという。全てを犠牲にし、厳しい令嬢教育に耐えてきた日々は何だったのか。たまらず公爵家を逃げ出したレイラを待っていたのは、伝説の魔術師からの求婚。そして婚約破棄したはずの王太子からの執愛で――?

以下、ネタバレありの感想です。

 

あらすじの昼ドラ(今だと深夜ドラマ?)もしくはTL小説っぽさがすごい。
私はNTRが嫌いなので実はちょっと様子見をしていたんですが、NTRはなかった。良かった。そこは大事だからね。うん。

 

さて、昏睡中に婚約者ルイスが妹ローゼとデキ婚すると聞いた公爵令嬢レイラは、絶望のあまり出奔。その先で、おとぎ話の存在だと思っていた魔術師リーンハルトに拾われます。

なぜか出会った直後で求婚するほどレイラに惚れ込んでいるリーンハルト。
そんなリーンハルトの様子に戸惑いながらも、人生ではじめて真っ直ぐな愛情を伝えられたレイラは、徐々に彼に惹かれていき――

 

という、前半までは、思ったよりも普通な雰囲気でした。
薄幸少女が新天地で幸せを手にする様子が描かれていく、ほのぼのハートフルな感じ。
ただし、ちょっとずつヤンデレの気配がじわ〜〜〜っと忍び寄ってくるんですが(それは普通か?)

 

話の進み自体が結構遅いタイプかな、と感じました。
レイラ視点でメインストーリーが進む中で、侍女や母親の話が入り、レイラがどういう環境で育った子なのかを描かれるので。
母の毒親っぷりとかやばかったなぁ。
彼女なりの愛情があったのは分かったけど、最後まで「レイラ」を見てないんですよ、この人。
改心したそぶりをみせても、結局は「自分が完璧に育てた公爵令嬢」しか見ていない。

 

まぁ「レイラ」を見てないのは母に限らないんだけど。
そしてそれこそが、彼女の地獄の始まりなのです。

 

なぜリーンハルトは、出会ったばかりのレイラに執着するのか?

それが明らかになる段階から、物語が一気に面白くなっていきました。
というか、リーンハルトに失望した瞬間のレイラの物言いで、あっ私この作品めっちゃ好き!と思った。

生まれ変わっても何度でも出会う『運命の人』。

そこにときめきを覚えず、「じゃあ“レイラ”じゃなくても良いんですね!」ってブチ切れるレイラちゃん好き。
私的にも、転生恋愛譚はそこを無視しないでほしいんですよ。本人に記憶がないなら尚更。

魂が同じでも、記憶も実感もなければ、それは同一人物といえるのか。
リーンハルトが恋をした相手は「誰」なのか。

目の前の「レイラ」を見ない母親の歪みを描いた後なので、「恋人の転生者」を求めている(ように見える)リーンハルトに対するレイラの不信感と苛立ちはとても説得力がある。
上手い構成だなぁ〜と楽しくなりました。

 

それじゃあ、「レイラ」を求めてくれるのは誰なんだろうか。

 

終盤でレイラは元婚約者ルイスに捕獲され監禁されてしまったけれど(急展開たのしー!)、この人もやばいんだよ。
確かに、他の人物よりは肩書なしのレイラ本人に目を向けてるのかもしれない。
でもクソ重な執愛で目が曇りすぎてレイラの気持ちは全く見えてない様子。
それって結局は「レイラ」を見ていないのと同じでは?
「僕を捨てて逃げた」とかいうアクロバティック非難は笑うしかなかったです。捨てたのはおまえ!!!ヤンデレならレイラに殉じろ!!!

 

まぁ、ルイスは可哀想っちゃ可哀想なんだけど。
レイラの声だけ聞きたかったから一緒にいる時ずっと黙ってたとかいう意味不明ヤンデレ仕草が可愛いし。可愛いか?可愛いよね?
そんなんでもレイラはルイスに惹かれてたわけだから、ローゼの策略さえなければ割れ鍋に綴じ蓋、じゃなかった、お似合いのカップルになっていたかもしれないんですよね・・・・・・

 

でもなぁ、レイラはもうリーンハルトを好きになっちゃったんだよな〜〜ようこそドロ沼!

 

不運すぎる王子さまは元から素質があったので見事にヤンデレ化。

リーンハルトはヤンデレみある過保護ヒーローだったけど、ルイスは「もういっそ殺したい・・・」系の破滅型ヤンデレかな。無理心中はかるタイプに見える。
レイラを閉じ込めて安心するどころか、ぼたぼたと殺意がこぼれちゃってますしね。抑えて抑えて。

 

レイラはどうするんだろう。
どっちを選んでもヤンデレが待ってるんだけど。
リーンハルトに恋してるけど、ルイスを選ばないと実家が取り潰されかねない状況なのが地獄(実家に戻るのも地獄だが)
でもリーンハルトの元に戻ったら戻ったで、きっと優しく大事に監禁されるんでしょ。

 

ふむ・・・・・・これ、ハッピーエンドになりますか?
まぁバッドエンドは嫌いだけどメリバは大好きなので、続きを楽しみに待ちたいと思います。

 

スポンサーリンク
 
3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。